報復とは?

ほう ふく [0] 【報復】

( 名 ) スル
仕返しをすること。 「 -行為」 「ひどい仕打ちに-する」
国際関係で、他国不当な行為に対し、仕返しとして同様の行為国際法違法でないものに限られる)を行うこと。 「 -措置
返事をすること。返答。 「亭は的矢の某に問ひ合せた事があつて、其-を待つてゐる/北条霞亭 鷗外


【報復】(ほうふく)

Revenge.
攻撃された事に対して同等打撃相手与えようとすること。またはその行為
たいてい「報復」を名目にする場合、報復が報復を呼び、それがまた更に報復を呼んで…と、当事者どちらか一方(あるいは双方)が力尽きるまで連鎖続いてしまう。
報復攻撃動機憎しみよるものや、国家による報復攻撃場合国内世論への配慮動機になりうる。

なお、ジュネーブ条約では「報復攻撃」の正当性否定している。


報復

作者藤沢周平

収載図書霜の朝
出版社新潮社
刊行年月1987.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書霜の朝
出版社青樹社
刊行年月1989.12

収載図書藤沢周平全集 第5巻
出版社文芸春秋
刊行年月1993.2

収載図書藤沢周平珠玉選 3 霜の朝
出版社青樹社
刊行年月1993.11

収載図書海坂藩大全
出版社文藝春秋
刊行年月2007.1

収載図書霜の朝 46改版
出版社新潮社
刊行年月2007.9
シリーズ名新潮文庫


報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 03:47 UTC 版)

報復(ほうふく)、仕返し(しかえし)、復讐(ふくしゅう)とは、一般にひどい仕打ちを受けた者が相手に対して行うやり返す攻撃行動の総称である[1]


  1. ^ 攻撃行動(心理学)参照
  2. ^ a b c d [1] 越中康治「攻撃行動に対する幼児の善悪判断の発達的変化」広島大学大学院教育学研究科紀要、第三部55号、2006.
  3. ^ a b c 越中康治、新見直子、淡野将太、松田由希子、前田健一「攻撃行動に対する幼児の善悪判断に及ぼす動機と目的の影響」、『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域』第56号、広島大学大学院教育学研究科、2007年
  4. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』PHP研究所、2013年、192頁。
  5. ^ 呉智英『ホントの話』小学館文庫、26頁。
  6. ^ 娘を強姦した男に母親が復讐。ガソリンをかけて焼き殺す”. デジタルマガジン (2009年2月26日). 2011年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。


「報復」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報復」の関連用語

報復のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



報復のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報復 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS