異性化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 異性化の意味・解説 

いせい‐か〔‐クワ〕【異性化】

読み方:いせいか

化学的物理的作用により、ある化合物がその異性体変化すること。


異性化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

異性化

読み方いせいか
【英】: isomerization

分子式は等しいが、分子構造異な化合物異性体称し、ある化合物をその異性体変えることを異性化という。
例え直鎖パラフィン系炭化水素を、接触法によりオクタン価の高い側鎖のあるパラフィン系炭化水素転化し、高オクタン価ガソリン基材を得るプロセスがある。その他のプロセスとしてはノルマルブタンからアルキレーション原料であるイソブタンを得る方法キシレン異性体パラキシレン転化する方法などがある。異性化法には、低温異性化法と高温異性化法とがあり、現在後者主流となっている。前者は、フリーデルクラフツ型触媒用いプロセスとしては Shell液相異性化法などがある。後者は、Shell のハイソマー法、BP の異性化法、UOP の Penex 法などがあり、貴金属アルミナまたはゼオライト担持した触媒水素加圧下で用いる。直鎖パラフィン系炭化水素から側鎖パラフィン系炭化水素製造する場合1 回の通油による転化ではオクタン価の低い直鎖のパラフィン系炭化水素をかなり含んでいる。さらに高オクタン価ガソリン基材を得るためには、未反応直鎖パラフィン系炭化水素分離し、これをリサイクルする方法をとる。その分離には、精密蒸留による方法モレキュラー・シーブ用いた吸着分離による方法がある。吸着分離プロセスとしては、UCC のアイソシーブ法などがある。

異性化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 00:53 UTC 版)

異性化(いせいか、Isomerization)は、ある分子原子の組成は全くそのままに、原子の配列が変化して別の分子に変換することである。これらの関連する分子のことは異性体と呼ぶ[1]。ある条件下で自発的に異性化する分子もある。多くの異性体は、等しいかほぼ等しい結合エネルギーを持ち、そのためほぼ等量が存在する。これらは比較的自由に相互変換でき、即ち2つの異性体間のエネルギー障壁は高くはない。分子間で異性化が起きると、転位反応とみなせる。


  1. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "isomerization".
  2. ^ Brown, K. N.; Field, L. D.; Lay, P. A.; Lindall, C. M.; Masters, A. F. (1990). “(η5-Pentaphenylcyclopentadienyl){1-(η6-phenyl)-2,3,4,5-tetraphenylcyclopentadienyl}iron(II), [Fe(η5-C5Ph5){(η6-C6H5)C5Ph4}], a linkage isomer of decaphenylferrocene”. J. Chem. Soc., Chem. Commun. (5): 408–410. doi:10.1039/C39900000408. 
  3. ^ Field, L. D.; Hambley, T. W.; Humphrey, P. A.; Lindall, C. M.; Gainsford, G. J.; Masters, A. F.; Stpierre, T. G.; Webb, J. (1995). “Decaphenylferrocene”. Aust. J. Chem. 48 (4): 851–860. doi:10.1071/CH9950851. 
  4. ^ Resveratrol Photoisomerization: An Integrative Guided-Inquiry Experiment Elyse Bernard, Philip Britz-McKibbin, Nicholas Gernigon Vol. 84 No. 7 July 2007 Journal of Chemical Education 1159.
  5. ^ Common Definitions and Terms in Organic Chemistry (from the website of Cartage.org.lb)
  6. ^ Stefan Grimme, Marc Steinmetz, and Martin Korth (2007). “How to Compute Isomerization Energies of Organic Molecules with Quantum Chemical Methods”. J. Org. Chem. 72 (6): 2118–2126. doi:10.1021/jo062446p. 


「異性化」の続きの解説一覧

「異性化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

異性化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異性化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異性化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS