起こしとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 起こしの意味・解説 

おこし【起(こ)し】

起こすこと

田畑を耕すこと。

花札で、めくり札を開くこと。また、その


起こし

読み方:おこし

サ行五段活用動詞起こす」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

起こし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:18 UTC 版)

もっとも典型的な遊び方である「起こし」のルール以下の通りである。 地面にめんこを置く 別の者が別のめんこを叩き付ける 多くの場合以上の競技手順同じだが、あらかじめ地面置かれた方の所有権移転関わる勝敗の決め方が、地方集団によって異なる所有権移転なされる場合代表例以下に列挙する。 あらかじめ地面置かれためんこが「裏返る」。 あらかじめ地面置かれためんこの「下を通過する」。 あらかじめ地面置かれためんこが、規定の範囲囲った範囲など)よりも「外に出る」。 地面に置くめんこの枚数1枚の場合もあるが、複数参加者1人1枚、または、参加者1人2枚など、様々であるまた、めんこの大きさ大小があり、子供にとって欲し図柄異なるので、自分の欲に任せて明らかに不当なルール適宜つける例が横行する取り上げられためんこは返してもらえない所有権移転する)ので、真剣に遊ぶ要素がある。 濡れると柔らかくなるので、塗りつけるという「強度保持」をする一方裏返りにくくするためぐにゃぐにゃにするなど、めんこの性能変化させたりする。 この他にも他のカードゲーム類似した遊び方である「積み」や「抜き」、「落とし」、また物理的な遊び方として「壁当て」「滑り」などがある。

※この「起こし」の解説は、「めんこ」の解説の一部です。» 「めんこ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「起こし」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

起こしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



起こしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのめんこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS