協議とは? わかりやすく解説

きょう‐ぎ〔ケフ‐〕【協議】

読み方:きょうぎ

[名](スル)集まって相談すること。「対策を―する」


協議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 08:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「協議」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「協議」を含むページの一覧/「協議」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「協議」が役に立つかも知れません。

関連項目



協議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/21 04:13 UTC 版)

Berlin Demography Forum」の記事における「協議」の解説

各年の協議のテーマ2012年家族子供社会」、2013年世代学び繁栄」 、2014年信頼保証団結2015年活動ー健康ー関与5年目2016年2月24-25日に労働展望繁栄」のトピック開催される

※この「協議」の解説は、「Berlin Demography Forum」の解説の一部です。
「協議」を含む「Berlin Demography Forum」の記事については、「Berlin Demography Forum」の概要を参照ください。


協議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 16:10 UTC 版)

1946年の国際連合事務総長の選出」の記事における「協議」の解説

1月12日総会安全保障理事会非常任理事国選出されると、今度事務総長座が注目された。イギリス政府アメリカドワイト・D・アイゼンハワー将軍推したが、アイゼンハワー指名辞退したアメリカは「五大国国民を選ぶべきではない」と考えていた。 アメリカスパーク事務総長推しており、アルジャー・ヒススパーク欠点は英語が話せないことだけだと言っていた。一方アメリカ国務省は、国連常設本部アメリカ国内置かれるため、事務総長は「アメリカ人以外」でなければならない考えていたため、カナダレスター・B・ピアソン推していた。スパーク総会議長務めることしか考えておらず、議長選出されたため、事務総長候補から外れた1月20日常任理事国による非公式協議が行われた。アメリカバーンズ国務長官は、レスター・B・ピアソン駐米カナダ大使指名したソ連アンドレイ・グロムイコ大使は、地理的な理由からピアソン反対し、ユーゴスラビアのスタノジェ・シミック(英語版駐米大使指名したフランスは、自国のアンリ・ボネ(英語版駐米大使指名した中国イギリスピアソン支持した1月21日安全保障理事会非公式協議では、ポーランド外相のヴィンツェンティ・ジモフスキ(英語版)、ノルウェー外相トリグブ・リーオランダ外相のエルコ・ファン・クレフェンス(英語版)の3人候補者リスト追加された。 1月23日行われた常任理事国非公式協議では、フランス代表のジョセフ・ポール=ボンクール英語版)が、大使ではなく外相を選ぶことを提唱した彼はフランス語話せないことを除けばノルウェー外相トリグブ・リー適任である考えていた。他の国はいずれ立場変えなかった。常任理事国は、安全保障理事会全体で再度協議を行った上で拒否権行使可能性があるにもかかわらず投票決定することを決めた一方総会では、事務総長任期5年とし、再選されれば2期目務めることができること決定したピアソンに対するソ連拒否権行使予想されたため、アメリカ代表団は代替案としてトリグブ・リー受け入れることができるかどうか議論したエレノア・ルーズベルトジョン・G・タウンゼント・ジュニア(英語版)は、リーソ連から独立していると感じていた。しかし、アーサー・ヴァンデンバーグは「(リーは)感心しない」とし、総会議長選出敗れたソ連の候の方が「いい仕事をするだろう」と感じていた。ジョン・フォスター・ダレスは、リーがかつて「ノルウェー国境ロシア軍駐留していることを理由投票したと言ったヴァンデンバーグダレスは、リーが「あえて自由な立場になることはないだろう」と感じていた。アメリカ依然としてピアソン支持していたが、エドワード・ステティニアス国連大使に対しては、「緊急時にリー投票して良い」とした。 1月28日常任理事国非公式協議のために再び会合開いたフランスフランス語話せないという理由でリー反対していた。ソ連ピアソン反対のままだったが、ソ連代表は自分の責任でリー投票することを申し出た中国ピアソン代わりにリー受け入れることに同意し、それを受けてフランスの代表は考え変えたイギリス代表は、「政府指示拘束されているが、自分リー拒否権行使しない」と述べたソ連は、第二次世界大戦中ドイツ占領されていたことを理由に、ポーランドユーゴスラビアの候補を主張していた。実際にはノルウェードイツ占領されていた。

※この「協議」の解説は、「1946年の国際連合事務総長の選出」の解説の一部です。
「協議」を含む「1946年の国際連合事務総長の選出」の記事については、「1946年の国際連合事務総長の選出」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「協議」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

協議

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:32 UTC 版)

名詞

きょうぎ

  1. 人々一緒集まって相談すること。

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
協議-する

翻訳


「協議」の例文・使い方・用例・文例




協議と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「協議」の関連用語

協議のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



協議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの協議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBerlin Demography Forum (改訂履歴)、1946年の国際連合事務総長の選出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの協議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS