おおよそとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > おおよその意味・解説 

大凡

読み方:おおよそ
別表記:大よそ

雑把内容大要大体のところなどを意味する語。

おお‐よそ〔おほ‐〕【大凡/凡】

【一】[名・形動

だいたいのところ。あらまし。「計画の—を説明する」

ひととおりであること。普通。

ひととせはいたく—にこそおもしろし見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉

【二】[副]

細部にこだわらず概略判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「—一〇年ぐらい前」「事情は—見当がつく

話を切り出すときの言葉全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「—国家としての独立を望まない者はいまい」

→大体(だいたい)[用法]


おおよそ

京ことば意味
おおよそ  いいかげん・おおまか      =およそ

おおよそ

出典:『Wiktionary』 (2017/05/08 05:07 UTC 版)

語源

古典日本語「おほよそ」

発音

お↗ーよそ

名詞

おおよそ、凡】

  1. 大体のところ。概略あらまし

副詞

おおよそ大凡、凡】

  1. 大体。
  2. 一般に。じて。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「おおよそ」に関係したコラム

  • 株365のFTSE100証拠金取引の見方

    FTSE100証拠金取引は、FTSE100指数(FTSE100種総合株価指数)に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE100指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE100証拠金取引の値...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おおよそ」の関連用語

おおよそのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おおよそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
京ことば京ことば
Copyright (C) 2021 我流京都探訪 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおおよそ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS