報復とは? わかりやすく解説

ほう‐ふく【報復】

読み方:ほうふく

[名](スル)

仕返しをすること。返報。「敵に―する」

国際間で、ある国の不当な行為に対して同様に不当な行為報いること。「―措置

「報復」に似た言葉

【報復】(ほうふく)

Revenge.
攻撃され事に対して同等の打撃相手与えようとすること。またはその行為
たいてい「報復」を名目にする場合、報復が報復を呼び、それがまた更に報復を呼んで…と、当事者どちらか一方(あるいは双方)が力尽きるまで連鎖続いてしまう。
報復攻撃動機憎しみよるものや、国家による報攻撃の場合は国内世論の配慮動機になりうる。

なお、ジュネーブ条約では「報復攻撃」の正当性否定している。


報復

作者藤沢周平

収載図書霜の朝
出版社新潮社
刊行年月1987.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書霜の朝
出版社青樹社
刊行年月1989.12

収載図書藤沢周平全集 第5巻
出版社文芸春秋
刊行年月1993.2

収載図書藤沢周平珠玉選 3 霜の朝
出版社青樹社
刊行年月1993.11

収載図書海坂藩大全
出版社文藝春秋
刊行年月2007.1

収載図書霜の朝 46改版
出版社新潮社
刊行年月2007.9
シリーズ名新潮文庫


報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 04:10 UTC 版)

報復(ほうふく)、仕返し(しかえし)、復讐(ふくしゅう)とは、一般に不当な酷い仕打ちを受けた者が相手に対して行うやり返す攻撃行動の総称である[1]


  1. ^ 攻撃行動(心理学)参照
  2. ^ a b c d [1] 越中康治「攻撃行動に対する幼児の善悪判断の発達的変化」広島大学大学院教育学研究科紀要、第三部55号、2006.
  3. ^ a b c 越中康治、新見直子、淡野将太、松田由希子、前田健一「攻撃行動に対する幼児の善悪判断に及ぼす動機と目的の影響」、『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域』第56号、広島大学大学院教育学研究科、2007年
  4. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ 『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』PHP研究所、2013年、192頁。 
  5. ^ 呉智英 『ホントの話』小学館文庫、26頁。 
  6. ^ 娘を強姦した男に母親が復讐。ガソリンをかけて焼き殺す”. デジタルマガジン (2009年2月26日). 2011年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。


「報復」の続きの解説一覧

報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「報復」の解説

魔装機神』に登場自身の受けたダメージ一度だけ全体に与える。

※この「報復」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「報復」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 05:01 UTC 版)

ハンガリー国家保衛庁」の記事における「報復」の解説

ソ連政府支援する為にハンガリー侵攻した時、保衛庁の隊員は彼らの仲間殺した者に残忍な報復を実行した。保衛庁は概して全ての革命勢力標的にして、ソ連の保衛機関から大きな援助を受けてナジ政府の者や国防大臣マレーテル・パール(Maléter Pál)少将国防大臣任命されたときに大佐から少将昇進)を逮捕した。そして、何千もの学生労働者ソ連連行した

※この「報復」の解説は、「ハンガリー国家保衛庁」の解説の一部です。
「報復」を含む「ハンガリー国家保衛庁」の記事については、「ハンガリー国家保衛庁」の概要を参照ください。


報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 00:48 UTC 版)

エンスラポイド作戦」の記事における「報復」の解説

ヒトラーは、親衛隊ゲシュタポハイドリヒ殺した人間ボヘミア中から探し出し、「血の報復」をすることを命令した最初ヒトラー広範囲チェコ人々殺そうとした。しかし協議結果彼はその責任数千人に限定したチェコはすでにドイツ軍にとって重要な工業地域となっており、見境の無いチェコ人殺害生産性減らすと考えられからである結局1万3千人の人々殺害された有名な事件として、リディツェレジャーキ2つ村の住人虐殺されものがあるイギリス首相ウィンストン・チャーチルはこれに激怒してナチス破壊したチェコひとつにつきドイツの三つ破壊することを提案した。しかし連合国リスクの高さを懸念し実行はされなかった。ハイドリヒ殺された2年後ヒトラー暗殺目的としたフォックスレイ作戦立てられたが、これも中止となった結局エンスラポイド作戦は、ナチス高官暗殺する計画のうちで、実行され成功した唯一のケースであった

※この「報復」の解説は、「エンスラポイド作戦」の解説の一部です。
「報復」を含む「エンスラポイド作戦」の記事については、「エンスラポイド作戦」の概要を参照ください。


報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:21 UTC 版)

ジェームズタウンの虐殺」の記事における「報復」の解説

生き残った白人入植者たちは報復として、夏と秋にポウハタン族、とりわけ彼らの所有するトウモロコシ畑襲撃したその結果酋長調停者)であるオプチャンカノフは渋々ではあったものの、交渉席につくことになった友好的なインディアン仲介人を通じて入植者ポウハタン族との間にはついに和平結ばれた。しかし、この席でも悲劇起こった。ウィリアム・タッカー大尉やジョン・ポット博士など、入植者側の一部リーダーは、和平を祝う席でインディアン振舞った酒に毒を盛ったであった。毒は約200人のインディアン殺し、さらに50人のインディアン入植者の手によって殺された。しかし、オプチャンカノフは逃げ出すことができた。

※この「報復」の解説は、「ジェームズタウンの虐殺」の解説の一部です。
「報復」を含む「ジェームズタウンの虐殺」の記事については、「ジェームズタウンの虐殺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「報復」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「報復」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報復」の関連用語

報復のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



報復のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報復 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの精神コマンド一覧 (改訂履歴)、ハンガリー国家保衛庁 (改訂履歴)、エンスラポイド作戦 (改訂履歴)、ジェームズタウンの虐殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS