フランス人とは? わかりやすく解説

フランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:41 UTC 版)

フランス人(フランスじん、: peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。


  1. ^ (フランス語) Bilan démographique 2008 - INSEE (Institut National de la Statistique et des Études Économiques - French National Institute for Statistics and Economic Studies)
  2. ^ B04003. Total Ancestry Reported”. 2008 American Community Survey 1-Year Estimates. United States Census Bureau. 2010年7月10日閲覧。
  3. ^ Les merveilleux francophiles argentins-1”. Canalacademie.com. 2009年1月18日閲覧。
  4. ^ About Ancestry”. Ancestry.co.uk (2010年2月26日). 2011年11月12日閲覧。
  5. ^ The Education System in the French Community of Belgium”. www.eurydice.org (2007年8月). 2009年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月18日閲覧。
  6. ^ a b Vivre à l'étranger”. 2009年8月24日閲覧。
  7. ^ La influencia francesa en la vida social de Chile de la segunda mitad del siglo XIX “Los datos que poseía el Ministerio de Relaciones Exteriores de Francia en Chile al año 2008, tal como lo consignaba el Ministerio Plenipotenciario Francés en Chile, a un número cercano a los 1.000.000 descendientes de franceses en Chile..”
  8. ^ French Ethnic People in all Countries”. Joshua Project. 2011年11月12日閲覧。
  9. ^ 20680-Ancestry (full classification list) by Sex - Australia (Microsoft Excel download)”. 2006 Census. Australian Bureau of Statistics. 2008年5月19日閲覧。
  10. ^ 20680-Country of Birth of Person (full classification list) by Sex - Australia (Microsoft Excel download)”. 2006 Census. Australian Bureau of Statistics. 2008年5月27日閲覧。
  11. ^ Federal Statistical Office Germany”. Genesis.destatis.de. 2011年11月12日閲覧。
  12. ^ Población por nacionalidad y país de nacimiento. 2007. INE”. Ine.es. 2011年11月12日閲覧。
  13. ^ État et structure de la population – Données détaillées, Population résidante selon le sexe et la nationalité par pays, (su-f-01.01.01.03), Office fédéral de la statistique OFS”. Bfs.admin.ch (2010年1月29日). 2011年11月12日閲覧。
  14. ^ Jew, French Speaking Ethnic People in all Countries”. Joshua Project. 2011年11月12日閲覧。
  15. ^ Les Barcelonnettes au Mexique “On estime à 60 000 les descendants des Barcelonnettes, dispersés sur tout le territoire mexicain.”
  16. ^ Imigração e Racismo: dez anos nos media
  17. ^ État de la population (x1000) 1981, 1991, 2001-2007”. Statistiques.public.lu. 2011年11月12日閲覧。
  18. ^ CIA World Factbook
  19. ^ a b c 2000年、フランス領事館における在外フランス人登録者数(Maison des français de l'étranger, 2000) www.mfe.org pdf file
  20. ^ a b アメリカ合衆国1990年国勢調査における、家庭でフランス語(クレオールを除く)を使用している人口、Jack Jedwabにより下記のサイトで引用。L'immigration et l'épanouissement des communautés de langue officielle au Canada : politiques, démographie et identité
  21. ^ a b アメリカ合衆国2000年国勢調査における、フランス人の子孫と自己定義する人口(バスク人、ケイジャン人、フランス系カナダ人の子孫を除く)。pdf file, p.4 definitions p.222 (pdf file)
  22. ^ a b カナダ統計局、カナダ2001年国勢調査。エスニック・オリジン(民族的出自) [1][2]
  23. ^ 2000年国勢調査
  24. ^ Statbel 2004
  25. ^ 2004年時点で、Statbel によればワロン地域の人口が3,380,498人であり、うち83,483人がドイツ語話者である。ベルギーでは「言語国境線」が1963年9月1日に固定されて以降、言語に関する国勢調査は公的に禁じられている。Taalgrens(オランダ語版)またはFacilités linguistiques (フランス語版)を参照。
  26. ^ フランス国立国勢調査機関調査員ミシェル・トリバラ(Michèle Tribalat)による、ポピュラシオン誌2004年1号発表の研究による。 Michèle Tribalat's study
  27. ^ Eric Hobsbawm, Nations and Nationalism Since 1780: Programme, Myth, Reality (Cambridge Univ. Press, 1990; ISBN 0521439612)[E.J.ホブズボーム著、浜林正夫、嶋田耕也、庄司信訳『ナショナリズムの歴史と現在』大月書店、2001年、ISBN 4272510061]第2章"The popular protonationalism", pp.80-81。ホブスボームによれば、この点に関する主な典拠はFerdinand Brunot (ed.), Histoire de la langue française, Paris, 1927-1943, 13 volumes、特にその第9巻ということである。フランス革命以後の、フランス語の少数派の支配言語から国民言語への転化についてはRenée Balibar, L'Institution du français: essai sur le co-linguisme des Carolingiens à la République (Paris: Presses universitaires de France, 1985; ISBN 2130393020)[ルネ・バリバール『制度としてのフランス語:カロリング朝から共和制期の複言語体制について』)など参照のこと。
  28. ^ Ramos-Luisa et al. (2009), "Phylogeography of French male lineages (supplemental data from 23rd International ISFG Congress held from 14 to 18 September 2009 in Puerto Madero, Buenos Aires)", Forensic Science International 2: 439-441, doi:10.1016/j.fsigss.2009.09.026
  29. ^ "Sample collection was performed drawing blood of unrelated male individuals with French surname after informed consent", Ramos-Luisa et al. (2009)



フランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 17:43 UTC 版)

半島戦争」の記事における「フランス人」の解説

ジョゼフ・ボナパルト1768年 - 1844年スペイン国王ナポレオン・ボナパルトの兄。当初ナポリ王1806年 - 1808年)で、ボルボーン(ブルボン)朝の意向によりスペイン国王ホセ1世になった1808年 - 1813年)。スペイン旧体制改革と近代化目指すも、独立戦争現実前に挫折したジャン=バティスト・ジュールダン1762年 - 1833年フランスの元帥 ジャン=アンドシュ・ジュノー1771年 - 1813年フランス将軍外交官 オーギュスト・マルモン1774年 - 1852年フランスの元帥 アンドレ・マッセナ1758年 - 1817年フランスの元帥 ジョアシャン・ミュラ1767年 - 1815年ナポリ王フランスの元帥ナポレオン義理の兄弟でベルク大公1806年 - 1808年)に叙された。フランススペイン侵略端緒導いた。そして、ナポレオンの兄ジョゼフスペイン国王になるまでは、その地位希望したジョゼフナポリ王からスペイン王転出すると、ナポリ王国慰労褒章として与えられたニコラ=ジャン・ド・デュ・スールト1769年 - 1851年フランスの元帥スペインでの半島戦争指揮権保持したポルトガル1809年侵略しポルトガル国王への野心募らせたが、ウェルズリーシルヴェイラ連合軍によって退けられた。ワーテルローの戦い参謀長であった戦争大臣1830年 - 40年)。

※この「フランス人」の解説は、「半島戦争」の解説の一部です。
「フランス人」を含む「半島戦争」の記事については、「半島戦争」の概要を参照ください。


フランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 05:54 UTC 版)

諸国の人々」の記事における「フランス人」の解説

第1組曲の「フランス人」は、トリオ・ソナタ少女に基づいている。 ソナタ アルマンド クーラント第1番 クーラント第2番 サラバンド ジグ シャコンヌパッサカリア ガヴォット メヌエット

※この「フランス人」の解説は、「諸国の人々」の解説の一部です。
「フランス人」を含む「諸国の人々」の記事については、「諸国の人々」の概要を参照ください。


フランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 13:40 UTC 版)

イラリオン」の記事における「フランス人」の解説

アンヌ・イラリオン・ド・コタンタン - ルイ14世時代提督

※この「フランス人」の解説は、「イラリオン」の解説の一部です。
「フランス人」を含む「イラリオン」の記事については、「イラリオン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フランス人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フランス人

出典:『Wiktionary』 (2021/05/16 02:00 UTC 版)

名詞

フランスふらんすじん (furansujin))

  1. フランス国籍を持つフランス出身者

類義語

翻訳


「フランス人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フランス人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランス人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランス人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの半島戦争 (改訂履歴)、諸国の人々 (改訂履歴)、イラリオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフランス人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS