刺激とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 刺激 > 刺激の意味・解説 

し‐げき【刺激/刺×戟】

読み方:しげき

[名](スル)

生体作用してなんらかの現象反応起こさせること。特に、知覚感覚作用して反応起こさせること。また、その原因となるもの。「学習意欲を―する」「都会は―が強い」

物事動き活発にさせるきっかけとして、外から作用すること。また、そのもの。「景気を―する」


刺激

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 09:00 UTC 版)

➀生物、またその感覚器官に作用してその状態を変化あるいは興奮させ、何らかの反応を起こさせること。また起こさせるもの。




「刺激」の続きの解説一覧

刺激

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 15:28 UTC 版)

視床下部-下垂体-性腺軸」の記事における「刺激」の解説

排卵誘発通常最初にクエン酸クロミフェンレトロゾールなどの抗エストロゲン薬英語版)を投与し下垂体への負のフィードバック減少させてFSH増加させ、卵胞形成増加させる目的で行われる。無排卵英語版)の主な初期治療法である。

※この「刺激」の解説は、「視床下部-下垂体-性腺軸」の解説の一部です。
「刺激」を含む「視床下部-下垂体-性腺軸」の記事については、「視床下部-下垂体-性腺軸」の概要を参照ください。


刺激

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 08:46 UTC 版)

活動電位」の記事における「刺激」の解説

興奮刺激による膜の局所的な脱分極は、神経細胞表面の膜にある電位依存性Na+チャネルを開く。その結果Na+濃度勾配および電気的勾配推進力となり、細胞内流入する

※この「刺激」の解説は、「活動電位」の解説の一部です。
「刺激」を含む「活動電位」の記事については、「活動電位」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「刺激」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

刺激

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 06:15 UTC 版)

この単語漢字

常用漢字
げき
第六学年
音読み 音読み

別表記

名詞

(しげき 「刺戟」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 触覚視覚などの感覚引き起こすこと。神経興奮させること。内臓器官働き活発にさせること。また、その原因となるもの
  2. 感情興味かき立てること。あるいは、平穏な状態をかき乱すこと。ある行動をするきっかけとなること。また、その原因。
  3. 行動思考活発にさせること。また、その原因。

発音(?)

し↗げき

翻訳

動詞

活用

翻訳


「刺激」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



刺激と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「刺激」に関係したコラム

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刺激」の関連用語

刺激のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刺激のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刺激 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの視床下部-下垂体-性腺軸 (改訂履歴)、活動電位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの刺激 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS