Medals of Honourとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の勲章・褒章一覧 > Medals of Honourの意味・解説 

褒章

我が国の褒章の種類


褒章(Medals of Honour)

 明治14年に紅綬、緑綬、綬の各褒章が制定され、大正7年に紺綬、昭和30年に黄綬、紫綬の各褒章が制定されました。褒章のデザインは、「褒章」の二字桜の花で飾った円形メダルで、綬の色(紅、緑、黄、紫、、紺)により区分されます。

紅綬褒章
Medal with Red Ribbon
紅綬褒章

※ 左は略綬

緑綬褒章
Medal with Green Ribbon
緑綬褒章

※ 左は略綬

黄綬褒章
Medal with Yellow Ribbon
黄綬褒章

※ 左は略綬

紫綬褒章
Medal with Purple Ribbon
紫綬褒章

※ 左は略綬

藍綬褒章
Medal with Blue Ribbon
藍綬褒章

※ 左は略綬

紺綬褒章
Medal with Dark Blue Ribbon
紺綬褒章

※ 左は略綬

飾版(銀)
Silver Bar
飾版(銀)

飾版(金)
Gold Bar
飾版(金)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Medals of Honourのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Medals of Honourのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
内閣府内閣府
Copyright © Cabinet Office, Government of Japan. All Rights Reserved.
日本の勲章・褒章

©2019 Weblio RSS