おおよそとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > おおよその意味・解説 

大凡

読み方:おおよそ
別表記:大よそ

雑把内容大要大体のころなどを意味する語。

おお‐よそ〔おほ‐〕【大凡/凡】

【一】[名・形動

だいたいのところ。あらまし。「計画の—を説明する」

ひととおりであること。普通。

ひととせはいたく—にこそおもしろし見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉

【二】[副]

細部にこだわらず概略判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「—一〇年ぐらい前」「事情は—見当がつく

話を切り出すときの言葉全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「—国家としての独立を望まない者はいまい」

→大体(だいたい)[用法]


おお‐よそ おほ‥ 【凡・大凡】

1⃣ 〔名〕

大きく一つにまとめられた全体個々小異問題にせず、一まとめ把握するさま。すべて。副詞的にも用いる。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)八「此の大地に凡(オホヨソ)有らるる所須の百千事業

② (形動細部にこだわらずおおまかなところを把握すること。また、そのさま。あらまし。ほぼ。大体。副詞的にも用いる。

古今(905‐914)仮名序おほよそ、むくさにわかれん事は、えあるまじき事になん」

山椒大夫(1915)〈森鴎外〉「母は宿の主人身の上おほよそを、微かな燈火の下で話した」

③ (形動物事程度や質が、なみひととおりであること。また、そのさま。普通。

宇津保(970‐999頃)楼上上「ひととせはいたくおほよそにこそ面白し見え給しか」

2⃣ 〔副〕

大局からの判断主張であることを示す。総じて一般に。だいたい。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「おほよそ子うみ給へともなくて、とかくうちして世を経たまはんに」

今昔1120頃か)二九「凡(おほよソ)此の章家が心ばへは、人とも不思(おぼ)えぬ事共なむ多かりける」

② どう見て間違いない判断性質であることを示す。否定表現否定的語句を導くことが多い。まったく。どう見ても。

今昔1120頃か)三「汝法を聞むが為に来れり。〈略〉凡(おほよソ)此の功徳无量(はかりな)し」

[語誌]→「およそ(凡)」の語誌


おおよそ

京ことば意味
おおよそ  いいかげん・おおまか      =およそ

おおよそ

出典:『Wiktionary』 (2017/05/08 05:07 UTC 版)

語源

古典日本語おほよそ

発音

お↗ーよそ

名詞

おおよそ、凡】

  1. 大体のところ。概略あらまし

副詞

おおよそ大凡、凡】

  1. 大体。
  2. 一般に。じて。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「おおよそ」に関係したコラム

  • 株365のFTSE100証拠金取引の見方

    FTSE100証拠金取引は、FTSE100指数(FTSE100種総合株価指数)に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE100指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE100証拠金取引の値...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おおよそ」の関連用語

おおよそのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おおよそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
京ことば京ことば
Copyright (C) 2021 我流京都探訪 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおおよそ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS