褒章とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 褒章 > 褒章 > 褒章の意味・解説 

ほう しょう -しやう [0] 【褒章】

栄典の一。社会公共文化などに尽くした人を表彰して授与される記章


褒章

読み方:ホウショウ(houshou)

人名救助者、徳行ある者、公共のために尽した者などに与えられる記章


褒章

我が国の褒章の種類


褒章(Medals of Honour

 明治14年に紅綬、緑綬、綬の各褒章が制定され、大正7年に紺綬、昭和30年に黄綬、紫綬の各褒章が制定されました。褒章のデザインは、「褒章」の二字桜の花で飾った円形メダルで、綬の色(紅、緑、黄、紫、、紺)により区分されます。

紅綬褒章
Medal with Red Ribbon
紅綬褒章

※ 左は略綬

緑綬褒章
Medal with Green Ribbon
緑綬褒章

※ 左は略綬

黄綬褒章
Medal with Yellow Ribbon
黄綬褒章

※ 左は略綬

紫綬褒章
Medal with Purple Ribbon
紫綬褒章

※ 左は略綬

藍綬褒章
Medal with Blue Ribbon
藍綬褒章

※ 左は略綬

紺綬褒章
Medal with Dark Blue Ribbon
紺綬褒章

※ 左は略綬

飾版(銀)
Silver Bar
飾版(銀)

飾版(金)
Gold Bar
飾版(金)


褒章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 03:33 UTC 版)

褒章(ほうしょう)は、日本栄典の一つ。社会公共の福祉文化などに貢献した者を顕彰するため、天皇から対象者に授与される。顕彰の対象となる事績により、紅綬褒章緑綬褒章黄綬褒章紫綬褒章藍綬褒章紺綬褒章の6種類が定められている。


注釈

  1. ^ 例:君塚(記章説)と小川(勲章説)の著書における扱い。
  2. ^ 2003年(平成15年)の栄典制度改革の前には、褒章は内閣の名で授与されたため、褒章の記には内閣の印が捺された。
  3. ^ 章の種印は1881年に後藤半左衛門光正が製作した[6][7]
  4. ^ 1881年(明治14年)の創設時は「自己ノ危難ヲ顧ミス人命ヲ救助セシ者」とされた。
  5. ^ なお、救助活動を行っても、力及ばず要救助者が落命した場合には授与されない。また、警察官自衛官消防吏員などの公務執行中の行為についても授与されない。

出典

  1. ^ 勲章及び褒章の英訳名(内閣府ホームページ)
  2. ^ 紺綬褒状 実物全国防犯協会連合会への多額の寄付により、日本遊技機工業組合に対して授けられたもの。
  3. ^ a b c d 紺綬褒章等の授与基準について (PDF) 、昭和55年11月28日閣議決定、内閣府賞勲局。
  4. ^ 褒章受章者の選考手続について (PDF) 、平成15年5月20日閣議了解、内閣府賞勲局。
  5. ^ a b c 勲章、記章、褒章等の授与及び伝達式例 (PDF) 、昭和38年7月12日閣議決定、内閣府賞勲局。
  6. ^ 造幣局製貨幣章牌類図録 附録・古金銀銅貨幣』 - 国立国会図書館デジタルコレクション、2019年8月14日閲覧。
  7. ^ 後藤光正『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 - コトバンク、2019年8月14日閲覧。
  8. ^ a b c d 褒章の種類及び授与対象、内閣府賞勲局。
  9. ^ 『官報』第1117号「詔勅」1887年3月25日。
  10. ^ 防海費献納者賞典内規ヲ定ム - 国立公文書館デジタルアーカイブ、2019年6月13日閲覧。
  11. ^ 『官報』第1218号「彙報」1887年7月21日。
  12. ^ 『官報』第1229号「宮内省達第4号」1887年8月3日。
  13. ^ 『官報』第3160号「彙報」1894年1月13日。
  14. ^ 大日本勅定褒章協会 1941- 1043〜1078コマ目。
  15. ^ 栄典制度の改革について (PDF) (平成14年8月7日閣議決定)、内閣府賞勲局、2012年。
  16. ^ 内柴事件が原因で2014年(平成26年)5月10日付で褫奪された(2014年(平成26年)7月30日付『官報』6342号9頁)。
  17. ^ a b 時代の変化に対応した栄典授与に関する提言 (PDF) 平成28年5月26日 時代の変化に対応した栄典の授与に関する有識者懇談会(内閣府) 2016年9月20日閲覧
  18. ^ 小野光賢・光景 略年表”. 憑の里【たのめのさとだより】信州・両小野地区振興会 . 2019年1月29日閲覧。
  19. ^ 換算基準は「罰金等臨時措置法」の規定および、"明治~平成 値段史" コインの散歩道(2018年7月16日閲覧)によった。
  20. ^ 大日本勅定褒章協会 1941, p. 紺1- 853コマ目。
  21. ^ 古賀常次郎氏が68度目の紺綬褒章受章 佐賀新聞 2018年10月3日
  22. ^ 褒章条例 - e-Gov法令検索、2019年8月14日閲覧。
  23. ^ 褒章条例取扱手続 - e-Gov法令検索、2019年8月14日閲覧。
  24. ^ 褒章の制式及び形状を定める内閣府令 - e-Gov法令検索、2019年8月14日閲覧。



褒章

出典:『Wiktionary』 (2011/05/06 23:32 UTC 版)

名詞

ほうしょう

  1. 栄典記章
  2. 法律栄典一種で、功績顕著表彰することを目的とする(褒賞条例第1条 - 紅綬褒章緑綬褒章黄綬褒章紫綬褒章藍綬褒章紺綬褒章)。

関連語

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




褒章と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「褒章」の関連用語





5
月桂冠 国語辞典
76% |||||

6
栄典 国語辞典
76% |||||

7
桂冠 国語辞典
76% |||||

8
国語辞典
76% |||||



褒章のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



褒章のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
内閣府内閣府
Copyright © Cabinet Office, Government of Japan. All Rights Reserved.
日本の勲章・褒章
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの褒章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの褒章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS