クエン酸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > クエン酸の意味・解説 

く えんさん [0] 【枸酸】

柑橘類果実多量含まれる有機酸化学式 C6H8O7 無色・無臭結晶で、爽快酸味があり、に溶けやすい。清涼飲料水医薬媒染剤などに用いる。生体中では、 TCA 回路一員。 〔自然科学ではクエン酸と書く〕


くえん酸

分子式C6H8O7
その他の名称:β-ヒドロキシトリカルバリル酸、Citric acid、β-Hydroxytricarballylic acid、2-Hydroxy-1,2,3-propanetricarboxylic acidシトロ、シトレッテン、アシレッテン、Citro、Citretten、Aciletten
体系名:2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸、くえん酸、2-ヒドロキシ-1,2,3-プロパントリカルボン酸、クエン酸


クエン酸

英訳・(英)同義/類義語:citrate, Citric acid

化学式が、CH2COOH-C(OH)COOH-CH2COOHで表される、ヒドロキシトリカルボン酸の一種植物の果実酸味与えるほか、誘導体クエン酸サイクル形成して細胞内でのエネルギー生産関与する。

クエン酸

代謝系で重要な中間体柑橘類果実に多い。カルボン酸カルシウムイオンキレートできるため、抗凝固薬としても用いられる。

クエン酸

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


クエン酸(クエンサン)

梅干レモンに含まれている酸味のもとです。

クエン酸(くえんさん)


クエン酸(くえんさん)

レモンミカンなど柑橘かんきつ)類に含まれている有機酸一種焼酎用の黒麹菌白麹菌はこの酸を大量生産することができるが、清酒用の黄麹菌はほとんど生産しない。焼酎開放式発酵を行うので、製造環境など外界から絶えず雑菌侵入する機会にさらされている。したがってこれらの雑菌侵入してきても発酵醪(もろみ)の中で繁殖することができないような工夫が必要である。わが国醸造法では醪を酸性の状態にすることで雑菌繁殖抑制する技術確立されており、焼酎では黒麹菌または白麹菌生産するクエン酸がその役割担っているし、清酒では黄麹菌にその能力がないので、乳酸菌生産する乳酸にその役割を担わせている。焼酎の主産地わが国の南に偏在しているが、このような気温湿度の高い地域開放式発酵が安全に営まれるのも、クエン酸を生産する焼酎麹菌が使われているからである。

クエン酸

果物に多い有機酸で特に柑橘類果実に多い。酒石酸と同様、酸味料として使用される。

クエン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 15:46 UTC 版)

クエン酸(クエンさん、枸櫞酸: citric acid)は、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多用される。




  1. ^ Solubility of citric acid anhydrous in non-aqueous solvents
  2. ^ Solubility of citric acid monohydrate in non-aqueous solvents
  3. ^ Dawson, R. M. C., et al., Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959.
  4. ^ Stryer, Lubert; Berg, Jeremy; Tymoczko, John (2003). “Section 16.2: The Glycolytic Pathway Is Tightly Controlled”. Biochemistry (5. ed., international ed., 3. printing ed.). New York: Freeman. ISBN 978-0716746843. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK22395/. 
  5. ^ Oöpik, V.; Saaremets, I.; Medijainen, L.; Karelson, K.; Janson, T.; Timpmann, S. (2003). "Effects of sodium citrate ingestion before exercise on endurance performance in well trained college runners." Br. J. Sports Med. 37: 485–489. PMID 14665584.
  6. ^ Oopik, V.; Saaremets, I.; Timpmann, S.; Medijainen, L.; Karelson, K. (2004). "Effects of acute ingestion of sodium citrate on metabolism and 5-km running performance: a field study." Can. J. Appl. Physiol. 29: 691–703. PMID 15630143.
  7. ^ Hausswirth, C.; Bigard, A. X.; Lepers, R.; Berthelot, M.; Guezennec, C. Y. (1995). "Sodium citrate ingestion and muscle performance in acute hypobaric hypoxia." Eur. J. Appl. Physiol. Occup. Physiol. 71(4): 362–368. PMID 8549581.
  8. ^ van Someren, K.; Fulcher, K.; McCarthy, J.; Moore, J.; Horgan, G.; Langford, R. (1998). "An investigation into the effects of sodium citrate ingestion on high-intensity exercise performance." Int. J. Sport Nutr. 8(4): 356–363. PMID 9841956.
  9. ^ Nielsen, O. B.; de Paoli, F.; Overgaard, K. J. Physiol. 2001, 536, 161-166., doi:10.1111/j.1469-7793.2001.t01-1-00161.x
  10. ^ 八田秀雄、「新たな乳酸の見方」『学術の動向』、Vol.11 (2006) No.10 p.47-50, doi:10.5363/tits.11.10_47
  11. ^ 『競技力向上のスポーツ栄養学』 トレーニング科学研究会/編 朝倉書店 2001年 ISBN 978-4254690194
  12. ^ ウラリットの臨床成績によると、酸性尿の改善効果により、痛風に93.3%(180/193)、無症候性高尿酸血症に98.1%(51/52)、高尿酸血症を伴う高血圧症に91.2%(31/34)、高尿酸血症を伴う腎障害に87.5%(21/24)、Lesch-Nyhan症候群に100.0%(5/5)、小児急性白血病に100.0%(7/7)、尿酸結石ほかに95.8%(92/96)、アシドーシスの改善効果により、ファンコニー症候群に90.5%(19/21)、ロウ症候群に92.9%(13/14)、糖原病に100.0%(12/12)、シスチン症に100.0%(4/4)、腎尿細管性アシドーシスに88.6%(39/44)、高クロール血症性アシドーシス(尿路形成術など手術後)に66.7%(10/15)、その他のアシドーシス(アルギニノコハク酸尿症、腎障害に伴うアシドーシスほか)に100.0%(16/16)の有効な改善効果が認められた。
    有効性の機序としては、主としてクエン酸の代謝産物の重炭酸塩(HCO3−)が、生体において塩基として作用することに基づくと考えられる。(参考:医療用医薬品 : ウラリット
  13. ^ 化学式は、


「クエン酸」の続きの解説一覧

クエン酸

出典:『Wiktionary』 (2017/05/24 14:10 UTC 版)

別表記

名詞

クエンくえんさん

  1. (生化学) 示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH分子式 C6H8O7で表される有機酸無色無臭結晶酸味を持つ。

発音

く↗えんさん

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クエン酸」の関連用語

クエン酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クエン酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2020 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2020 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2020.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2020 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクエン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクエン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS