報復 概説

報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/26 10:13 UTC 版)

概説

攻撃行動との関係性

攻撃行動との関係性については、「攻撃行動(心理学」の記事を参照のこと。[注釈 1]

児童による攻撃の中での復讐の位置づけ
越中康治の幼稚園児童の研究によれば、他の児童からものをとりあげるなどの挑発的攻撃、奪われたものを取り返す報復的攻撃、さらに別の児童が取り返してあげるなどの制裁的攻撃の3つの概念を提出している[1]。また幼児らは、挑発的攻撃は悪いと判断する一方で、報復的攻撃・制裁的攻撃は許容することが観察されており、幼児においても「報復的公正」への理解があるとされる[1]
また越中らは目的を自己か他者、動機を回避、報復としたうえで次の4つの攻撃があるとする[2]
  • 防衛 (自己目的、回避)
  • 報復 (自己目的、報復)
  • 擁護 (他者目的、回避)
  • 制裁 (他者目的、報復)
攻撃行動は「悪い」行動として道徳背反行為とされるが、実際には常に「悪い」と判断されない[2]。社会心理学の研究では、被害の回避を目的とした正当防衛などの攻撃行動や、加害者への報復行為・報復的攻撃については必ずしも悪いとは判断されずに、文脈を考慮して判断され、攻撃行動が許容されることもある[2]

歴史

原始社会においては、報復は権益を侵害する者に対して、一般的に行われた。報復された側が報復をやり返し、結果止めどなく報復の連鎖を招くこともあった。[要出典]

為政者は、自分が統治する国内で人々に報復の感情や報復の連鎖が起きて国内が混乱してしまうことに、為政者としてどのように対処すべきか、苦心してきた。

古代のモーセなど、民族の指導者は同時に宗教的指導者でもあることは多かったので、この歴史の節で、復讐について宗教経典でどのような規定や記述がされてきたかについても併せて解説する。

ハンムラビ法典

復讐の歴史に関連してしばしば取り上げられるのが、ハンムラビ王の在位紀元前1792年-1750年の終わり頃に成立したとされるハンムラビ法典の復讐に関する規定であり、「タリオの法」(同等の法)ともいわれ、一般に「目には目を、歯には歯を」と訳されている。これは復讐を奨励している法というわけではなく、もし復讐する場合に その上限を設定する法である。自分が受けた害以上に相手に害を加えてはいけない、ということを規定している。[注釈 2] [注釈 3]

ユダヤ教(ヘブライ語聖書)

ユダヤ教では復讐をどうとらえていたか、ヘブライ語聖書(紀元前4〜5世紀ころに成立したとされる)に記載されている例を挙げる。

  • ダビデサウルに復讐する機会があったがそうはせず、神が必ず復讐されると確信していた
サムエル記上(口語訳) 24章12節
サムエル記上(口語訳) 26章8節から11節

キリスト教(新約聖書)

キリスト教では、復讐をどのように考えていたか、新約聖書を中心に例を挙げる。

マタイによる福音書(口語訳) 5章43節から44節
ルカによる福音書(口語訳) 6章35節
  • 使徒パウロも自分で復讐せず、神の怒りに任せるようにと説いた
ローマ人への手紙(口語訳) 12章19章
ヘブル人への手紙(口語訳) 10章30章

キリスト教では「復讐は神のもの」とされており、人は自分で復讐してはならないと教えている。

イスラム教

イスラム教では「目には目を、歯には歯を」に続きがあり、報復を行わないことを善行として推奨している。これはディーヤという形でイスラム法の制度になっている。

  • クルアーン第5章45節
  • 命には命を,目には目を,鼻には鼻を,耳には耳を,歯には歯を,全ての傷害に同じ報復を。
  • しかし報復せず許すならば,それは自分の罪の償いとなる

中世・近代ヨーロッパ

中世ヨーロッパでは、キリスト教の教えが広まったが、一方でフェーデによる報復が行われていた。

中世ヨーロッパでは動物に対しても一部で復讐が行われ、それは「動物裁判」の名前で知られている。

(ヨーロッパでは)復讐劇、復讐悲劇というジャンルがある[3]

近現代に残るヨーロッパなどの復讐

  • ジャクマリャ - アルバニアに古くからあった血の復讐のおきて。
  • オメルタ - シチリアに古くからある血の復讐のおきて。
  • ヴェンデッタ - コルシカに古くからある血の復讐のおきて。
  • チェチェンにおける復讐について2013年に西部邁(評論家)は次のように述べた。「以前、新聞で読んだのですが、チェチェンでは、自分の肉親を殺されると7代にわたって復讐の義務が発生するというんです。7代といえば、仮に25年で世代交代するとして175年ですよ。175年後に生まれた男の子は、175年前の復讐をしなければいけない。僕はそれを聞いて、いい話だなあと思った。」[4]

日本国内の歴史

日本でも、敵討(仇討ち)は平安時代や鎌倉時代でも行われていた。徳川幕府は仇討ちは私闘として抑制を加えた。

報復に関連する法律

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(リベンジポルノ防止法)によりリベンジポルノは禁止されている[5]

刑罰の目的に関しては2つの考え方があり、ひとつは教育する目的で行うという考え方(教育刑)で、もうひとつは「罪に対して報復をする」という目的で行うという考え方で(応報刑)である[6]

殺人(犯)に対して死刑の判決がくだされ執行される場合、殺人に対する報復、と解釈されることもある。

死刑制度と報復

欧州では近年死刑制度を廃止する国が少なくない。

現在では報復行為を国が代行するかわりに国民から報復権を取り上げている(応報刑論)。そのため、もし死刑がなくなったとき、被害者遺族の報復権が不当に制限されるという、死刑存廃問題における存続派の有力な意見がある。

殺人などの凶悪犯罪の加害者が、国家により保護されるのに、被害者側には報復が認められないのはおかしいと考え、近代以前のように報復を法で認め、合法化すべきという意見がある[7]

近代法制度では、「私刑」は認められておらず、相手を誤認して無関係の第三者を殺傷したり、報復の連鎖を招く危険から反対意見が多く、現在では広い論議には至っていない。


注釈

  1. ^ 攻撃行動を中心テーマとした説明と、復讐を中心テーマとした説明は異なる。逆概念から説明してはいけない。またウィキペディア内の記事をまるで出典であるかのように表示することは禁止されている。
  2. ^ 人は感情に駆られると、ついつい、いわゆる「倍返し(ばいがえし)」や「3倍返し」をしたくなるが、このタリオの法は、たとえ復讐するにしても、同程度に留めなければいけない、という法律である。これにより、ハンムラビは為政者として、彼の統治する国の内で復讐がエスカレートしてゆくことを抑制した。
  3. ^ 「目には目を、歯には歯を」で有名な、古代メソポタミアの、『ハンムラビ法典』は報復を奨励したものではなく、無制限報復が一般的だった原始社会において過剰な報復を禁じ、同等の懲罰にとどめて報復合戦の拡大を制限する目的があった。

出典

  1. ^ a b c [1] 越中康治「攻撃行動に対する幼児の善悪判断の発達的変化」広島大学大学院教育学研究科紀要、第三部55号、2006.
  2. ^ a b c 越中康治、新見直子、淡野将太、松田由希子、前田健一「攻撃行動に対する幼児の善悪判断に及ぼす動機と目的の影響」、『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域』第56号、広島大学大学院教育学研究科、2007年
  3. ^ 復讐劇. コトバンクより。
  4. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』PHP研究所、2013年、192頁。 
  5. ^ 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律”. elaws.e-gov.go.jp. 2023年11月15日閲覧。
  6. ^ 日弁連「裁判員の皆様へ 知って
  7. ^ 呉智英『ホントの話』小学館文庫、26頁。 
  8. ^ 娘を強姦した男に母親が復讐。ガソリンをかけて焼き殺す”. デジタルマガジン (2009年2月26日). 2011年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  9. ^ [2]
  10. ^ 真也, 山本 (2011年). “利他・協力のメカニズムと社会の進化”. 霊長類研究. pp. 95–109. doi:10.2354/psj.27.013. 2023年11月15日閲覧。
  11. ^ simon (2021年10月15日). “Do animals seek revenge? If they are fed up enough” (英語). Wildlife in the Balance. 2023年11月15日閲覧。
  12. ^ シャチの船への集団攻撃が多発、沈没も、ケガの仕返し? 遊び?”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年11月15日閲覧。
  13. ^ 中分, 遥 (2022年12月2日). “自然は報復するのか:「タタリ」伝承の計量分析の試み”. じんもんこん2022論文集. pp. 119–124. 2023年11月15日閲覧。






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報復」の関連用語

報復のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



報復のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報復 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS