米国公認会計士とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 資格辞典 > 米国公認会計士の意味・解説 

米国公認会計士(CPA)

資格区分

国際資格

資格概要取得方法

米国公認会計士(CPA)は、その名の通り米国公認会計士公的資格です。米国内はもちろん、日本韓国中国などアジア諸国からの受験者多く国際的には最もメジャー会計士資格だと言えるでしょう。 試験はコンピュータ上で受験し、全米各州のテストセンターで年4回まで受験可能です。 試験科目は「Financial Accounting & Reporting」「Regulation」「Business Environment & Concept」「Auditing & Attestation」の4科目です。1度の受験で全科目に合格する必要はなく、1科目ずつ受験・合格していくことができます。試験は当然英語で実施されますから、会計財務知識だけでなく、高度な英語力も必要です。 CPA試験の受験資格は、全米各州によって異なりますが、基本的に一定上の会計関連ビジネス関連大学単位が必要です。日本人が受験しやすいのはデラウェア州モンタナ州グアムイリノイ州などが挙げられます。試験の難易度は、日本公認会計士試験ほどではありませんが、かなりの難関です。資格スクールなどを活用して1~3年程度学習期間が目安になります。なお資格スクール中には米国大学提携し、受験に必要な大学単位取得できるところもあります

受験資格

米国各州により異なる(会計関連ビジネス関連大学単位などが求められる

受験料

米国各州により異な

合格率

米国各州により異なる。学習期間の目安スクール利用して1~3年程度

試験日程

半期ごとにコンピュータによる試験を実施(年4回まで受験可能)

試験会場

米国各州のテストセンター

問い合わせ先

AICPA http://www.aicpa.org/

取得後の職業/活かせる仕事

外資系企業経理財務職、監査法人会計事務所コンサルティング会社などが代表的職場です。CPAの資格は日本企業にも知名度が高く、経理財務知識と、英語力を備え人材として高く評価される傾向あります

米国公認会計士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/11 15:06 UTC 版)

米国公認会計士(べいこくこうにんかいけいし、Certified Public Accountant、USCPA)は、米国各州が認定する公認会計士資格であり、CPAとも呼ばれる。


  1. ^ 「グアム知事を直撃!観光大打撃[台風、SARSイラク戦]からどう脱却するのか」『経済界』2003年11月4日


「米国公認会計士」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「米国公認会計士」の関連用語

米国公認会計士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



米国公認会計士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの米国公認会計士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS