押してとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(様子) > 押しての意味・解説 

おし‐て【押して】

[副]無理に強いて。「熱があるのに押して出かける


おし‐て【押━・推━】

連語〕 (動詞「おす(押)」の連用形に「て」が付いたもの

おしなべてあまねく

万葉(8C後)七・一〇七四春日山押而(おして)照らせる此の月は妹が庭にも清(さや)けかりけり」

② その行動が順調に受け入れられるか否かを問わずこちらが積極的に出て。おしかけるように。強引に。むりに。しいて。

万葉(8C後)一四・三五五〇「於志弖(オシテ)いなと稲はつかね波の穂のいたぶらしもよ昨夜(きそ)一人寝て」

今昔1120頃か)三〇「此(かか)る折はよも不有じと思て、押て入にけり」

③ おしはかって。推量して。

四河入海(17C前)一〇「此批語もとから心得ぬと云ぞ。推(おシ)て云に」


押して

読み方:おして

サ行五段活用動詞「押す」の連用形である「押し」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「押して」の関連用語

押してのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



押してのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS