アルジェリアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アルジェリアの意味・解説 

アルジェリア【Algeria】

読み方:あるじぇりあ

アフリカ北西部地中海面する国。正称、アルジェリア民主人民共和国。首都アルジェ地中海沿岸では農業工業が、サハラ砂漠地方で鉄鉱石天然ガス石油採掘が盛ん。フランス領から1962年独立人口34592010)。

[補説] 「阿爾及」とも書く。


アルジェリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 16:10 UTC 版)

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジアリビア、南東にニジェール、南西にマリモーリタニア、西にモロッコサハラ・アラブ民主共和国西サハラ)と国境を接する。北は地中海を隔ててスペインや旧宗主国フランスと向かい合う。首都はアルジェ


  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月16日閲覧([1]
  3. ^ “アルジェリアが非常事態宣言を解除、反体制派に譲歩”. ロイター (ロイター). (2011年2月25日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-19716720110225 2011年2月25日閲覧。 
  4. ^ a b c アルジェリア、モロッコと国交断絶 「敵対行為」めぐり” (日本語). AFP. 2021年8月25日閲覧。
  5. ^ a b アルジェ 対モロッコ強硬「西サハラで主権」反発『読売新聞』朝刊2021年11月22日(国際面)
  6. ^ “アルジェリア大統領、5選出馬撤回=抗議デモで転換、投票も延期”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2019年3月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031200202&g=int 2019年3月12日閲覧。 
  7. ^ “Le président algérien Abdelaziz Bouteflika démissionnera avant le 28 avril”. France 24. (2019年4月2日). https://www.france24.com/fr/20190401-algerie-abdelaziz-bouteflika-demission-avant-28-avril-mandat-presidence 2019年4月3日閲覧。 
  8. ^ “アルジェリアで大統領が辞任 20年の長期政権に批判高まり”. BBC News. BBC. (2019年4月3日). https://www.bbc.com/japanese/47796417 2019年4月4日閲覧。 
  9. ^ ピエリック・グルニエ (2019年12月18日). “大統領選で無党派のテブン元首相が勝利、反体制運動は激化も(アルジェリア)”. 独立行政法人日本貿易振興機構. 2022年10月23日閲覧。
  10. ^ “西サハラが“日本デビュー”、政府は国家として未承認も、AU側招待を黙認”. 毎日新聞. (2019年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20190830/k00/00m/030/010000c 2019年8月30日閲覧。 
  11. ^ a b アルジェリア基礎データ 日本国外務省
  12. ^ 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』pp.254-256
  13. ^ 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p.257
  14. ^ Algeria - Military Spending”. GlobalSecurity.org (2016年1月14日). 2018年7月20日閲覧。
  15. ^ “アルジェリア軍機が墜落 死者77人、生存者1人”. CNN. (2014年2月12日). http://www.cnn.co.jp/world/35043735.html 2014年2月12日閲覧。 
  16. ^ IMFによるGDP
  17. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  18. ^ « Algérie : les chinois révèlent le coût de la grande mosquée d'Alger » , sur Observ'Algérie, 29 avril 2019
  19. ^ East-West Highway - Road Traffic Technology”. 2010年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月9日閲覧。
  20. ^ “鹿島建設・大成建設・西松建設・間組・伊藤忠商事の共同企業体がアルジェリアで高速道路建設工事を受注”. 鹿島建設. https://www.kajima.co.jp/news/press/200609/20m1fo-j.htm 2018年7月25日閲覧。 
  21. ^ “Algerian East-West Expressway Project”. 中信建設. http://construction.citic/en/content/details_47_2362.html 2018年7月25日閲覧。 
  22. ^ “Algeria deals with Chinese firm to complete last artery motorway section”. 新華社. http://www.xinhuanet.com/english/2017-11/23/c_136772600.htm 2018年7月25日閲覧。 
  23. ^ “中国企業建設のアルジェリア高速道路が一部開通”. 人民網. http://j.people.com.cn/n3/2018/0421/c94476-9452174.html 2018年7月25日閲覧。 
  24. ^ 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p.35
  25. ^ “Algeria recognises Berber language” (英語). (2016年2月7日). https://www.bbc.com/news/world-africa-35515769 2019年6月15日閲覧。 
  26. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ag.html 2009年4月2日閲覧
  27. ^ 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p.355
  28. ^ 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p.72



アルジェリア(フランス領アルジェリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 08:52 UTC 版)

死刑執行人」の記事における「アルジェリア(フランス領アルジェリア)」の解説

フランスの植民地だったアルジェリア(フランス領アルジェリア)の死刑執行人はメイソニエ家が代々世襲受け継いできた。メイソニエ家の人間は代々フランス国籍の白人であり、アルジェリア人ではない。アンリ・ロシュ、アンドレ・ベルジェ、ニコラ・ロシュ親戚でありメイソニエ家と血縁関係にある。 彼らは法制度上はフランス死刑執行人であり、フランス同じくギロチン使用していた。1961年にアルジェリアがフランスから独立するに伴って失職したアントワーヌ-フランソワ-ジョセフ・ラセヌー (Antoine-François-Joseph Rasseneux) 1871–1885 グスタフ-エミール・・ラセヌー (Gustave-Émile Rasseneux) 1885-1892 ピエレ・ラペイレ (Pierre Lapeyre) 1892–1928 アンリ・ロシュ (Henri Roch) 1928-1944 アンドレ・ベルジェ (André-Léon Berger) 1944-1956 モーリス・メイソニエ(英語版フランス語版) (Maurice-Alexandre Meyssonnier) 1956-1947 フェルナン・メイソニエ (Fernand-Jean Meyssonnier) 1947-1961

※この「アルジェリア(フランス領アルジェリア)」の解説は、「死刑執行人」の解説の一部です。
「アルジェリア(フランス領アルジェリア)」を含む「死刑執行人」の記事については、「死刑執行人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アルジェリア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アルジェリア

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:54 UTC 版)

固有名詞

  1. アフリカ北部にある正式名称アルジェリア民主人民共和国首都アルジェ

翻訳


「アルジェリア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アルジェリア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルジェリア」の関連用語

アルジェリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルジェリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルジェリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの死刑執行人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルジェリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS