審議とは? わかりやすく解説

しん‐ぎ【審議】

読み方:しんぎ

[名](スル)ある物事について詳しく調査検討しそのものよしあしなどを決めること。「原案を—する」

「審議」に似た言葉

しんぎ(審議)


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/14 23:22 UTC 版)

審議(しんぎ)




「審議」の続きの解説一覧

審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/21 15:57 UTC 版)

恋は校則に縛られない!」の記事における「審議」の解説

生徒たち会話通じて提案カード集め、そこからさまざまな新し校則審議していく。審議の結果により、グラフィックストーリー展開変化したり、特別なイベント発生することがある。そのため、審議を通したい場合は、生徒会内にいる賛成派反対派調整する必要がある。審議時は、賛成派の意見反対派の意見交互に聞いてリアクションボタン押して賛成派増やす形をとる。 月初めの審議は、まずその月の行事など扱った"重要案件"が出されそのあと校則など審議していく形となる。

※この「審議」の解説は、「恋は校則に縛られない!」の解説の一部です。
「審議」を含む「恋は校則に縛られない!」の記事については、「恋は校則に縛られない!」の概要を参照ください。


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 14:28 UTC 版)

第50回高松宮記念」の記事における「審議」の解説

入線後着順掲示板には、審議を示す青ランプ灯り、さらに着順写真判定となった写真判定終わり入線順が公開されて1位入線クリノガウディー2位モズスーパーフレア3位グランアレグリア、4位がダイアトニック発表されたが審議が継続された。対象先述事象で、焦点走行妨害なければモズスーパーフレアダイアトニッククリノガウディー先着できていたかの判断であった入線した17分後、午後3時58分にクリノガウディーの4着降着モズスーパーフレアが1着、2着グランアレグリア、3着にダイアトニック繰り上がって確定払い戻し発表なされたモズスーパーフレアバランス崩されたことが、ダイアトニックは最もスピード上がっていた地点で不利を受け、スピード落ちた後、立て直してからも伸び最後にクリノガウディーとの差を詰めたことが降着判断決め手となった

※この「審議」の解説は、「第50回高松宮記念」の解説の一部です。
「審議」を含む「第50回高松宮記念」の記事については、「第50回高松宮記念」の概要を参照ください。


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 02:13 UTC 版)

1972年欧州共同体法 (イギリス)」の記事における「審議」の解説

1972年1月26日ランカスター公領大臣ジェフリー・リポン(英語版)が欧州共同体法案庶民院第一読会提出した1972年2月17日庶民院法案第二読会において3日間の激し弁論経て賛成309票、反対301票で法案可決した採決直前ヒース演説で「10年上かけてようやく得た協定を破ることは私たち友人にとって理解できない」とし、そうすると世界金融と貿易に関する議論への、私たち影響力破壊され、これらの問題アメリカEC日本の間で決定される」と述べたその後、審議は法案委員会経て第三読会進んだ第三読会弁論では野党労働党マイケル・フット議員異議唱え政府提出した法案では条約立法に関する法律上の問題をお議論できるものの、加入条約自体についての議論できないように仕組まれたため、EC加入意思決定にあたって議会主権犠牲にされたと批判した。しかし、1972年7月13日採決では賛成301票、反対284票で法案可決され、後に貴族院でも可決された。 法案1972年10月17日女王裁可英語版)を得、翌日にはイギリス加入条約批准書がイタリア政府寄託された。条約第2条発効日が1973年1月1日定められ法案でも発効に関する条項が「加入日」と記載されたため、加入条約1972年欧州共同体法は1973年1月1日同時に発効イギリス欧州諸共同体正式に加入した

※この「審議」の解説は、「1972年欧州共同体法 (イギリス)」の解説の一部です。
「審議」を含む「1972年欧州共同体法 (イギリス)」の記事については、「1972年欧州共同体法 (イギリス)」の概要を参照ください。


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 04:40 UTC 版)

フィラデルフィア憲法制定会議」の記事における「審議」の解説

詳細は「コネチカット妥協」を参照 新し国家としての政府形態について幾つかの案が提出された。その中で重要なものは「大型邦」案とも呼ばれるバージニア案英語版)であり、これに対抗して小さな邦の利益代表する形でニュージャージー案英語版)が提出され最終的にコネチカット妥協案概ね採用する形で成案導かれた。

※この「審議」の解説は、「フィラデルフィア憲法制定会議」の解説の一部です。
「審議」を含む「フィラデルフィア憲法制定会議」の記事については、「フィラデルフィア憲法制定会議」の概要を参照ください。


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:46 UTC 版)

十人委員会 (ヴェネツィア共和国)」の記事における「審議」の解説

十人委員会毎週水曜日定例審議を行うとされ、何らかの事情定例審議が開催できなかった場合でも最低週一回は審議を持つこととされた。また、定例審議以外にもシニョーリアによる指示があった場合十人委員会議長望んだ場合などには、緊急の審議が持たれた。

※この「審議」の解説は、「十人委員会 (ヴェネツィア共和国)」の解説の一部です。
「審議」を含む「十人委員会 (ヴェネツィア共和国)」の記事については、「十人委員会 (ヴェネツィア共和国)」の概要を参照ください。


審議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 19:17 UTC 版)

国家総動員法」の記事における「審議」の解説

大財閥中心とした経済界はこの法案に対して法律によらない私権制限であり社会主義的であるとの批判をもっていた。経済界に近い立場民政党政友会など既成政党も、政府対す広範な授権大日本帝国憲法において帝国議会保障され立法協賛剥奪につながる恐れがあり憲法違反であるとして反対空気強かったが、議会審議においては政府陸軍押し切られる形で可決成立をみた。 これについて、従来陸軍圧力によるところが大きいと説明することが普通だったが、実際に軍部わずかな政治干渉しかできず、むしろ議会に対して融和的ですらあった。むしろ、遅くとも1990年頃からは、法案政府無修正のまま成立した理由を、政党側の政界再編への思惑議会勢力図現状維持などの理由による保身求めるのが主流である。この時期陸軍は「事変中における議会との全面対決には消極的であり、むしろ有馬頼寧近衛文麿首相側近の間で、国民の支持が高い近衛元に革新派結集させて「近衛新党」を旗揚げし、解散総選挙打って出る動きがあったために、既成政党側がこれを恐れて妥協転じたことが法案成立原因である。 なお、この審議中には既成政党無力ぶりを示す以下2つエピソードがあった。

※この「審議」の解説は、「国家総動員法」の解説の一部です。
「審議」を含む「国家総動員法」の記事については、「国家総動員法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「審議」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

審議

出典:『Wiktionary』 (2021/11/16 22:24 UTC 版)

名詞

 しんぎ

  1. 詳しく調査し、可否などを討議評議すること。
  2. スポーツなどで、判定問題不服があるときなどに特別に審査すること。

関連語

動詞


「審議」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



審議と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「審議」の関連用語

審議のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



審議のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2024 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの審議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの恋は校則に縛られない! (改訂履歴)、第50回高松宮記念 (改訂履歴)、1972年欧州共同体法 (イギリス) (改訂履歴)、フィラデルフィア憲法制定会議 (改訂履歴)、十人委員会 (ヴェネツィア共和国) (改訂履歴)、国家総動員法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの審議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS