心理療法とは? わかりやすく解説

しんり‐りょうほう〔‐レウハフ〕【心理療法】


心理療法


心理療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 00:43 UTC 版)

心理療法(しんりりょうほう、: psychotherapyサイコセラピー)、精神療法(せいしんりょうほう, Psychological Treatment)、心理セラピーとは、物理的また化学的手段に拠らず[1]、教示、対話、訓練を通して認知情緒行動などに変容をもたらすことで、精神障害心身症の治療、心理的な問題、不適応な行動などの解決に寄与し、人々の精神的健康の回復、保持、増進を図ろうとする理論と技法の体系のことである[2]


  1. ^ Cambridge Dictonary
  2. ^ Psychotherapy”. 国民保健サービス. 2015年7月1日閲覧。
  3. ^ 日本臨床心理士資格認定協会 (2009年). “臨床心理士の専門業務”. 2010年2月2日閲覧。
  4. ^ 日本臨床心理士会 (2010年). “臨床心理士とは - 援助の方法”. 2010年10月16日閲覧。
  5. ^ a b 吉永進一「報告2.太霊道とその後(宗教と心理療法の相互内在性-宗教哲学的・思想史的観点から-,テーマセッション3,2005年度学術大会・テーマセッション記録)」宗教と社会 (12), 235-238, 2006-06-03「宗教と社会」学会
  6. ^ a b c 厚生労働省保険局医療課 (2012年8月9日), “平成24年度診療報酬改定関連通知の一部訂正について” (pdf) (プレスリリース), 厚生労働省, https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/zimu3-8.pdf 2015年3月1日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j mhGAP Intervention Guide - Version 2.0, WHO, (2019), ISBN 9789241549790, https://www.who.int/publications/i/item/mhgap-intervention-guide---version-2.0 
  8. ^ a b OECD 2014, p. 77.
  9. ^ Gesetz über die Berufe des Psychologischen Psychotherapeuten und des Kinder- und Jugendlichenpsychotherapeuten” ["Psychotherapist" May Not Be Used By Persons Other Than Physicians, Psychological Psychotherapists or Child and Adolescent Psychotherapists] (ドイツ語). 2010年7月21日閲覧。
  10. ^ Regulation of the profession of the psychologist” (英語). 2015年3月19日閲覧。
  11. ^ Moreno, Manghi (2004年12月). “Cosa regolamenta effettivamente la legge Ossicini? (PDF)” (イタリア語). 2015年3月19日閲覧。
  12. ^ Arrêté du 9 juin 2010 relatif aux demandes d'inscription au registre national des psychothérapeutes” (フランス語). 2010年7月21日閲覧。
  13. ^ Application for licence to practise as a psychotherapist”. Socialstyrelsen (National Board of Health and Welfare (Sweden)). 2013年3月31日閲覧。
  14. ^ Campbell LF, Norcross JC, Vasquez MJ, Kaslow NJ (2013). “Recognition of psychotherapy effectiveness: the APA resolution”. Psychotherapy (Chic) 50 (1): 98–101. doi:10.1037/a0031817. PMID 23505985. http://www.researchgate.net/publication/236058462_Recognition_of_Psychotherapy_Effectiveness_The_APA_Resolution. 
  15. ^ Eva Woelbert (2015), Psychotherapy for mental illness in Europe: An exploration on the evidence base and the status quo, Joint Research Centre, Publications Office of the European Union, https://ec.europa.eu/jrc/en/publication/eur-scientific-and-technical-research-reports/psychotherapy-mental-illness-europe-exploration-evidence-base-and-status-quo 
  16. ^ Jennifer L. Strauss, Vito S. Guerra, Christine E. Marx, A. Meade Eggleston Ph.D, Patrick S. Calhoun Ph.D Chapter 9: Improving Patient Treatment Adherence: A Clinician's Guide In: Improving Patient Treatment Adherence: A Clinician's Guide. Edited by Hayden Bosworth. Springer Science & Business Media, 3 Jul 2010
  17. ^ Wierzbicki, Michael; Pekarik, Gene (1993). “A meta-analysis of psychotherapy dropout”. Professional Psychology: Research and Practice 24 (2): 190–5. doi:10.1037/0735-7028.24.2.190. 
  18. ^ Egan, Jonathan (2005). “Dropout and related factors in therapy”. The Irish Psychologist 32 (2): 27–30. hdl:10147/121474. https://hdl.handle.net/10147/121474. 
  19. ^ Linden M, Schermuly-Haupt ML (2014). “Definition, assessment and rate of psychotherapy side effects”. World Psychiatry 13 (3): 306–9. doi:10.1002/wps.20153. PMC 4219072. PMID 25273304. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4219072/. 
  20. ^ 大野裕 (2010年5月24日). “認知療法・認知行動療法の日本での現状と診療報酬への収載”. 週刊医学新聞2880号. http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02880_02 2015年6月10日閲覧。 
  21. ^ 全国保健・医療・福祉心理職能協会 (2005年). “国家資格化の必要性”. 2010年2月15日閲覧。
  22. ^ 精神医学の歴史 小俣和一郎 第三文明社 2005年 ISBN 9784476012521 p226
  23. ^ OECD 2014, Country press releases - Japan.


「心理療法」の続きの解説一覧

「心理療法」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



心理療法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

心理療法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心理療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2022 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心理療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS