自発核分裂とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 自発核分裂の意味・解説 

自発核分裂

読み方:じはつかくぶんれつ

放射性物質が、外部からの作用ではなく自発的に核分裂反応起こすこと。

核分裂反応は、ウランなどの物質中性子などをぶつけることなどによって引き起こされるが、そうした方法の他に、何もしなくても自然に核分裂が引き起こされる場合がある。

2011年11月2日東京電力福島第一原子力発電所原子炉2号機で、半減期がごく短い放射性キセノンキセノン133キセノン135)が検出された。人工放射性同位体であり天然には存在しないもので、炉内生成された物質であることが前提される。

放射性キセノンは、ウランから核分裂反応によって生成されるほか、キュリウム242キュリウム244などの物質が自発核分裂することでも生じる。

原子力安全・保安院は、ウラン炉内核分裂反応起こし再臨界発生している可能性ならびに自発核分裂が発生している可能性両方について言及している。

11月3日東京電力検出されたキセノン解析し「自発核分裂が原因である」と結論づけ、原子力安全・保安院妥当性評価求めている。

自発核分裂

読み方じはつかくぶんれつ
英語表記spontaneous fission

中性子などの衝撃外部からのエネルギー加えることをしないで、原子核自然に核分裂起こすことをいう。カリフォルニウムー252は、自発核分裂により中性子放出するので中性子源として利用される。

自発核分裂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/21 00:27 UTC 版)

自発核分裂(じはつかくぶんれつ、: spontaneous fission、SF)とは質量数が非常に大きな同位体に特徴的に見られる放射性崩壊の一種である。自発核分裂は理論的には質量が100amu程度(ルテニウム付近)を超えるどのような原子核にも起こりうるが、エネルギー的に実際に自発核分裂が可能なのは原子量が約230amu(トリウム付近)以上の原子に限られる。




  1. ^ 『理化学辞典第5版』、岩波書店、1998、項目『自発核分裂』より。


「自発核分裂」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自発核分裂」の関連用語

自発核分裂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自発核分裂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2020 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自発核分裂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS