2024年とは? わかりやすく解説

2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/23 00:38 UTC 版)

2024年(2024 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる閏年令和6年。


  1. ^ "安保理、非常任理事国に韓国やスロベニアなど 24年から". 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2023年6月7日. 2024年1月1日閲覧
  2. ^ "アルゼンチン、BRICS不参加を決定 中国との関係悪化の可能性も". 朝日新聞DEGITAL. 朝日新聞社. 2023年12月30日. 2023年12月31日閲覧
  3. ^ 気象庁:地震情報”. www.data.jma.go.jp. 気象庁. 2024年1月1日閲覧。
  4. ^ "韓国で67センチの津波観測 ロシア極東、北朝鮮で警報". JIJI.COM. 時事通信社. 2024年1月1日. 2024年1月2日閲覧
  5. ^ 【被害状況 30日】石川県で238人死亡”. NHKニュース (2024年1月30日). 2024年1月31日閲覧。
  6. ^ 【速報】韓国野党「共に民主党」李在明代表 釜山を訪問中に何者かにナイフで首を刺される”. TBS NEWS DIG (2024年1月2日). 2024年1月2日閲覧。
  7. ^ 【速報】日本航空新千歳発羽田行き516便が羽田空港で炎上 乗客は全員避難との情報 着陸態勢に入った日航機が海保の航空機と衝突か”. TBS NEWS DIG Powered by JNN. TBSテレビ (2024年1月2日). 2024年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月3日閲覧。
  8. ^ "イラン84人死亡テロ、「イスラム国」が犯行声明…ガザ混乱に乗じて勢力拡大狙いか". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 2024年1月5日. 2024年1月5日閲覧
  9. ^ "イラン爆発の死者84人に修正". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年1月4日. 2024年1月4日閲覧
  10. ^ “イラン南東部で爆発、70人超死亡 暗殺された司令官の式典中”. 毎日新聞. (2024年1月3日). https://mainichi.jp/articles/20240103/k00/00m/030/283000c 2024年1月3日閲覧。 
  11. ^ 北朝鮮軍が黄海に200発余砲撃 韓国軍が発表 被害なしNHK、2024年1月5日。2024年1月5日閲覧
  12. ^ "与党勝利、連続4期目へ 野党ボイコット、独裁強まる恐れも―バングラデシュ総選挙". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年1月8日. 2024年1月11日閲覧
  13. ^ "生放送中のテレビ、武装した男らが乗っ取り エクアドル大統領が「国内の武力衝突」宣言". CNN.CO.JP. CNN. 2024年1月10日. 2024年1月11日閲覧
  14. ^ "ボルヌ仏首相が辞任、6月欧州議会選やパリ五輪控え". ロイター. ロイター. 2024年1月8日. 2024年1月11日閲覧
  15. ^ "フランス新首相に34歳のアタル氏 同国最年少、同性愛公表". CNN.CO.JP. CNN. 2024年1月10日. 2024年1月11日閲覧
  16. ^ "パプアニューギニアで暴動、16人死亡 公務員給与減額に抗議". 産経新聞. 産経新聞社. 2024年1月11日. 2024年1月12日閲覧
  17. ^ "英米軍、イエメンのフーシ派拠点を空爆 紅海での船舶攻撃に報復". BBC NEWS JAPAN. 英国放送協会. 2024年1月11日. 2024年1月12日閲覧
  18. ^ "サッカー=アジア・カップ開幕戦、カタールがレバノンに勝利". ロイター. ロイター. 2024年1月13日. 2024年1月13日閲覧
  19. ^ アジア杯は24年1月12日からカタールで開催へ 中国が「ゼロコロナ政策」で辞退”. 日刊スポーツ (2023年3月1日). 2023年3月4日閲覧。
  20. ^ "台湾1月「総統選挙」の行方と有事の可能性". 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2023年12月19日. 2023年12月31日閲覧
  21. ^ "頼清徳氏が当選確実 野党候補2人を破る 台湾総統選". 朝日新聞DEGITAL. 朝日新聞社. 2024年1月13日. 2024年1月13日閲覧
  22. ^ "マルグレーテ女王が退位 在位52年、唯一の女性君主―デンマーク". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年1月14日. 2024年1月15日閲覧
  23. ^ "太平洋の島嶼国ナウルが台湾と断交 中国と国交樹立を宣言". 産経ニュース. 産経新聞社. 2024年1月15日. 2024年1月15日閲覧
  24. ^ IRGC claims deadly ballistic missile strikes on Erbil”. www.rudaw.net (2024年1月16日). 2024年1月16日閲覧。
  25. ^ "イラン「革命防衛隊」、モサドとシリアの「イスラム国」拠点を弾道ミサイルで攻撃". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 2024年1月16日. 2024年1月17日閲覧
  26. ^ "イラン、パキスタンの武装勢力狙いミサイル攻撃 子ども2人死亡". CNN.co.jp. CNN. 2024年1月17日. 2024年1月17日閲覧
  27. ^ Seven killed in Pakistan attack on southeastern Iran”. Islamic Republic News Agency (2024年1月18日). 2024年1月18日閲覧。
  28. ^ "パキスタンがイラン領内を報復攻撃、武装勢力標的 9人以上死亡か". ロイター. ロイター. 2024年1月18日. 2024年1月18日閲覧
  29. ^ 選手らの笑顔とK-POPの演技で華々しくスタート! 日本代表69人が出場、江原2024冬季ユースオリンピック”. 日本オリンピック委員会(JOC). 2024年1月19日閲覧。
  30. ^ "日本の月面探査機「SLIM」が着陸成功、5か国目の快挙…通信できているが発電できずバッテリー尽きる可能性". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 2024年1月20日. 2024年1月20日閲覧
  31. ^ "ロシア西部で軍輸送機墜落、捕虜搭乗 ウクライナが撃墜と非難". ロイター. ロイター. 2024年1月24日. 2024年1月25日閲覧
  32. ^ “国連機関職員がハマス奇襲関与か UNRWA調査、米は資金停止”. 時事通信. (2024年1月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2024012700149&g=int 2024年1月28日閲覧。 
  33. ^ "疑惑のUNRWA 資金拠出停止10カ国超に 「集団懲罰」の懸念も". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2024年1月29日. 2024年1月30日閲覧
  34. ^ "イブラヒム新国王が即位 マレーシア". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年1月31日. 2024年2月2日閲覧
  35. ^ "森林火災、死者100人超に 南米チリ". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年2月5日. 2024年2月7日閲覧
  36. ^ "チリ森林火災、123人死亡 2010年地震以降で最多". ロイター. ロイター. 2024年2月6日. 2024年2月7日閲覧
  37. ^ "【速報】アメリカ イラクとシリアでイラン革命防衛隊などに報復攻撃 ヨルダンで米兵3人死亡受け". TBS NEWS DIG. ジャパン・ニュース・ネットワーク. 2024年2月3日. 2024年2月3日閲覧
  38. ^ "バイデン大統領、ヨルダン米軍基地への攻撃で対応策を決断". BBC NEWS JAPAN. 英国放送協会. 2024年1月31日. 2024年2月3日閲覧
  39. ^ "ナミビア大統領死去 先月がんを公表". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年2月4日. 2024年2月4日閲覧
  40. ^ "パキスタン旧与党が連立合意 シャバズ・シャリフ前首相の再任目指す". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2024年2月14日. 2024年2月15日閲覧
  41. ^ "台湾当局取締り中に中国漁船転覆2人死亡 金門島付近の海域". NHKニュース. 日本放送協会. 2024年2月15日. 2024年2月15日閲覧
  42. ^ "ロシア野党指導者ナワリヌイ氏が死亡=ロシア刑務所当局". BBC NEWS JAPAN. 英国放送協会. 2024年2月16日. 2024年2月17日閲覧
  43. ^ 日経平均株価、終値も史上最高値 836円高の3万9098円”. 日本経済新聞. 2024年2月23日閲覧。
  44. ^ 日経平均株価 バブル期につけた史上最高値を更新”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会. 2024年2月23日閲覧。
  45. ^ "米無人宇宙船が月面着陸 民間企業が初の成功". 時事ドットコム. 時事通信社. 2024年2月23日. 2024年2月23日閲覧
  46. ^ プーチン氏が36年まで続投も ロシア下院、大統領任期「リセット」案を承認」『BBCニュース』。2023年12月18日閲覧。
  47. ^ "ロシア大統領選挙と戦争". NHK. 日本放送協会. 20 December 2023. 2023年12月31日閲覧
  48. ^ "南アフリカで5月29日総選挙 与党「アフリカ民族会議」が過半数割れ予測も". 産経ニュース. 産経新聞社. 2024年2月21日. 2024年2月21日閲覧
  49. ^ 24年サッカー欧州選手権、開催国がドイツに決定”. AFPBB News (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。
  50. ^ "世界は心の準備を、2024年が衝撃の選挙イヤーになる可能性". CNN.co.jp. CNN. 31 December 2023. 2023年12月31日閲覧
  51. ^ “新紙幣、来年7月にも発行へ”. 京都新聞. (2023年6月24日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/biz/1052154 2023年6月25日閲覧。 
  52. ^ "渋沢栄一などの新紙幣、来年7月3日に発行へ…日銀発表". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 12 December 2023. 2023年12月12日閲覧
  53. ^ NASAが月試料収集プロジェクトに日本のiSpaceなど4社を選抜、宇宙鉱業のパイオニア育成を目指す”. TechCrunch Japan (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  54. ^ 月着陸船と月面車を開発、民間プログラム『HAKUTO-R』の進捗は順調”. レスポンス(Response.jp) (2022年1月26日). 2023年12月18日閲覧。
  55. ^ 株式会社インプレス (2019年8月26日). “インドネシアのジョコ大統領、首都移転先にカリマンタン島の「北プナジャム・パスール県」「クタイ・カルタネガラ県」を選定”. トラベル Watch. 2023年12月18日閲覧。
  56. ^ 東カリマンタンへの首都移転、2024年中に開始”. JETRO. JETROビジネス短信 (2019年9月7日). 2019年9月7日閲覧。
  57. ^ "大韓航空がアシアナ航空に資金支援 合併の期限は「来年末」". 聯合ニュース. 聯合ニュース. 2 November 2023. 2024年1月4日閲覧
  58. ^ 今年の主役は「月」。2024年の宇宙開発系イベントまとめ”. ギズモード (2024年1月1日). 2024年1月4日閲覧。
  59. ^ 2024年注目の天文現象!2つの「彗星」の出現、「ペルセウス座流星群」、星が月に隠される「星食」”. 日本気象協会. 2023年12月31日閲覧。
  60. ^ 「デッドプール3」でウルヴァリン復活。'24年9月全米公開(AV Watch, 2022年9月28日)
  61. ^ 『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート(テクノエッジ 2022年8月10日)
  62. ^ 作中年表 ソードアート・オンライン 公式サイト - 電撃文庫”. 電撃文庫. 2024年1月13日閲覧。
  63. ^ キャラブック『ボボボーボ・ボーボ本』による。[1]も参照。


「2024年」の続きの解説一覧

2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/31 06:01 UTC 版)

月シリーズ」の記事における「2024年」の解説

オーティス少佐太陽第8光線発見し分離成功

※この「2024年」の解説は、「月シリーズ」の解説の一部です。
「2024年」を含む「月シリーズ」の記事については、「月シリーズ」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:30 UTC 版)

2020年代の日本」の記事における「2024年」の解説

この年3月まで(2023年度末)に、北陸新幹線金沢駅敦賀駅間が開業予定当初2022年度末に開業予定であったが、工事の遅れから延期された。 日本国政府が2024年度上期目途新紙幣発行新たに採用される肖像画人物渋沢栄一一万円紙幣)、津田梅子五千円紙幣)、北里柴三郎千円紙幣)となる。 高輪ゲートウェイ駅が2024年度に本格開業予定2020年開業暫定的なもの)で、周辺開発第1期)まちびらきも予定されている。

※この「2024年」の解説は、「2020年代の日本」の解説の一部です。
「2024年」を含む「2020年代の日本」の記事については、「2020年代の日本」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:56 UTC 版)

日本における携帯電話」の記事における「2024年」の解説

0131日ソフトバンクSoftBank 3G終了予定)。

※この「2024年」の解説は、「日本における携帯電話」の解説の一部です。
「2024年」を含む「日本における携帯電話」の記事については、「日本における携帯電話」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 01:02 UTC 版)

マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表」の記事における「2024年」の解説

5年と少し前、私たち含め宇宙の全生命半分消え去りました。そして8ヶ月前に勇敢なヒーローたち私たち連れ戻しくれました。“ザ・ブリップ”によって消えた私たちは、同じ時代戻ってきました。 」 —ベティ・ブラント『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より) 2024年は、人々消滅から一斉に復活した後の地球様子描かれている。人々帰還サノス打倒に命を賭して貢献したトニー功績は、物語として伝えられている。しかし、消滅から一斉に復活した人々国際機関支援されようになった代わりにザ・ブリップの間に存在し続けていた者たちが手助けされなくなるという世界的問題発生するなど、5年消滅していた人々復活させたことで生じ負の側面浮き彫りとなった『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 テン・リングス襲撃サンフランシスコシュー・シャン・チーテン・リングスのレーザー・フィストらに襲われ戦いになり、母の片身ペンダント奪われてしまう。ペンダント片割れを持つ妹が危ないと察したシャン・チーは、ケイティ・チェンと共に妹の元に向かう。 ゴールデン・ダガーズ・クラブの戦いマカオナイトクラブ“ ゴールデン・ダガーズ・クラブ”に到着したシャン・チーは、アボミネーションウォン試合観戦しクラブ主催者務め実妹シュー・シャーリン再会戦った直後クラブ襲撃したテン・リングス相手にも奮闘するが、現れたウェンウーによって捕まる。 シャン・チーたちはテン・リングス本拠地拘束されて、かつて偽テン・リングス首領マンダリン演じたスラッタリーとも接触。父の野望阻止するため、母の生まれの地であるター・ローへの手がかりを知り現地へ向かう。 ター・ローの戦いシャン・チーたちがター・ローへ到達自分たちのルーツとウェンウーの目的知り、ター・ローで武器授かり武術を学ぶ。テン・リングスがター・ローを襲撃し応戦したシャン・チー一度父に敗北騙されていたウェンウーが解放してしまった魔物群れ人々の魂を無差別に奪い始め、ター・ローの戦士たちテン・リングス共闘復活したシャン・チー今際の際のウェンウーから“テン・リングス”(腕輪)を受け継ぎ、“グレート・プロテクター”やシャーリンケイティ助力得て魔物親玉ドウェラー・イン・ダークネス”を倒す。 シャン・チーウォン仲介で、父から受け継いだリングについてブルースキャロル話し合い何らかの信号のようなものが発信されていることに気づくシャーリンテン・リングス新たな長となる。 『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』 チュニジア戦い - チュニジア領空でバトロック率いる“LAF”とサム交戦激し空中戦の末に、サムLAFメンバー多く倒し、バトロックらに捕われていたヴァッサンの救出成功するキャプテン・アメリカ2代目)登場 - 重圧感を抱えたサムは、悩んだ末にスティーブから託された盾をアメリカ寄贈これに伴い政府によってジョン・ウォーカーキャプテン・アメリカ2代目)就任する半年前から世間騒がせていた“フラッグ・スマッシャーズ”がスイス大掛かりな銀行強盗実行。これを知らされサムは、フラッグ・スマッシャーズに“超人血清”が関与していると睨み、彼らとの戦いのため、再会したバッキー同伴させて出発するミュンヘン戦い - ミュンヘン山間道路を走るトラックコンテナの上で、サムバッキーや、ウォーカー&レマー・ホスキンス/バトルスターがカーリ・モーゲンソウ率いフラッグ・スマッシャーズ初戦繰り広げるが、双方ペアがまともに連携できず、相手超人的パワー翻弄されたこともあって撃退され奪われ資材持ち逃げされる。 ウォーカーからの共闘申し出拒否したサムバッキーは、カーリらの追跡のため、刑務所から脱獄したジモ同伴させる。 マドリプール戦い - サム・バッキー・ジモは超人血清の手がかりを求めてマドリプール”に到着。この都市を裏で牛耳るパワー・ブローカーの取り巻き賞金稼ぎらにお尋ね者として狙われるも、再会したシャロン助力得てウィルフレッド・ネイゲルから血清に関する情報聞き出し賞金稼ぎらとの攻防切り抜けるリガでの連戦 - サムたちは次に赴いたリガで、ドンニャ・マダーニの葬儀訪ねていたカーリ説得しようとするが、ウォーカー横槍失敗ジモは、カーリ持っていた血清多く破棄するも、自分処遇を巡るウォーカー&レマーアヨ率いドーラ・ミラージュサム&バッキーによる三つ巴乱闘乗じて逃亡した。やがてサム&バッキーは、フラッグ・スマッシャーズと再対決し着服していた血清超人兵士となったウォーカー参戦カーリレマーの命を奪われウォーカー激昂しフラッグ・スマッシャーズニコ大衆眼前撲殺してしまう。 盾を巡る死闘ウォーカー資格剥奪 - キャプテン肩書きと盾に対して異様に固執するほど錯乱したウォーカー止めるために、サム&バッキー力を合わせてウォーカー挑み泥臭い死闘制して、盾を奪還アメリカ帰国したウォーカーは、前述過失より政府から、キャプテン・アメリカ資格剝奪不名誉除隊言い渡されてしまう。 ソコヴィア記念碑前にいたジモは、追いかけてきたバッキー自分を撃つよう求めるが、撃たれることなく同時に現れアヨたちに身柄預けられラフト刑務所収監される。 バッキー新たに出会ったイザイアたちとの交流、そして今回フラッグ・スマッシャーズとの一件などからサムは、“キャプテン・アメリカ”の使命背負覚悟を決めるキャプテン・アメリカ3代目)誕生フラッグ・スマッシャーズとの決戦 - バトロックらを加勢させたフラッグ・スマッシャーズニューヨークGRC会議場を襲うと、サムキャプテン・アメリカ3代目)として立ちはだかり、駆け付けたバッキーシャロンウォーカーと共にGRC議員たちを救いながら、カーリらとの決戦突入するその結果、バトロックとカーリシャロン射殺される最期を遂げるサム報道陣GRC議員たちに、カーリたちのような難民のためにGRCの力をどう使えばいいのか改め自問してほしいとスピーチする。その後逮捕されフラッグ・スマッシャーズのドヴィッチらは、ジモ密命受けたエズニックによって爆死するウォーカー接触してきたヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌからU.S.エージェントコードネーム与えられるキャプテン肩書き得たサムによって、スミソニアン博物館イザイア生い立ち貢献記録した石碑構えられ、シャロンアベンジャーズ内乱における罪が完全放免となり、アメリカ政府エージェントへの復職果たした。しかし、パワー・ブローカーであるシャロンは、これから知り得る政府機密などを裏社会に流すことを目論む『エターナルズ』 ディヴィアンツの復活:セルシとスプライトロンドン過去滅んだはずのディヴィアンツと遭遇、イカリスの援軍もあり退ける。セルシたちは世界各地散ったエターナルズ召集すべく行動開始するエターナルズ再結成:セルシはエターナルズリーダーであるエイジャックがディヴィアンツの手かけられたことを確認し、エイジャックの遺体残され思念からエターナルズリーダーの座を託されると、地球から新たなセレスティアルズのティアマト生まれることで地球滅ぶと知る。ディヴァンツへの対抗ティアマト復活阻止のためエターナルズ再結成されるが、その最中ギルガメッシュがディヴィアンツのリーダークロ殺害されるティアマト誕生阻止洋上活発な火山活動起こす島がティアマト出現地と確信したセルシたちは、“ユニ・マインド”を起動すべく行動開始するも、エターナルズ離反して阻止しようとするイカリスとスプライト戦い挑まれ、その最中にもディヴィアンツが出現三つ巴戦いとなる。セナクロ倒してギルガメッシュの仇を取り、セルシはユニ・マインドを起動しエターナルズ全員力を借りてティアマト大理石変えて誕生阻止した。 エイジャックやギルガメッシュ死因生んだことと愛するセルシと敵対したことなどへの罪悪感抱えたイカリスは、太陽へと身投げして絶命スプライトエターナルズ仲間たちのもとに戻るが、セルシによって人間化しエターナルズ一同離散する。 他の星に居るエターナルズ真実告げるために接触しよう地球離れたセナマッカリ、ドルイグが、スターフォックスエロス)とピップ・ザ・トロルに遭遇し仲間危機告げられる地球残ったセルシ、キンゴ、ファストスにセレスティアルズ・アリシェムが審判の時までの猶予与えると警告残して去る。 セルシの恋人、デーン・ウィットマンが保管されていた古い剣に触れようとして謎の声聴く『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 イステンコ襲撃フューリーマリア擬態したタロスソレンが、メキシコイステンコで“地のエレメンタル”と戦うクエンティン・ベック遭遇するピーター彼の友人たちであるミッドタウン高校生徒たちが、科学史ツアー旅立つベックピーター追跡開始するカナル・グランデ戦い科学史ツアー一行が、旅行先であるヴェネツィアカナル・グランデベックと“水のエレメンタル”の戦い巻き込まれる。この戦い制したベックは、ミステリオ呼ばれるうになるピーターフューリー擬態)から、トニー遺作である“E.D.I.T.H.”を贈られフューリー擬態)のチーム協力余儀無くされるが、ツアー最中E.D.I.T.H.使用しアクシデントから観光バス攻撃しそうになってしまう。 プラハ・カーニバルの襲撃チェコプラハが“火のエレメンタル”による襲撃を受ける。ベックと、新スーツをまといナイトモンキーのあだ名得たピーター迎撃にあたる。最終的にベックがこれを制するピーターE.D.I.T.H.権限ベック明け渡す。 ミシェル・ジョーンズ(MJ)がピーターベックのホロプロジェクターを拾ったことを告げる。同時にMJピータースパイダーマンであることを知る。ホロプロジェクターが作動したことで、ベックホログラム使って戦い偽装していたことが明らかとなり、ベック欺瞞報告するためフューリー元へ向かう。 ベルリン待ち伏せドイツベルリン訪れたピーターベック待ち伏せしプロジェクター用いた罠に嵌める。ベックピーター電車にぶつけるものの、最終的にピーター電車内入り込んで気絶するピーターオランダ牢獄目覚めるハッピー連絡取り、彼が操縦してきたジェット機内で新たなスーツ作成しつつベック元へ向かう。 ロンドン戦いミステリオの一味偽造した合体エレメンタルズ”がロンドン襲撃駆け付けたピータードローン迎撃してホログラム解除し対峙したベックからE.D.I.T.H.奪取して騒動を終わらせ、巻き込まれMJたちを救出するベックピーターとの決戦致命傷負って絶命する。 ミステリオの一味スパイダーマンミステリオ殺害真犯人であると偽装し、スパイダーマン正体ピーターであるとベック公言する映像デイリー・ビューグルによって公開されるタロスコマンド・シップ地球離れて休暇中のフューリーに、擬態解いたタロスソレンミステリオ事件の顛末報告する『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 スパイダーマン正体であることを暴露されピーター親類知人マスコミ追われはじめ、ピーター本人ダメージ・コントロール局ミステリオ殺害容疑拘留されるが、マット・マードックの手腕によって釈放されるDr.オクトパスとの戦いピーター正体明かされことによる弊害解決するために、ストレンジが居るサンクタム・サンクトラム訪れる。ストレンジスパイダーマン正体忘れさせる呪文を行うも、その最中ピーター立て続け口出ししたことで失敗大学入学推薦取り付けるためにMIT副学長のもとを訪れた際に、Dr.オクトパス交戦する呪文失敗により並行世界から呼び寄せてしまったスパイダーマン正体を知る者たちを捕獲するようにストレンジから指示されピーターは、MJネッド協力仰いでエレクトロサンドマンサンクタム・サンクトラムに連れてくる。ノーマン・オズボーンメイ福祉団体保護されるグリーン・ゴブリン復活ストレンジ転移したノーマンらを元の世界戻そうするも死ぬ運命にあると知らされピーター一悶着の末に阻止するハッピーセーフハウスに匿って治療開始Dr.オクトパス正気戻しノーマン治療行おうとするが、グリーン・ゴブリン人格顕現し戦闘になり、リザードエレクトロサンドマン逃亡するグリーン・ゴブリンとの戦い最中ピーター庇ってメイ命を落とす。 3人のスパイダーマンメイ死なせ失意から姿を眩ましたピーター探すべくネッドストレンジから失敬していたスリング・リング使ってピーター会いたい念じたところ、転移させられていた並行世界2人ピーターピーター1、ピーター2が現れる打ちひしがれるピーター並行世界ピーター達は自分達の経験した親しい者の死の経験亡きベン教え大いなる力には責任が伴う」という言葉伝え奮起させる立ち向かう勇気取り戻したピーター並行世界ピーター達とネッドMJ協力得て治療手段開発しテレビで自由の女神グリーンゴブリン達に決着呼びかける自由の女神像での戦いグリーン・ゴブリン達を救うべく3人のスパイダーマン自由の女神像で戦う。チーム戦った事がないピーター1とピーター2はとの連携戸惑うも、アベンジャーズ在籍経験のあるピーター指揮奮闘して激闘の末に全員治療する記憶消去呪文失敗した影響から他のマルチバースからの浸食始まってしまい、事態収拾するためにピーター全ての人々から自身に関する記憶消去するようストレンジ提言するストレンジ魔術成功により、転移した者たちは元の世界に戻るが、こちらの世界ピーターを知る者が誰一人なくなってしまう。 暫くして冬の頃、魔術失った記憶戻そうMJネッド元に赴く普通の生活戻った彼らを見て皆を危険に巻き込まないように別離決意しメイの墓で喪に服すハッピー言葉を交わすニューヨークで一人暮らししながら高卒資格取得目指し、再びスパイダーマンとして活動再開する別の並行世界から転移していたエディ・ブロックとヴェノムグリーン・ゴブリンとの決戦直後元の世界へ戻る。彼らのシンビオート一部だけが残される

※この「2024年」の解説は、「マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表」の解説の一部です。
「2024年」を含む「マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表」の記事については、「マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 12:07 UTC 版)

メダロット (架空のロボット)」の記事における「2024年」の解説

RR社の宇宙テーマパークロボトル管理衛星クラスター漂流事件(『メダロットnavi』)が起こり人類宇宙メダロットとの接触すら対応を考慮しなくてはならなくなった事件後、「クラスター」は地球墜落している。

※この「2024年」の解説は、「メダロット (架空のロボット)」の解説の一部です。
「2024年」を含む「メダロット (架空のロボット)」の記事については、「メダロット (架空のロボット)」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:02 UTC 版)

2020年代」の記事における「2024年」の解説

詳細は「2024年」を参照 パリにて第33回夏季オリンピックパリオリンピック)が開催予定第60回アメリカ合衆国大統領選挙実施国際宇宙ステーション (ISS) の運用についてこの頃までの延長国際合意されている(NASA2030年まで運用継続する方針)。 アメリカ合衆国エネルギー省傘下にある国立再生可能エネルギー研究所は、この年までに風力発電によって、本国東海岸地域総消費電力20%供給できる見込んでいる。 カタルーニャ独立運動ではパリオリンピックに「独立カタルーニャ共和国」で参加することを標榜しており、この頃までに独立達成目指す思われる同時にスペインとの独立戦争へ発展危惧されるこの頃インド人口が約144000万人にまで増加し中国抜いて世界最多となる(国連2017年予測2019年予測では逆転するのは2027年とされる)。

※この「2024年」の解説は、「2020年代」の解説の一部です。
「2024年」を含む「2020年代」の記事については、「2020年代」の概要を参照ください。


2024年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 05:08 UTC 版)

2020 XR」の記事における「2024年」の解説

2028年12月衝突するかしないかは2024年の2020 XR地球による摂動決定する。2024年12月4日2020 XR地球から0.0147天文単位 (2,200,000 km)の距離を通過する不確実性は±800 km)。これにより、2020 XR公転周期10日長くなる予測される。 2024年12月4日に起こる地球接近前後3か月公転周期時期元期日付公転周期接近前2024年9月4日 1441日 接近2025年3月4日 1451日

※この「2024年」の解説は、「2020 XR」の解説の一部です。
「2024年」を含む「2020 XR」の記事については、「2020 XR」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2024年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2024年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2024年」の関連用語

2024年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2024年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2024年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月シリーズ (改訂履歴)、2020年代の日本 (改訂履歴)、日本における携帯電話 (改訂履歴)、マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表 (改訂履歴)、メダロット (架空のロボット) (改訂履歴)、2020年代 (改訂履歴)、2020 XR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS