犠牲者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 犠牲 > 犠牲者の意味・解説 

ぎせい‐しゃ【犠牲者】

読み方:ぎせいしゃ

事件や事故により、生命を失うなどの重大な損害を受けた人。


犠牲者

作者飛鳥高

収載図書幻のテン・カウント本格推理名作リバイバル
出版社講談社
刊行年月1986.11
シリーズ名講談社文庫

収載図書飛鳥高名作犯罪の場本格ミステリコレクション 1
出版社河出書房新社
刊行年月2001.9
シリーズ名河出文庫


犠牲者

作者デイヴィッド・レーヴィット

収載図書ファミリー・ダンシング
出版社河出書房新社
刊行年月1988.2

収載図書ファミリー・ダンシング
出版社河出書房新社
刊行年月1993.6
シリーズ名河出文庫


犠牲者

作者徳田秋声

収載図書秋声全集 第5巻復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1990.4


犠牲者

作者パトリシア・ハイスミス

収載図書女嫌いのための小品集
出版社河出書房新社
刊行年月1993.1
シリーズ名河出文庫


犠牲者

作者イヴリン・ロウ

収載図書正直な肉体
出版社幻冬舎
刊行年月1994.12


犠牲者

作者チャールズ・ムンゴシ

収載図書乾季のおとずれ
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月1995.11
シリーズ名アフリカ文学叢書


犠牲者

作者クリスティン・キャスリン・ラッシュ

収載図書死の姉妹
出版社扶桑社
刊行年月1996.7
シリーズ名扶桑社ミステリー


犠牲者

作者平林初之輔

収載図書新青年傑作選幻の探偵雑誌 10
出版社光文社
刊行年月2002.2
シリーズ名光文社文庫

収載図書平林初之輔探偵小説選 1
出版社論創社
刊行年月2003.10
シリーズ名論創ミステリ叢書


犠牲者

作者川又千秋

収載図書三百小説
出版社嶋中書店
刊行年月2004.11
シリーズ名ワンショット・ノベル


被害者

(犠牲者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 06:33 UTC 版)

被害者(ひがいしゃ)とは、「犯罪により害を被った者」(刑事訴訟法230条)や事件事故人災により被害を受けた人をいう。


  1. ^ a b 日本経済新聞』朝刊2021年7月18日(社会面)「犯罪被害ケアなお途上/支援条例制定、5県空白/京アニ放火2年」「北欧に専門機関、一括対応/米独、運営支える寄付文化」(2021年8月25日閲覧)
  2. ^ “犯罪被害給付:海外での事件、救済漏れ 制度改善求める声”. 毎日新聞. (2012年10月21日). オリジナルの2013年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/Sb32a 
  3. ^ “国外犯罪被害者救済で法成立 弔慰金の条件厳しく”. 日本経済新聞. (2016年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H51_U6A620C1CR0000/ 2016年12月24日閲覧。 
  4. ^ “犯罪被害者:後遺症抱え生活保護 持続補償、制度化を”. 毎日新聞. (2014年2月26日). オリジナルの2014年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/lcrKc 
  5. ^ 犯罪被害者:尽きぬ苦悩 後遺症抱え生活保護、講演料は「収入」 持続補償、制度化を 識者の話[リンク切れ]『毎日新聞』2014年2月26日
  6. ^ なお、このケースでは「被害者についても実名報道を避け、人権侵害につながる恐れを抑制すべきである」という主張は少なく、被疑者(加害者を含む)についての実名報道を維持したいという意図の下に被害者の人権が利用されているケースが多く見られることに注意すべきである。
  7. ^ 死刑宣告、過去最多45人 世論が厳罰化後押し[リンク切れ]」『産経新聞』2006年12月30日
  8. ^ 少年審判への遺族傍聴 法改正に賛否両論”. J-CAST (2008年5月3日). 2008年5月6日閲覧。
  9. ^ 「分断しない捜査、報道を 冤罪と犯罪、被害者巡り熊本大でシンポ」熊本日日新聞』2021年06月20日(2021年8月25日閲覧)
  10. ^ 森達也『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』(朝日出版社、2008年1月10日、ISBN 9784255004129)103頁
  11. ^ テキサス銃乱射事件、警察はテレビ中継で容疑者の名前を公表せず「彼の行為に、悪名を与えない」”. huffingtonpost (2019年9月2日). 2019年9月3日閲覧。



犠牲者(中国兵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:19 UTC 版)

南京事件」の記事における「犠牲者(中国兵)」の解説

日本軍中国軍損害については「南京戦を参照 南京戦では、最も多い殺害事案が、日本軍による中国人捕虜軍服脱いで民間人紛れ敗残兵組織的殺害であり、その殺害戦時国際法違反であるかどうかが、問題となった。[要出典] 中国軍南京防衛兵力に関しては6-7(「南京戦史偕行社)、10万秦郁彦説、台湾公式戦史から)、15笠原十九司説・孫宅巍説)と諸説あり、その中で捕虜等になる前に戦死した人数逃亡し終えた人数諸説がある。ダーディンは約5万上海派遣軍参謀長飯沼守は約10万南京衛戍参謀道平は約8万としている。南京防衛兵力については、南京戦#南京防衛軍の総兵力に関する諸説を参照また、中国軍敗残兵には軍服脱いで民間人紛れて安全区逃走はかったものが多数あった。 議論については「南京事件論争#投降兵・捕虜の扱いと戦時国際法を参照 議論については「南京事件論争#便衣兵と戦時国際法を参照 日中戦争当時戦時国際法として有効なものは、日本中国双方批准したハーグ陸戦条約であるが、その第4条には「俘虜人道をもって取り扱うこと」と定められており、また第23条には、殺害などの害敵手段として禁止されていることとして、第3項兵器捨て、または自衛手段尽きて降伏乞う敵兵殺傷すること」や敵兵に対して第4項「助命しないことを宣言すること」とされている。[要出典]しかし、一方で日本陸軍同年8月陸軍次官名でハーグ陸戦条約の「厳密遵守必要なし」、「捕虜という名称もなるべく使わないように」、と現地に通知していた。(南京事件論争#投降兵・捕虜の扱いと戦時国際法を参照

※この「犠牲者(中国兵)」の解説は、「南京事件」の解説の一部です。
「犠牲者(中国兵)」を含む「南京事件」の記事については、「南京事件」の概要を参照ください。


犠牲者(一般市民)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:19 UTC 版)

南京事件」の記事における「犠牲者(一般市民)」の解説

議論については「南京事件論争#一般市民に関してを参照 日本軍による南京市に対する被害は、第二次上海事変開始直後起こった8月15日開始渡洋爆撃呼ばれる日本海軍機による南京空襲での死傷戦災最初であり、中国側記録では10月までの二か月その後も続く)の空襲400人近く市民死亡した日本軍の空襲によって、多くの南京市民が市街から遠方避難し始め100万人を越えるとされた南京城市の人口大きく減少し一方で11月日本陸軍中支那方面軍南京周辺の広大な農村地域近郊六県を含む南京行政区進入したため、農村地域等から多くの被災者南京城市に流れ込む現象起きた。[要検証ノート] 日本軍による南京城陥落12月13日)の前後に、日本軍攻撃掃討暴力行為巻き込まれた市民少なからず存在したとされる城外出て長江渡って逃げ途中市民婦女子も含む)が兵士とともに銃撃を受けて殺されたとの証言日本兵による攻撃暴力殺害されたとの証言新路口事件)がある)。[要検証ノート] ただし、日本軍南京占領確定して戦闘終結するまでに、危険を冒して南京残った20あまりの欧米宣教師らが、南京市陥落前から組織した南京安全区国際委員会管理する南京市内の安全区へと多くの被災民が避難したが、その後も、城内敗残兵狩り巻き込まれた者や、安全区内外一般民間人への暴虐行為継続した。[要検証ノート] 一方で安全区外では、南京占領後も、日本軍による、中国民間人老若男女の殺害事例が、当時安全区にいた欧米人記録として報告された。[要検証ノート]また、日本軍南京占領直後に中国側発電所技術者虐殺したという主張もある。日本側電力インフラ復旧行った。[要出典] 南京安全区国際委員会メンバーによるスマイス調査では、南京市部(南京城区)での日本軍による民間人殺害拉致殺害は計6千6百人推測し、これを含め総計として1万2千人という推計値示している。[要出典] またスマイス調査では南京城市とその周辺限定せず、南京中心とした広大な農村部地域においては26千人以上の犠牲があったと推計しているが、これも南京事件被害含め見解がある(笠原十九司等)。

※この「犠牲者(一般市民)」の解説は、「南京事件」の解説の一部です。
「犠牲者(一般市民)」を含む「南京事件」の記事については、「南京事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犠牲者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「犠牲者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



犠牲者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

犠牲者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犠牲者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの被害者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南京事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS