褒賞とは? わかりやすく解説

ほう‐しょう〔‐シヤウ〕【褒賞】

読み方:ほうしょう

[名](スル)すぐれた行為作品などほめたたえること。また、そのしるしとして与え金品褒美。「―を授与する」「善行認められて―される」

「褒賞」に似た言葉

表彰

(褒賞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 10:22 UTC 版)

表彰(ひょうしょう、commendation)とは、善行・功労・成果などを表に彰にする(公に明らかにする)とともに、被表彰者の功績及び実績に対して褒め称えることをいう。広義の意味では国家が功労者に対して位階勲等爵位勲章褒章などを授与する栄典も含めるが、社会的には栄典と表彰とは明確に区別されている。主な表彰を授与する主体としては、国及び地方公共団体企業公益法人学会などである。類似語として顕彰、褒彰などがある。また、は表彰の1種である。




「表彰」の続きの解説一覧

褒賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 13:41 UTC 版)

ジョージ・ザンベラス」の記事における「褒賞」の解説

2009年3月王立航空協会 (RAeS)のフェロー選ばれた2013年9月にはドーセット副統監任命された。 バス勲章 (ナイト・グランド・クロス) 2015年12月31日 バス勲章 (ナイト・コマンダー) 2012年6月12日 殊勲十字章 2001年4月6日 シエラレオネ従軍記章英語版エリザベス2世女王在位50年記念勲章英語版2002年 エリザベス2世女王在位60年記念勲章英語版2012年

※この「褒賞」の解説は、「ジョージ・ザンベラス」の解説の一部です。
「褒賞」を含む「ジョージ・ザンベラス」の記事については、「ジョージ・ザンベラス」の概要を参照ください。


褒賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 07:58 UTC 版)

シャーリー・チザム」の記事における「褒賞」の解説

1975年スミス大学から法学名誉博士号授与される1993年、「全米女性名誉の殿堂 (National Women's Hall of Fame) 」に殿堂入り2002年テンプル大学教授モレフィ・ケテ・アサンテ (Molefi Kete Aasante) の選ぶ『100人偉大なアフリカ系アメリカ人』のひとりに選ばれる

※この「褒賞」の解説は、「シャーリー・チザム」の解説の一部です。
「褒賞」を含む「シャーリー・チザム」の記事については、「シャーリー・チザム」の概要を参照ください。


褒賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 06:25 UTC 版)

アブドゥル・カラーム」の記事における「褒賞」の解説

カラームは、少なくとも30大学から博士号を受けている。さらに、インド最高の民間褒賞を三つ獲得している;1981年パドマ・ブーシャン勲章1990年パドマー・ヴィブーシャン賞、1997年バーラト・ラトナ賞

※この「褒賞」の解説は、「アブドゥル・カラーム」の解説の一部です。
「褒賞」を含む「アブドゥル・カラーム」の記事については、「アブドゥル・カラーム」の概要を参照ください。


褒賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 23:54 UTC 版)

体重別皇居マラソン大会」の記事における「褒賞」の解説

遠距離賞、ナイスペア賞、かわいいで賞など 参加賞大判バスタオル又はスポーツタオルまたは飲料水またはバックなど 体重1位 - 3位メダル、又はトロフィ、又は大杯駅伝 1位チーム参加者3名トロフィー優勝賞金。 この項目は、陸上競技関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:陸上競技/PJ陸上競技)。

※この「褒賞」の解説は、「体重別皇居マラソン大会」の解説の一部です。
「褒賞」を含む「体重別皇居マラソン大会」の記事については、「体重別皇居マラソン大会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「褒賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

褒賞

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:38 UTC 版)

名詞

ほうしょう

  1. すぐれた行為作品などにする称賛のこと。また、そのしるしとしてえる金品賞状など。褒賞金

関連語

翻訳


「褒賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「褒賞」の関連用語

褒賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



褒賞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの表彰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョージ・ザンベラス (改訂履歴)、シャーリー・チザム (改訂履歴)、アブドゥル・カラーム (改訂履歴)、体重別皇居マラソン大会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの褒賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS