経理とは? わかりやすく解説

けい‐り【経理】

読み方:けいり

[名](スル)

会計給与に関する事務また、それを処理すること。「―に明るい」

治めととのえること。

天下を―することなど一向に相談もならぬ物になったでござる」〈西周百一新論


会計

(経理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 07:15 UTC 版)

会計(かいけい、英語: Accounting, Accountancy)とは、委託・受託関係において、受託者がその委託者に、委託された活動の状況について説明ないし釈明(Account For)する行為を言う。受託者は委託者に対して活動の記録と報告を行うことで、受託責任が適切に遂行されたことを証明しようとする。その重要性から世界共通のビジネススキルと言われてもいる[1]


  1. ^ ビジネスマンに簿記は不要!「会計」は歴史を学べばスラスラ分かる”. ダイヤモンド・オンライン (2019年4月4日). 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ "Relevant financial information is capable of making a difference in the decisions made by users." IFRS Foundation. (2018). Conceptual Framework for Financial Reporting.
  3. ^ "If financial information is to be useful, it must be relevant" IFRS Foundation. (2018). Conceptual Framework for Financial Reporting.
  4. ^ "Comparability is the qualitative characteristic that enables users to identify and understand similarities in, and differences among, items." IFRS Foundation. (2018). Conceptual Framework for Financial Reporting.
  5. ^ "Users’ decisions involve choosing ... information about a reporting entity is more useful if it can be compared with similar information about other entities and with similar information about the same entity for another period or another date." IFRS Foundation. (2018). Conceptual Framework for Financial Reporting.


「会計」の続きの解説一覧

経理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:36 UTC 版)

公認会計士」の記事における「経理」の解説

会計学においては財務会計対をなす管理会計基礎とする。経営工学にも通じ主として会計情報経営管理者の意思決定組織内部の業績測定業績評価役立てることを目的としている。また予算の編成にも大い関る欧米では工学技師情報技師、あるいは企業財務営業部門経験をつんだものが、キャリアアップの一環として会計士(あるいは簿記)の資格を取得した場合その後管理職再就職する場合が多い。また雇用側の企業簿記あるいは会計士資格社員とらせる場合もある。また海外では管理会計特化した公認会計士資格存在する代表的なのが Society of Management Accountants of CanadaカナダChartered Institute of Management Accountants(英国Institute of Certified Management Accountants(オーストラリア) で勅許管理会計士(Chartered Management Accountant)あるいは公認管理会計士(Certified Management Accountant)と呼ばれている。これらの会計資格で監査権限有する海外軍隊の経理将校などはこの資格を有することが多い。 日本でも公認会計士下位資格として、監査権限持たない企業財務会計士」の制度導入することが検討されことがある。これは、2000年代後半公認会計士試験合格者を3,000人台増加した結果監査法人に就できない待機合格者問題深刻化したため、当時民主党政権下において考案されものである。この制度当時野党であった自民党公明党反発により導入見送られ公認会計士待機合格者問題が解消された現在においてはこれに類する資格制度新設する議論立ち消えとなった

※この「経理」の解説は、「公認会計士」の解説の一部です。
「経理」を含む「公認会計士」の記事については、「公認会計士」の概要を参照ください。


経理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:07 UTC 版)

役員 (会社)」の記事における「経理」の解説

経理(けいり、簡体字: 经理; 繁体字: 經理)。会社公司)において、取締役会董事会または董事局)の直接の権限の下で、管理者職務を行う者である。英国会社法Companies Act)における会社支配人 (manager)に相当する

※この「経理」の解説は、「役員 (会社)」の解説の一部です。
「経理」を含む「役員 (会社)」の記事については、「役員 (会社)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

経理

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 13:08 UTC 版)

名詞

(けいり)

  1. 会計給料計算金銭財産管理などを行う事務

関連語

参照


「経理」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経理」の関連用語

経理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの公認会計士 (改訂履歴)、役員 (会社) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの経理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS