棚卸しとは?

たな‐おろし【棚卸(し)/店卸(し)】

[名](スル)

決算などの際に、商品製品原材料などの在庫調査して数量確かめること。資産評価含めていう場合もある。「年度末に—する」《 新年》「物陰に笑ふ鼠や—/一茶

人や物の欠点一つ一つ数えあげて、言い立てること。「客の—をする」


棚卸資産

(棚卸し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 01:38 UTC 版)

棚卸資産(たなおろししさん、: inventory)は、会計用語の一つ。販売目的と何らかの形で結びついている財、またはサービスを指す。有形のものもあり、無形のもの(サービスなど)もある。販売を意図して保有しているものも、そうでないものもある。正常営業循環基準により、必ず流動資産となる。


  1. ^ 連続意見書四(1962年8月7日)大蔵省企業会計審議会
  2. ^ このほか、かつては後入先出法(last-in, first-out method, LIFO)があったが、2008年9月26日に「棚卸資産の評価に関する会計基準」が改正され、適用が廃止されることとなった。後入先出法の項も参照。
  3. ^ 300社より多くなるのは複数の方式を採用している会社があるため。
  4. ^ 日本公認会計士協会 『決算開示トレンド平成17年版』 中央経済社、 桜井久勝著 『財務会計・入門』 有斐閣 2008年3月31日第5版第1刷発行 ISBN 978-4-641-12358-8


「棚卸資産」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棚卸し」の関連用語

棚卸しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棚卸しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棚卸資産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS