論争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論争 > 論争の意味・解説 

ろん‐そう〔‐サウ〕【論争】

読み方:ろんそう

[名](スル)互いに言い争うこと。「人類の起源について—する」


議論

(論争 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 22:40 UTC 版)

議論(ぎろん)、意見を論じ合うこと。思いつくままに口から言葉が出てくる日常の会話とは異なり、専門的な議論方法では、思考を論理的に組み立てる必要が生じてくる[1]討論(とうろん)とも。日本人大学生が「議論」だと認識しやすい会話は、対立が存在し、主張の理由が述べられている会話である[2]


  1. ^ a b c d e f g 岩崎豪人「クリティカル・シンキングのめざすもの」『京都大学文学部哲学研究室紀要』第5巻、2002年12月1日、 12-27頁、 NAID 110000036931
  2. ^ 井上奈良彦「日本人学生にとって「議論」とは何か」『言語文化論究』第10巻、1999年、 33-50頁、 doi:10.15017/5466NAID 110000522734
  3. ^ スティーブン・トゥールミン『議論の方法ートゥールミンモデルの原点』戸田山和久・福澤一𠮷、東京図書、2011年。 Stephen Toulmin, The Uses of Argument, Cambridge University Press, 1958.
  4. ^ T・W・クルーシアス, C・E・チャンネル『大学で学ぶ議論の技法』杉野俊子・中西千春・河野哲也、慶応義塾大学出版会、2004年
  5. ^ 松本道弘『知的対決の方法―討論に勝つためには』産業能率大学出版部、1977年
  6. ^ 例として、新版と版を重ねた福澤一吉『新版 議論のレッスン』NHK出版新書。2018年。ISBN 978-4-14-088552-9。(初版2002年)
  7. ^ a b c d e 吉田寛「非形式論理学の初期の発展とクリティカル・シンキングの起源」『京都大学文学部哲学研究室紀要 : Prospectus』第5巻、2002年12月1日、 40-43頁、 NAID 110000036933
  8. ^ a b 楠見孝「良き市民のための批判的思考」 (pdf) 『心理学ワールド』第61号、2013年4月、 5-8頁。
  9. ^ 田中桂子、豊浩子「大学におけるクリティカルシンキング教育―その現状と課題」『明治学院大学国際学研究』第49巻、2016年3月31日、 1-23頁、 NAID 120005756920
  10. ^ 白松俊、池田雄人、北川晃、幸浦弘昂、伊藤孝行「自律的ファシリテータエージェントのための内容とプロセスを考慮した議論文脈理解モデルの検討」『人工知能学会全国大会論文集』第2018巻0、2018年、 1D2OS28a03-1D2OS28a03、 doi:10.11517/pjsai.JSAI2018.0_1D2OS28a03NAID 130007427159
  11. ^ 高崎隼、/辻野、平田紀史、白松俊、大囿忠親、新谷虎松、新谷虎松「議論支援システムのための対立と質問に着目した適切性ルールの設計」『全国大会講演論文集』第72巻0、2010年3月8日、 373-374頁、 NAID 110008107615


「議論」の続きの解説一覧

論争(翻訳中)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:31 UTC 版)

オペレーション・ブレッシング」の記事における「論争(翻訳中)」の解説

1994年ルワンダからザイールへの難民空輸支援するためにオペレーション・ブレッシングへの現金寄付のためにテレビで感情的な嘆願をした後、バージニアパイロットの記者によって、オペレーションブレッシング飛行機ダイヤモンド採掘設備輸送していることが後に発見されましたロバートソンが所有するアフリカ開発公社のために、ロバートソン1993年の初め友だちになったザイール独裁者モブツ・セセ・セコ協力してベンチャー企業設立したオペレーション・ブレッシング文書によると、ロバートソンオペレーション・ブレッシング空輸使用される飛行機個人的に所有していた 。 ロバートソンは、1994年大虐殺の後、ルワンダへの援助提供することに責任がある述べ続けている。[要出典] The Guardian2013年9月記事によると、Operation Blessingボランティアはすべて、死にゆく難民聖書箇所暗唱するだけでしたロバートソンは、国境なき医師団によって実際に行われた仕事の功績認められた非難された。 1999年報告書は、ロバートソン祝福作戦への寄付要請誤解を招くものでしたが、意図的に詐欺企てたものではないと結論付けた2013年12月ガーディアンオペレーション・ブレッシング謝罪し多くの告発撤回しオペレーション・ブレッシング不正行為明らかにしたさらなる報告言及しなかったことを認めオペレーション・ブレッシングの「フィリピン台風犠牲者への救援活動」に寄付することに同意した

※この「論争(翻訳中)」の解説は、「オペレーション・ブレッシング」の解説の一部です。
「論争(翻訳中)」を含む「オペレーション・ブレッシング」の記事については、「オペレーション・ブレッシング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「論争」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

論争

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:54 UTC 版)

発音

名詞

(ろんそう)

  1. 意見違う者が互いに自分主張して論じ合うこと。

動詞

活用


「論争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



論争と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

論争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



論争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの議論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオペレーション・ブレッシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの論争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS