国歌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 歌曲 > 国歌の意味・解説 

こっ‐か〔コク‐〕【国歌】

読み方:こっか

その国と国民象徴するものとしての歌曲。国の式典国際的な行事など演奏される。「―斉唱

和歌。「―大観


国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 02:07 UTC 版)

国歌(こっか)は、国家を象徴する歌曲または器楽曲のこと[1]


  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典
  2. ^ 堀 雅昭『戦争歌が映す近代』、葦書房、2001年、25-26頁
  3. ^ 團伊玖磨、「しっとりパイプのけむり」、p145、朝日新聞社、2000年、ISBN 4022574607



国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 10:13 UTC 版)

フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦」の記事における「国歌」の解説

試合先立つ国歌独唱では、アメリカ国歌ジェイミー・フォックスが、フィリピン国歌をガイル・バナウィスが務めた

※この「国歌」の解説は、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦」の解説の一部です。
「国歌」を含む「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦」の記事については、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦」の概要を参照ください。


国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:28 UTC 版)

国家・地域に関する世界一の一覧」の記事における「国歌」の解説

自由への賛歌世界一長い国歌。ギリシャおよびキプロス国歌。158番。 君が代歌詞がある国歌の中で世界一歌詞の短い国歌。五七調和歌元で平仮名32文字

※この「国歌」の解説は、「国家・地域に関する世界一の一覧」の解説の一部です。
「国歌」を含む「国家・地域に関する世界一の一覧」の記事については、「国家・地域に関する世界一の一覧」の概要を参照ください。


国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 16:43 UTC 版)

トルクメニスタンの音楽」の記事における「国歌」の解説

ソビエト連邦時代トルクメニスタンの国歌はアマン・ケキロフ(英語版作詞、ヴェリ・ムハトフ(英語版)[要リンク修正]作曲の「トルクメニスタンであった独立後の1997年に国歌が一新されサパルムラト・ニヤゾフ作詞行った独立、中立、トルクメニスタンの国歌が国となった

※この「国歌」の解説は、「トルクメニスタンの音楽」の解説の一部です。
「国歌」を含む「トルクメニスタンの音楽」の記事については、「トルクメニスタンの音楽」の概要を参照ください。


国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/22 04:15 UTC 版)

イヴ・ルテルム」の記事における「国歌」の解説

ベルギー建国記念日であった2007年7月21日RTBF記者当時組閣責任者であったルテルムに、なぜこの日祝日なのかという質問をした。ルテルム質問正しく答えることができず、さらにベルギー国歌『ブラバントの歌』を歌うことを要求されたものの、フランス国歌ラ・マルセイエーズ』を歌ってしまい、反発呼んでしまった。翌日テレビインタビューで「このようなささいなこと反応しないでほしい。私は、もっと重要な問題に取り組んでいる。彼らは私に損害を与えようとしている。私に損害を与える人間は、遅かれ早かれ報いを受けるだろう。」と応えた。まもなく首相に就任する予定であったルテルム口から出た報道関係者に対する脅しともとれるこの発言は、フランス語圏マスコミによって批判されることとなった

※この「国歌」の解説は、「イヴ・ルテルム」の解説の一部です。
「国歌」を含む「イヴ・ルテルム」の記事については、「イヴ・ルテルム」の概要を参照ください。


国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 09:00 UTC 版)

ジャージー」の記事における「国歌」の解説

国歌は「マ・ノルマンディー」である。フランス語と英語歌詞がある。

※この「国歌」の解説は、「ジャージー」の解説の一部です。
「国歌」を含む「ジャージー」の記事については、「ジャージー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国歌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

国歌

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:27 UTC 版)

名詞

こっか

  1. その国と国民代表する歌。日本君が代イギリスのゴッド・セイヴ・ザ・クィーン(キング)、フランスラ・マルセイエーズなど。
  2. 和歌別称

発音(?)

こ↘っか
こ↗っか

翻訳


「国歌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国歌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国歌」の関連用語

国歌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国歌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦 (改訂履歴)、国家・地域に関する世界一の一覧 (改訂履歴)、トルクメニスタンの音楽 (改訂履歴)、イヴ・ルテルム (改訂履歴)、ジャージー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS