システムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > システム > システムの意味・解説 

システム

英語:system

システムとは

システム(英: system)とは、多数要素が集まってまとまりを持った組織体系のことである。システムの語源は英語のsystemで「組織」「制度」「体制」「系統」という意味があり、文脈によっては「機構」「方法」「順序」などの語も日本語訳として対応し得る。システムという語はコンピュータ分野自然科学分野などを中心に幅広い分野で使われる。

システムの類義語

システムの類義語には「構造」や「体制」、「仕組み」などが挙げられる。特に「システム」と「構造」は、個々要素材料組み合わさってあるまとまりを形作っているという点では同じである。しかし、システムは臨機応変変化しやすいに対して構造は「家の構造」や「社会構造」といった語からもわかるように、一度完成すると変化しにくいという点が異なる。

システムの対義語

システムの対義語として、部品要素を表す「モジュール」「パーツ」が挙げられる。電子的な仕組み導入することであると思われがちな語に「システム化」があるが、システム化は、本来「誰が行っても継続的成果が生み出される仕組み構築すること」であり、必ずしもITを活用したものとは限らない

エンジニアなどの仕事一つである「システム開発」は、業務効率改善業務最適化などを目的として、ソフトウェアプログラムを用いて仕組み構築することである。また、IT化が進むにつれてよく耳にするようになった情報システム」は、情報記録・処理・伝達などを行うための仕組みを指す。情報システムは「コンピュータシステム」や「ITシステム」とほぼ同義である。情報システム構築する技術者は「システムエンジニアSE)」や「システムプログラマ(SP)」と呼ばれる

システムの語の使い方、例文


システム【system】

制度組織体系系統

方法方式。「入会のシステムを説明する」

コンピューターを使った情報処理機構また、その装置コンピューターシステム


システム

仕組み仕事仕事関連させた総体

システム

【英】system

システムとは、複数要素体系的構成され、相互に影響しながら全体として一定の機能を果たす何物かのことである。

IT用語としては、システムという言葉は非常に多く場面で用いられる。具体的には、コンピュータシステム情報システム、ネットワークシステムなどのようにコンピュータ関わるハードウェアソフトウェア周辺機器などの一定範囲を示す場合が多い。また、オペレーティングシステムOS)のように、情報システム全体から見ると、その構成要素となる部分がそのレベルでさらに「システム」と呼ばれていることがある

システムはどのようなものでも、そのレベルでの要素組み合わせと、異なレベル階層積み重ね、そしてそれらが総体として実現している機能、という特徴持っている。従って、その組み合わせのどの範囲を切り取っているのか、全体の中のどの階層注目しているのか、そしてどの機能的特徴注目しているのか、などによってさまざまなシステム名称を持つことになる。

一般的にコンピュータ呼ばれるシステムは、データ入力内部での計算事務処理やその他業務に必要となる各種の処理の実行、および、必要な出力、という一連の動作を行うシステムを指す。なお、これと同様の動作をするものを指し情報システムと呼ぶ場合もある。コンピュータ情報システムとの間に明確な区別があるわけではないが、「情報システム」はその実方法よりも、果たす機能注目している語であり、ハードウェアとしての計算機とネットワークインフラとを利用して、業務上必要な機能実現しているシステムというニュアンスを含むことが多い。

また、ネットワークシステムといえば情報をあるノードから他のノードへと伝送あるいは交換するための、ハードウェアおよびソフトウェア体系を指す。

システムについて研究する学問分野としては、システム科学システム工学などがある。計算機分野全体については計算機科学呼ばれる分野がある。おおむね、システムは所定対象限ってシステムやドメインごとに研究が行われている。より抽象的な意味におけるシステムの挙動研究する分野としては、システムダイナミクス呼ばれる分野がある。システムダイナミクスは、各種シミュレーション技法そのためシミュレータシミュレーション言語などを用いて実験され、工学社会経済などへ応用されている。


システム

作者カレル・チャペック

収載図書カレル・チャペック短編集
出版社青土社
刊行年月2007.12


システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 14:28 UTC 版)

システム(system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて体系制度方式機構組織といった多種の言葉に該当する。系 (自然科学) の記事も参照。






「システム」の続きの解説一覧

プラス・マイナス・システム

(システム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 05:52 UTC 版)

プラス・マイナス・システム(Plus/Minus System)とは、野球における守備力を測るための指標である。ベースボール・インフォ・ソリューションズ社社長、ジョン・デュワン(John Dewan:スポーツデータ分析会社スタッツ社元社長)が考案し、著書『The Fielding Bible』(ISBN 978-0879462970)において発表した。これをさらに発展させたものとして、守備防御点が存在する。


  1. ^ 守備指標の話 RFとRRF”. baseballconcrete.web.fc2.com. 2021年4月16日閲覧。


「プラス・マイナス・システム」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




システムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「システム」に関係したコラム

  • 株式の取引を有利に行える夜間取引とは

    2012年7月現在、東京証券取引所(東証)の株式の取引時間は、9時から11時30分までと12時30分から15時までとされています。例えば、1日の取引の終了した夕方に、上場企業が決算の増収増益の修正発表...

  • CFDのデモ口座が開設できる業者の一覧

    CFD業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前に...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • 株式取引のデモトレードを体験するには

    証券会社では、実際の株式取引を行う前に、株式取引が体験できるデモトレードサービスを用意している場合があります。デモトレードサービスは、実践の取引画面と同じような環境で、株式の売買を行ったり、株式情報を...

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「システム」の関連用語

システムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2021 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシステムの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシステム (改訂履歴)、プラス・マイナス・システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS