死刑とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 死刑の意味・解説 

死刑、懲役、禁固(しけい、ちょうえき、きんこ)

身体拘束する刑には死刑、懲役刑禁錮などがある。

死刑 (刑法11条)
死刑は、監獄内において、絞首して執行される。死刑が言渡された者は、その執行に至るまで監獄拘置される。

懲役刑刑法12条)
懲役刑には、無期懲役刑有期懲役刑がある。有期懲役刑の期間は規定では1ヶ月以上15年以下だ。ただしこの期間は20年にまで伸ばすことができる。懲役刑では、監獄拘置されて所定作業を行う。

禁錮刑刑法13条)
禁錮には、無期禁固刑有期禁固刑がある。有期禁錮刑の期間は、規定では1ヶ月以上15年以下だ。ただし懲役刑同じく刑期最長20年まで伸ばすことができる。禁錮刑では、その期間、監獄拘置される。

仮出獄刑法28条)
懲役または禁錮に処せられた者に「改悛の状」があるときは、刑期3分の1経過した後、行政官庁処分もとづき仮出獄が許される。同様に無期刑場合10年経過した後、行政官庁処分もとづき仮出獄が許される。

(2000.09.14更新


死刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 19:32 UTC 版)

死刑(しけい)は、対象者(死刑囚)を死亡させる刑罰である。暴力的な表現を比較的控えられるよう、抽象的な表現として「極刑(きょっけい)」あるいは「処刑(しょけい)」とも表現される。刑罰の分類上は生命刑に分類される。




  1. ^ 斎藤静敬『刑事政策』創成社 79頁。
  2. ^ 川端博『刑法総論講義』成文堂 660頁。
  3. ^ ただし、現在でもイスラム法を重要視している国では不倫や婚前前性交渉を理由に死刑になる場合が存在する。
  4. ^ 北朝鮮に関する報道による。
  5. ^ 藤本哲也 『刑事政策概論』 青林書院 126頁。
  6. ^ Death Penalty Information Center>State by State>Sources and Additional Information>States with and without the Death Penalty>Murder Rates by Stat 2010年10月17日閲覧
  7. ^ Death Penalty Information Center>State by State Database 2010年10月17日閲覧
  8. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2009>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  9. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2008>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  10. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2006>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  11. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports >more>2004>Full Document(PDFと文書の76〜84ページ) 2010年10月17日閲覧
  12. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports/more>2001>Section II Crime Index Offenses Reported(PDFと文書の66〜75ページ) 2010年10月17日閲覧
  13. ^ United States: Uniform Crime Report -- State Statistics from 1960 - 2009 2010年10月17日閲覧
  14. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Fifth Survey (1990 - 1994) 2009年8月31日閲覧
  15. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Sixth Survey (1995 - 1997)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  16. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Seventh Survey (1998 - 2000)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  17. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Eighth Survey (2001 - 2002)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  18. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Ninth Survey (2003 - 2004)>Values and Rates per 100,000 Total Population Listed by Country 2009年8月31日閲覧
  19. ^ 宮本倫好『死刑の大国アメリカ』亜紀書房刊
  20. ^ 陸軍刑法および海軍刑法で規定
  21. ^ アムネスティ・インターナショナル (2020-04-21). 死刑廃止 - 最新の死刑統計(2019) (Report). https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/statistics.html 2020年5月17日閲覧。. 
  22. ^ “China executions shrouded in secrecy”. BBC News. (2009年12月29日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/8432514.stm 2010年4月14日閲覧。 
  23. ^ [1]
  24. ^ a b 中米対話基金 (2019-08) (PDF). 2018 Annual Report 年度报告>Death Penalty(2018年度報告>死刑)(6ページ) (Report). https://duihua.org/wp-content/uploads/2019/08/AR_2018_Final_Eng.pdf 2019年12月15日閲覧。. 
  25. ^ <死刑>人道的な配慮、「銃殺」から「薬物注射」に全面切り替えへ 2008年3月2日付配信 Record China
  26. ^ 藤本哲也 『刑事政策概論』 青林書院 131頁。
  27. ^ http://news.aol.jp/2016/01/02/safecity/
  28. ^ http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/support-for-death-penalty-high-but-nuanced-nus-survey/3351236.html
  29. ^ http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/02/post-4563.php
  30. ^ “インドで死刑論議過熱=8年ぶり執行で関心高まる”. 時事通信社 (MSN). (2012年12月1日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1545259 2012年12月1日閲覧。 
  31. ^ “息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年4月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3012935 2014年4月20日閲覧。 
  32. ^ ラトビアはEU加盟に当たって、軍法上で死刑制度を存続させていたが、2012年に死刑を全廃した。
  33. ^ 朝日新聞 1988年2月24日。
  34. ^ 「ロシアの死刑廃止を求め欧州から圧力」 モスクワIPS (Inter press service)、2006年7月21日
  35. ^ ロシア、死刑を廃止…陪審制導入で憲法裁決定 読売新聞2009年11月20日配信 2009年11月25日確認
  36. ^ “死刑執行人の求人に50人以上応募、失業率9割超のジンバブエ”. AFPBB news. (2017年10月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3147174 2017年10月18日閲覧。 
  37. ^ 死刑執行6割がテキサス州 米で広がる死刑格差 2008年3月5日閲覧。
  38. ^ 日本では毎年1000人近い殺人犯が検挙されるが、死刑判決が確定するのは、そのうち数十人である。
  39. ^ a b 別冊宝島「死刑囚最後の1時間」11頁。
  40. ^ ダフィ, クリントン『死刑囚-88人の男と2人の女の最期に立会って』サンケイ出版、1978年、14-15頁。
  41. ^ 2011年10月11日 大阪地方裁判所、ヴァルテル・ラブル博士証言
  42. ^ U.S.Department of Justice 2009年10月13日閲覧
  43. ^ Death Penalty Information Center 2009年10月13日閲覧
  44. ^ M. Bohm, Robert (2007). Death Quest III: An Introduction to the Theory and Practice of Capital Punishment in the United States. Lexsis Nexis. p. 153 
  45. ^ 日本における死刑
  46. ^ The New York Times, 2007.1.16 2009年10月13日閲覧
  47. ^ 『読売東京新聞』1883年7月7日
  48. ^ 『東京絵入新聞』1883年7月7日
  49. ^ Hoshowsky, Robert J. (2007). THE LAST TO DIE RONALD TURPIN, ARTHUR LUCAS, AND THE END OF CAPITAL PUNISHMENT IN CANADA. Routledge 
  50. ^ Time,1930.3.3 2009年10月13日閲覧
  51. ^ 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で死刑判決が確定した宮崎勤が『』に対して薬殺刑の導入を訴える投書をしている。
  52. ^ 向江璋悦『死刑廃止論の研究』法学書院、1960年
  53. ^ ヴァルテル・ラブル、後藤貞人、前田裕司、渡邉良平『絞首刑は残虐な刑罰ではないのか』現代人文社、2011年
  54. ^ 堀川恵子、2011、「絞首刑は残虐か(上)」、『世界』(2012年1月号)、岩波書店 pp. 63-72
  55. ^ 堀川恵子、2012、「絞首刑は残虐か(下)」、『世界』(2012年2月号)、岩波書店 pp. 122-131



死刑

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:35 UTC 版)

名詞

(しけい)

  1. 犯罪者の生命を断つ刑罰

発音

し↗け↘ー

類義語

下位語

関連語

翻訳




死刑と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死刑」の関連用語


2
76% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
70% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
極刑 国語辞典
58% |||||

9
死罪 国語辞典
58% |||||


死刑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



死刑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの死刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS