行動療法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 行動療法の意味・解説 

こうどう‐りょうほう〔カウドウレウハフ〕【行動療法】

読み方:こうどうりょうほう

神経症心身症などの不適応行動は、誤った学習条件付けによるとして、学習理論基づいて適応行動変えてこうとする心理学的な療法


行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/23 16:06 UTC 版)

行動療法(こうどうりょうほう、behavior therapy)とは、心理療法のひとつで、学習理論行動理論)を基礎とする数多くの行動変容技法の総称。近年は広義の認知療法との交流・統合が進展し、認知行動療法と称されることも多い。行動療法においてターゲットとすべきは客観的に測定可能な「行動」であり、また目標とすべきは望ましくない行動の「強化」や「弱化」といった行動の制御である。特徴としては訓練のようであり、精神分析のような原因探求や来談者中心療法のような受容的な支持療法とは一線を画する。


  1. ^ a b c d 下山晴彦「子どもと若者のための認知行動療法入門」『日本教育心理学会総会発表論文集』第49巻、2007年8月、47-50頁、doi:10.5926/arepj1962.47.0_47NAID 110006429271 
  2. ^ H.J.アイゼンク編、異常行動研究会翻訳『行動療法と神経症-神経症の新らしい治療理論』誠信書店、1965年。 


「行動療法」の続きの解説一覧

行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 17:24 UTC 版)

過活動膀胱」の記事における「行動療法」の解説

OAB初期第一選択として以下のような行動療法が行われる。 生活指導水分摂取制限カフェイン忌避 膀胱訓練排尿間隔少しずつ延長させ膀胱容量増加させる訓練法 骨盤底筋訓練 排泄介助

※この「行動療法」の解説は、「過活動膀胱」の解説の一部です。
「行動療法」を含む「過活動膀胱」の記事については、「過活動膀胱」の概要を参照ください。


行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 07:21 UTC 版)

古典的条件づけ」の記事における「行動療法」の解説

詳細は「行動療法」を参照 古典的条件づけ関連するいくつかの療法は、嫌悪療法系統的脱感作フラッディングがある。嫌悪療法とは行動療法のひとつであり、ある習慣を強い不快な無条件刺激関連付けることにより、患者望ましくない習慣やめさせるように設計される例えば、アルコールの味と胃の不調関連付けるために、投薬用いることである。体系的脱感作恐怖症治療用いられ患者徐々に不安を引き起こす刺激例え怒り言葉)にさらされながらも、弛緩できるように訓練する。これはカウンター条件付けのひとつであり、恐怖感相容れない反応弛緩)と関連付けることを意図している。フラッディング脱感作のひとつであり、不安応答強化なくなり消去引き起こすまで、非常に悲惨な刺激繰り返し曝すことにより、恐怖や不安を取り除こうとする。フラッディングでは通常刺激対す実際暴露伴い、「インプロージョン」はでは想像への暴露を指すが、ときに2つの用語は同義語として使用されている。 条件付け療法では、たいてい人間性療法よりも時間要しない

※この「行動療法」の解説は、「古典的条件づけ」の解説の一部です。
「行動療法」を含む「古典的条件づけ」の記事については、「古典的条件づけ」の概要を参照ください。


行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 16:28 UTC 版)

禁煙外来」の記事における「行動療法」の解説

禁煙成功率高めるため、ストレス睡眠不足環境や行動等についての対処法問題解決方法確認アドバイスする行動療法が併用される。

※この「行動療法」の解説は、「禁煙外来」の解説の一部です。
「行動療法」を含む「禁煙外来」の記事については、「禁煙外来」の概要を参照ください。


行動療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 10:02 UTC 版)

心理療法の一覧」の記事における「行動療法」の解説

行動主義心理学条件付け理論などに端を発する系統的脱感作 曝露法 - 曝露反応妨害法認知行動療法一つである。 EMDR眼球運動による脱感作再処理用いPTSD治療

※この「行動療法」の解説は、「心理療法の一覧」の解説の一部です。
「行動療法」を含む「心理療法の一覧」の記事については、「心理療法の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「行動療法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「行動療法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行動療法」の関連用語

行動療法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行動療法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行動療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの過活動膀胱 (改訂履歴)、古典的条件づけ (改訂履歴)、禁煙外来 (改訂履歴)、心理療法の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS