歩兵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 兵士 > 歩兵の意味・解説 

歩兵

読み方:ほへい・ふひょう

 「歩兵」とは、徒歩で戦闘に参加する兵士のことを意味する表現である。

「歩兵」とは・「歩兵」の詳しい解説

「歩兵」は、馬や航空機などに乗らず徒歩で戦う兵士を指す言葉である。軍隊において、最も人数が多いのが歩兵であり、数々の戦闘活躍した歴史がある。そして、軍隊の規模戦況によって、役割大きく異なる戦場で近接戦闘を行う際には、歩兵が先陣を切ることが多かった。そして、時には人の壁となり、拠点を守る役割を担うこともあった。歩兵は、比較軽装であるのが特徴で、武装も剣や手持ちの銃など、簡素なものがほとんどである。そのため、高い機動力実現することができ、様々な役割担えた。基本的な役割戦場における戦闘だが、治安維持攻め込まれ拠点復興なども、歩兵の仕事であった

現代でも、歩兵は重要な役割を担うことが多い。ただ、日本の場合軍隊持たないため、歩兵とは呼ばない陸上自衛隊における普通科呼ばれるものが、歩兵に相当する

「歩兵」の発音・読み方

「歩兵」の読み方は、「ほへい」である。ただ、将棋の駒を指す場合のみ、「ふひょう」という読み方となる。

「歩兵」の語源・由来

「歩兵」という呼称は、徒歩で移動する兵士ということ由来となっている。

「歩兵(将棋)」とは

将棋における「歩兵」は、最も数の多い駒である。初期配置では、それぞれの陣の全面配置され、壁の役割を担う移動範囲は前1マスのみであるが、相手陣地入って成ることができればと金」に変わり金駒と同じ範囲移動可能となる。数が多く、その全て金駒相当に成れ可能性秘めているため、将棋戦局において重要な役割を担うことは珍しくはない。

将棋には、二歩打ち歩詰めという、歩兵に関する禁止ルール設けられている。二歩は、同じ筋に歩兵を2つ以上おいてはいけないというものだ。同じ筋に歩兵をいくつも置けてしまうと、戦い単調でつまらなくなるからという理由で設定されている。そして、打ち歩詰めは、手持ちの歩兵を使って王手かけてはいけないというものである打ち歩詰めルール設けられている理由不明確だが、歩兵が寝返って相手の王を討つのは道義に反しているため、という逸話がある。

「歩兵」を含むその他の用語の解説

「歩兵部隊」とは


「歩兵部隊」は、歩兵のみで構成され部隊である。原則として1人指揮官が、複数人の歩兵を取りまとめるとなっている。また、騎兵砲兵など、他の部隊区別するために、歩兵部隊という言葉使用されることもある。

「歩兵の本領」とは


歩兵の本領」は、日本の軍歌である。1911年発表され戦場軍学校などで歌われた。そして、現代でも、自衛隊学校運動会などで、歩兵の本領一部改変した歌が歌われることがある

「歩兵戦闘車」とは


歩兵戦闘車」は、歩兵を乗せることができる兵器である。一般的に戦車呼ばれるものは、歩兵戦闘車であることが多い。戦場において、装甲によって歩兵を保護しながら輸送すると共に重火器使用して戦闘に参加するものがほとんどである。

「歩兵銃」とは


歩兵銃」は、歩兵が使用する銃である。主に、第二次世界大戦以前に使用されいたものを指す。軍から支給される場合多く代表的なものとしては三八式歩兵銃挙げられる

「歩兵砲」とは


歩兵砲」は、歩兵が使用する砲台だ。1本砲筒両脇大きな車輪付いている形で移動しながらの砲撃可能である現代戦闘では、小型化されて持ち運び容易になった砲撃兵器あるため大掛かりな歩兵砲使われることはほとんどない

「歩兵」の使い方・例文

「歩兵」を使用して例文作ると、「私の祖父は、歩兵として従軍していたそうだ」「彼は、歩兵から大名成り上がったことで有名である」「この戦争テーマにしたゲームでは、歩兵部隊配置結果左右するのような表現となる。将棋の駒意味する場合は、「彼は歩兵使い名人として知られている」「将棋教室で、初心者が歩兵の使い方学んでいる」といった使い方をする。

「歩兵」の英訳

「歩兵」を英訳すると、「infantry」や「infantry man」となる。また、foot soldier」と表現することも可能だ将棋の駒を指す場合は、「pawn」となる。チェスで、歩兵と似た動きをする、ポーンの駒を意味する単語だ。

かち‐いくさ【徒軍/兵】

読み方:かちいくさ

乗馬せず徒歩で戦う兵士

「―騎(むまいくさ)夾(はさ)み攻めて」〈前田本雄略紀〉

徒歩兵士戦闘


ふ‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【歩兵】

読み方:ふひょう

《「ぶひょう」とも》

⇒ほへい(歩兵)

将棋の駒の、歩(ふ)。


ほ‐へい【歩兵】

読み方:ほへい

徒歩で戦う兵。雑兵(ぞうひょう)。

陸軍で、小銃・機関銃擲弾筒(てきだんとう)などの小火器装備し徒歩で戦闘を行う兵。また、その兵科


歩兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/17 08:39 UTC 版)

歩兵(ほへい、: infantry)は、主に徒歩で戦闘する兵士である。戦闘治安維持災害対処などあらゆる任務に対応し、常に国防の骨幹となる戦力である。自衛隊用語では普通科という。


  1. ^ 歴史群像 2010年6月号PP28-32 坂本明「THE 未来歩兵」学習研究社


「歩兵」の続きの解説一覧

歩兵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:02 UTC 版)

名詞:ほへい

(ほへい)

  1. 軍隊兵科一つ戦場徒歩移動する兵士のこと。

発音(?)

関連語

翻訳

名詞:ふひょう

ふひょう

  1. 将棋一つ

発音(?)

  • フ↗ヒョー(0)

関連語

漢字表記

  1. かちいくさ」の漢字表記。

「歩兵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



歩兵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歩兵」の関連用語

歩兵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歩兵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歩兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歩兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS