ナポレオン・ボナパルトとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > イタリア諸国の君主 > ナポレオン・ボナパルトの意味・解説 

ナポレオン・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/09 08:16 UTC 版)

ナポレオン・ボナパルトフランス語: Napoléon Bonaparte1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランス軍人政治家である。ナポレオン1世フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年1815年)としてフランス第一帝政皇帝にも即位した。




注釈

  1. ^ フランス名ではシャルル・マリ・ボナパルト。しばしば貴族名の定冠詞をつけたディ・ブオナパルテまたはド・ボナパルトとも名乗ったり、署名したりしている。
  2. ^ コルシカ語: 「Nabulione Buonaparte」。コルシカ語イタリア語系の方言のなかでもかなり特殊で、「p」表記がbの発音に、「o」表記がuの発音に、なるなど独特の発音になるために表音表記ではこうなる。当時、コルシカ島では文語ラテン語がまだ使われており、実際の表記は表音とさらに異なって書くときは「Nabulion」とラテン語風となり、家族の一般的呼び名は「ナブリオ」になる。幼くしてフランス本土に渡ってフランス語を勉強するようになってからフランス語で書くイタリア語人名表記を使うように指導された。
  3. ^ 「ナポレオン(ナブリオーネ)」との名が付けられた3番目の子供で、同名の夭折した長兄が一人いる。一つ上の次兄もジョゼフ・ナポレオン(ジュゼッペ・ナブリオーネ)。またこのナポレオンという名前は伯父からとったもの。
  4. ^ 騎兵科は主に裕福な名門貴族の登竜門であり、彼らと同じ土俵に立てば出世の見込みがなかったため。他にも後に友人となるマルモンなども中産階級出身であり、身分や財産よりも学業や実務能力が重んじられる道を選んでいる。他の選択肢としては、数学が得意だったことから、天文学や測量などの専門知識が求められる海軍も考えていた。
  5. ^ これはルソーが「社会契約論」のなかでコルシカ島を革命が起こり憲法が成立する余地があるとした。若い頃のナポレオンはコルシカ民族主義者であった。
  6. ^ ナポレオンのフランス語は青年期まで、イタリア語の一方言であるコルシカ訛りがかなりはっきりとあった。前述のようにコルシカ語ではいくつかのアルファベットの表記が音と異なるため、特に固有名詞で言い間違いが多かったが、皇帝になってからは特にそれを誰も注意しなかった。
  7. ^ この頃はまだ少将の扱いだった。(cf. 「ルイ=ニコラ・ダヴー」)
  8. ^ フランス革命軍では将軍のランクを廃止したため、少将、中将、大将といった階級は存在しない。
  9. ^ 国内軍は治安維持を任務とする方面軍と同格の軍組織であり、国軍の総司令官という意味ではないので注意されたい。
  10. ^ 当時の北イタリアはオーストリアの支配を受けており、市民革命を成し遂げた新しい秩序の国から来たナポレオンの軍隊は、市民から解放軍として大きな歓迎を受けたといわれる。
  11. ^ この遠征に関しては、イギリスの海軍の力をそぐための有効策であったかどうか疑問視する見方もあり、対イギリス作戦のためというのは口実でこれまでの戦勝に自信を深めていたナポレオンが自らを古代ギリシアの英雄アレクサンドロス大王になぞらえたかったために言い出したものであり、イタリア戦線で独断でオーストリアとの講和交渉をはじめたりしたナポレオンを総裁政府も疎んじるようになっていたため厄介払いとしてそうした荒唐無稽な遠征を政府も容認したのだとみる見方もある。ナポレオンは、アレクサンドロス大王がしたのと同じように、考古学者を165人も同行させていた。このときにロゼッタ・ストーンが発見されたことはよく知られている。
  12. ^ 補給路も断たれペストなどの伝染病の中に残されたナポレオン軍の兵はこのあと2年近く抗戦したのちにオスマン・イギリス軍に降伏することとなる。
  13. ^ 1803年には、1フラン=10デシム=100サンチームという新しい通貨制度を制定した。1フランは純銀で約4.5グラムであった(この、いわゆるジェルミナール・フランは以後第1次世界大戦後まで採用されていた)。
  14. ^ 1808年には刑事訴訟法、1810年には刑法を定めるなど整備を逐次おこない、1810年ごろまでには法体系を確立した。
  15. ^ 全国を数個の大学管区に分割し、大学管区の中に、県ごとに中等学校、師範学校を置き、さらに小学校を多数設置した。そして教員不足を補うために、政治的妥協を図って聖職者による教育活動を許した。
  16. ^ 道路網、運河、港湾などの改修は、商工業の発展だけでなく軍事活動にも関わるものであり、ベルギー・オランダ、イタリア方面にまでひろがった広大な領土を支配するため全国に派遣された100人近い知事の最大の業務のひとつは土木建設だった。知事たちの重要な業務には警察業務もあり、迅速な情報伝達のために「テレグラフ」網がパリを中心として東西、南北に敷設された。手動で腕木を動かして信号を送るシグナルが数キロおきに立てられ、暗号文が伝達された。
  17. ^ 1808年にはナポレオン軍は再び教皇領に侵入し、この時には教皇領をフランス領に接収し、ティブル県およびトラジメーヌ県をおいた。ここに至ってピウス7世はナポレオンをローマ教会から破門とする。ナポレオンはこれに対してピウス7世を北イタリアのサヴォナに監禁した。教皇がローマへ戻れるのはナポレオン退位後、1814年になってからである。
  18. ^ かつて広大な領土を有していたスウェーデン王国は、カール12世の時代にロシアと戦ったものの、やはり焦土作戦と冬将軍に苦しめられた。そして、カール12世自身はポルタヴァの戦いに敗れて黒海北岸にあるオスマン帝国領に亡命した。1718年にカール12世が死ぬと、スウェーデンは一気に弱体化した。
  19. ^ ttp://www.tv-tokyo.co.jp/tohoho/back/041029.htmlテレビ東京『所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物事典』第24回ナポレオンと2人の妻 -
  20. ^ ラス・カーズの『セント=ヘレナ覚書』は日本語訳が刊行されている(小宮正弘編訳、潮出版社、2006年3月、ISBN 978-4-267-01710-0)。ほか、ナポレオンの従僕のルイ・ジョゼフ・ナルシス・マルシャン(1791年-1876年)の回想も抄訳されている(『ナポレオン最期の日 皇帝従僕マルシャンの回想』(藪崎利美訳、MK出版社、2007年、ISBN 9784990208219)。
  21. ^ ほとんどの癌患者はなんらかの合併症で亡くなる。ナポレオンの死直前の病状の激変は、通常の癌患者には見られないものであり、ナポレオン本人が毒殺を疑った理由でもある。また癌患者であっても、当然毒殺されうる。
  22. ^ cf. 「Napoleon Crossing the Alps
  23. ^ 東方遠征に随行した画家デノンの記録がある[16]
  24. ^ 脂肪に富んだ食事をして昼寝をすると、微小な脂肪細胞が胸管中で凝集し脂肪血栓を引き起こす危険性が高くなる。
  25. ^ 鶏肉をトマトをベースに煮込んだ料理。

出典

  1. ^ 「ナポレオン謀殺ミステリー」ディスカバリーチャンネルで放送。[要検証]
  2. ^ 両角 1994, pp. 282-284.
  3. ^ The Biology of Gastric Cancers. Timothy C. Wang, James G. Fox, and Andrew S. Giraud. 2009, 251-252.
  4. ^ ヒルマン博士の「ナポレオン1世の神経性内分泌異常症候群」およびフリュジェ博士の「脳下垂体異常」[要出典]
  5. ^ 両角 1998, pp. 298 ff.
  6. ^ ナショナルジオグラフィック日本版』2005年5月号[要ページ番号]
  7. ^ “Napoleon 'killed by his doctors'” (English). BBC News. (2004年7月22日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/3913213.stm 2014年4月12日閲覧。 
  8. ^ “犬の名前「イトラー」に町長が拒絶反応、その理由は フランス”. AFPBB News. (2014年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3025128 2014年9月6日閲覧。 
  9. ^ 『現代に生きる故事ことわざ辞典』宮越賢編、旺文社、p424。
  10. ^ 『現代に生きる故事ことわざ辞典』宮越賢編、旺文社、p433。
  11. ^ 『現代に生きる故事ことわざ辞典』宮越賢編、旺文社、p435。
  12. ^ 『世界の旅路 くにぐにの物語2 フランス』p190 千趣会1978年6月1日
  13. ^ 『世界の旅路 くにぐにの物語2 フランス』p191 千趣会1978年6月1日
  14. ^ ヘーゲル 1975[要ページ番号]
  15. ^ 浜 1985[要ページ番号]
  16. ^ Russel, Terence M. (2005), The Discovery of Egypt: Vivant Denon's Travels with Napoleon's Army (First British Edition ed.), The History Press, ISBN 0750941456 
  17. ^ ナポレオンの「二角帽子」競売へ、ワーテルローの戦いで敵の手に”. AFP (2018年6月16日). 2018年6月16日閲覧。
  18. ^ https://twinavi.jp/topics/tidbits/539fc75d-be1c-4e1c-bf2c-693b5546ec81
  19. ^ 『世界の旅路 くにぐにの物語2 フランス』p190 千趣会1978年6月1日
  20. ^ Napoleon I” (英語). Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年9月4日閲覧。
  21. ^ 戦略モードと会戦モードの二つがある
  22. ^ a b ナポレオンは登場するが、ナポレオニックゲームではない、またはその要素が極めて少ない
  23. ^ Talon soft社のBattlegroundシリーズの復刻・移植版





固有名詞の分類

イタリア諸国の君主 マリーア・ベアトリーチェ・デステ  ジョルジョ1世  アルベリーコ1世・ディ・スポレート  ナポレオン・ボナパルト
金羊毛騎士団員 フランツ・ヨーゼフ2世  ドゥアルテ・ピオ・デ・ブラガンサ  ナポレオン・ボナパルト  カルロ・アルベルト  ルイ・ボナパルト
フランス革命期の軍人 ルイ・マリー・テュロー  ジャン=バティスト・ベシェール  ナポレオン・ボナパルト  アンドレ・マッセナ  フランソワ・ジョゼフ・ルフェーヴル
ボナパルト家 カミッロ・フィリッポ・ボルゲーゼ  エリザ・ボナパルト  ナポレオン・ボナパルト  エリザベス・パターソン  ルイ・ボナパルト
ドイツの大公 ジョアシャン・ミュラ  ナポレオン・ボナパルト  ナポレオン・ルイ・ボナパルト
ベルク公 ジョアシャン・ミュラ  ナポレオン・ボナパルト  ナポレオン・ルイ・ボナパルト

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナポレオン・ボナパルト」の関連用語

ナポレオン・ボナパルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナポレオン・ボナパルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナポレオン・ボナパルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS