原子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 原子の意味・解説 

げん‐し【原子】

物質基本的構成単位で、化学元素としての特性を失わない、最小微粒子原子核とそれを取り巻く1個または複数個の電子からなり大きさは約1億分の1センチ

原子核」「原子力」「原子爆弾」などをさす語。


げん‐し【原子・元子】

〔名〕 事物構成する最後微小存在哲学でもいうが、特に物理化学では、物質化学的性質を保つことのできる最小単位粒子半径10-10 メートル原子核いくつかの電子からなる二つ以上が結合すれば分子をつくる。現在までに一〇三種発見されている。〔哲学字彙(1881)〕


原子

読み方:げんし
【英】Atom

原子とは、物質構成する基本的最小構成単位となっている粒子のことである。原子は原子核固有の正電荷電子付随しており、電磁力によって安定化されている。正電荷電子安定化されていないものは、特にイオン呼ばれる


原子

読み方:ハラコ(harako)

所在 青森県五所川原市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

原子

読み方
原子げんし
原子はらこ
原子はらご
原子はらし

原子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:30 UTC 版)

原子げんし: άτομο: atom)という言葉には以下の3つの異なった意味がある。


脚注

  1. ^ 陽子数173では1s軌道の電子の束縛エネルギーが電子-陽電子の対生成に必要なエネルギーに等しくなり、内部で自然発生する可能性がある。その場合、陽子数174以上では現在知られているような電子殻は構成されず、ここに示した電子配置は実在し得ないことになる。

注釈

  1. ^ ただし軽水素の原子核は一つの陽子のみで構成され中性子を含まない。

出典

  1. ^ デカルト『デカルト・哲学の原理』井上庄七、水野和久 訳、中央公論社(世界の名著27)1995年、380頁
  2. ^ デヴィッド・リンドリー『ボルツマンの原子』p.1


「原子」の続きの解説一覧



原子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原子」の関連用語

原子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ原子の記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS