乞食とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 乞食 > 乞食の意味・解説 

こ‐じき【乞食】

読み方:こじき

《「こつじき」の音変化

食物金銭を人から恵んでもらって生活すること。また、その人ものもらい。おこも。

こつじき1」に同じ。

「食ふべき物なし雪消えたらばこそ、出でて—をもせめ」〈古本説話集・下〉

「乞食」に似た言葉

こつ‐じき【乞食】

読み方:こつじき

[名](スル)

僧侶修行のため、人家門前立って、食を請い求めること。また、その僧。托鉢(たくはつ)。分衛(ぶんえ)。「—行脚(あんぎゃ)」

「こじき(乞食)1」に同じ。


ほい‐と【堂/乞食/乞児】

読み方:ほいと

《「ほいとう(陪堂)」の音変化

こじき。

いそうろう食客


乞食

読み方:コジキkojiki), コツジキ(kotsujiki), ホイト(hoito)

金品もらって回ること


乞食

読み方:コジキkojiki), ホイト(hoito)

食物恵与受けて暮すこと。

別名 乞丐(こつがい、かたい)、ものもらい


乞食

作者魯迅

収載図書魯迅文集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫


乞食

作者木下尚江

収載図書木下尚江全集 第6巻 乞食・墓場
出版社教文館
刊行年月1991.5

収載図書群馬文学全集 第15巻 群馬ゆかりの歌句小説
出版社群馬県立土屋文明記念文学館
刊行年月2001.3


乞食

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1994.6
シリーズ名ちくま文庫


乞食

作者藤沢宏幸

収載図書水のなかの学校
出版社近代文芸社
刊行年月1995.10


乞食

作者佐伯一麦

収載図書少年詩篇
出版社新潮社
刊行年月1997.8

収載図書あんちゃんおやすみ
出版社新潮社
刊行年月2007.12
シリーズ名新潮文庫


乞食

作者モーリス・ルヴェル

収載図書夜鳥
出版社東京創元社
刊行年月2003.2
シリーズ名創元推理文庫


乞食

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 12 シッダールタ湯治客、ニュルンベルクへの旅、物語集8 1948-1955
出版社臨川書店
刊行年月2007.12


乞食

作者小山内薫

収載図書
出版社国文学研究資料館
刊行年月2008.3
シリーズ名リプリント日本近代文学


乞食

読み方:こじき,こじぎ

  1. 薩摩芋ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・大阪府
  2. 薩摩芋。〔第六類 器具食物
  3. 昔は非人、乞食の区別判然としてゐて、乞食は所謂袖乞ひのこと指して云ふのであつた。彼の本堂建立鳥追千手観音等は事実物乞ひには違ひないのであつたが、それ等をも一種生業看做して乞食とは云はなかつた、然し現今ではやや広い意味に解して云つて居るやうで、即ち(1)他から金品物資恵与俟つもの、(2)有価物拾得目的とするもの、又は多少労務或は技芸提供して他から物資恵与受くるもの、等を凡て乞食の種類入れてゐる。
  4. 薩摩芋を云ふ。「どーじぼ、いざりばいぼく、ぼく」等皆同意
  5. 薩摩芋をいう。「どうしぼ」「いざりざいぼく」「ぼく」等皆同じ。

分類 大阪府浮浪者と乞食

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

乞食

読み方:コジキkojiki

作者 木下尚江

初出 明治41年

ジャンル 小説


乞食

読み方:コジキkojiki

作者 二葉亭四迷

初出 明治40年

ジャンル 翻訳小説


乞食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/03 07:44 UTC 版)

乞食(こつじき、こじき)は、


  1. ^ a b c 高田浩運『児童福祉法の解説』1957年、時事通信社、229頁。
  2. ^ a b 寺林智栄 (2014年12月20日). “「乞食」は違法行為…もし生活が出来なくなったらどうすれば良い?”. ターゲッティング. 2015年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 山折哲雄『乞食の精神誌』1987年、弘文堂、43頁。
  4. ^ 児童虐待六行為を内務省令で指定『中外商業新報』昭和8年5月12日(『昭和ニュース事典第4巻 昭和8年-昭和9年』本編p279 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  5. ^ 「ネットこじきは犯罪」 容疑で無職男が書類送検 募金や大道芸は?」『withnews』朝日新聞社、2015年2月26日。2015年4月11日閲覧。
  6. ^ a b 斉藤明美、斉藤佑介「「こじきの罪」って?募金と違う? 動画中継で書類送検」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2015年3月27日。2015年4月11日閲覧。
  7. ^ 森隆男(編)『住の民俗事典』 柊風舎 2019年 ISBN 978-4-86498-061-6 pp.406-408.
  8. ^ 節季候. コトバンクより。
  9. ^ a b c d 「こじき祭り」豊作願う 川辺町」『岐阜新聞 Web』岐阜新聞社、2013年4月4日。2015年4月11日閲覧。オリジナルの2013年4月7日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ 『江戸ばなし. 其2』三田村鳶魚、大東出版社、1943年
  11. ^ 「賤民概説」喜田貞吉 青空文庫
  12. ^ “高収入なドバイの遠征乞食が問題に! 月800万円稼ぐ乞食は昼物乞いし夜は五つ星ホテルに滞在”. https://gogotsu.com/archives/35956 
  13. ^ “パキスタン熱波”. AFP. (2015年6月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3053178 2017年1月13日閲覧。 


「乞食」の続きの解説一覧

「乞食」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乞食と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乞食」の関連用語

乞食のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乞食のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乞食 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS