疲労とは? わかりやすく解説

ひ‐ろう〔‐ラウ〕【疲労】

[名](スル)

筋肉神経などが、使いすぎのためにその機能低下し本来の働きをなしえなくなる状態。つかれ。「—が重なる」「心身ともに—する」

金属などの材料に、弾性限界より小さい外力であっても繰り返し作用すると、材料強度低下する現象ついには破壊することが多い。弾性疲労。つかれ。「金属—」

貧しくなること。貧乏。

「—し貧なる者は、眉も伸びず、目を見開かぬぞ」〈文明本人天眼目抄・一〉


疲労

読み方:ヒロウhirou

つかれること


疲労

【仮名】ひろう
原文fatigue

エネルギー不足による極度の倦怠感機能障害特徴とする状態。急性の疲労と慢性の疲労がある。

疲労


疲労

作者生田勉

収載図書疲労
出版社新風舎
刊行年月2001.6


疲労

作者国木田独歩

収載図書牛肉と馬鈴薯 酒中日記 36改版
出版社新潮社
刊行年月2005.12
シリーズ名新潮文庫


疲労

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:18 UTC 版)

疲労(ひろう、: Fatigue)は、無力英語版とは異なる主観的感覚であり、徐々に始まる。無力とは異なり、疲労は休息(睡眠)によって軽減することができる。


  1. ^ Gandevia SC (1992). “Some central and peripheral factors affecting human motoneuronal output in neuromuscular fatigue”. Sports Medicine 13 (2): 93–8. doi:10.2165/00007256-199213020-00004. PMID 1561512. 
  2. ^ Hagberg M (1981). “Muscular endurance and surface electromyogram in isometric and dynamic exercise”. Journal of Applied Physiology 51 (1): 1–7. PMID 7263402. 
  3. ^ “Fatigue revisited”. Journal of sports sciences 15 (3): 245–6. (1997). doi:10.1080/026404197367245. PMID 9232549. 
  4. ^ “Mental fatigue impairs physical performance in humans”. Journal of Applied Physiology 106 (3): 857–864. (January 2009). doi:10.1152/japplphysiol.91324.2008. PMID 19131473. 
  5. ^ Berrios GE (1990). “Feelings of fatigue and psychopathology: a conceptual history”. Compr Psychiatry 31 (2): 140–51. doi:10.1016/0010-440X(90)90018-N. PMID 2178863. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/0010-440X(90)90018-N. 
  6. ^ Hill, A. V.; Kupalov, P. Proc. R. Soc. London Ser. B, 1929, 105, 313.
  7. ^ a b Perspective: Allen, D.; Westerblad, H. Science, 2004, 305, 1112-1113. DOI: 10.1126/science.1103078
  8. ^ Nielsen, O. B.; de Paoli, F.; Overgaard, K. J. Physiol. 2001, 536, 161-166. doi:10.1111/j.1469-7793.2001.t01-1-00161.x
  9. ^ Pedersen, T. H.; Nielsen, O. B.; Lamb, G. D.; Stephenson, D. G. Science 2004, 305, 1144-1147. doi:10.1126/science.1101141
  10. ^ 新たな乳酸の見方、八田 秀雄、学術の動向、Vol. 11 (2006) No. 10
  11. ^ 【医師監修】疲労回復の方法や対策を解説!”. ハルメク美と健康 (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。


「疲労」の続きの解説一覧

疲労

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:28 UTC 版)

獣化し、ココロカウントが0になって獣化が解除されるこの状態になる。カウンター取ってフルシンクロできない各種クロス装備することはできるが、装備後も疲労状態は維持される疲労しつつクロス装備した表情となる)。この状態獣化ボタンを押す超獣化する。

※この「疲労」の解説は、「ロックマンエグゼ6」の解説の一部です。» 「ロックマンエグゼ6」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

疲労

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 09:19 UTC 版)

名詞

ひろう

  1. 肉体精神疲れること。
  2. (材料科学) 一回かかるだけでは破壊ないようでも、何回も繰り返しかかることで、物体破断あるいは損傷すること。
  3. 組織制度などで、長い期間経過し、本来機能がうまく働かないうになること。

発音(?)

ひ↗ろー

類義語

複合語

翻訳

語義1

語義2

動詞

疲労 するひろう する)

  1. 肉体精神疲れる
  2. (材料科学) 一回かかるだけでは破壊ないようでも、何回も繰り返しかかることで、物体破断あるいは損傷する。
  3. 組織制度などで、長い期間経過し、本来機能がうまく働かないうになる

活用

翻訳

語義1


「疲労」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



疲労と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

疲労のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疲労のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疲労 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロックマンエグゼ6 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの疲労 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS