偽装とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 偽装 > 偽装の意味・解説 

ぎ‐そう〔‐サウ〕【偽装/擬装】

読み方:ぎそう

[名](スル)

ある事実おおい隠すために、他の物事状況よそおうこと。「心中に―した殺人」「―工作

周囲のものと似た色や形にして姿を見分けにくくすること。特に、戦場などで行うもの。カムフラージュ。「戦車を―する」


偽装

作者村松友視

収載図書二十四粒の宝石
出版社講談社
刊行年月1995.12

収載図書二十四粒の宝石超短編小説傑作集
出版社講談社
刊行年月1998.11
シリーズ名講談社文庫

収載図書騙す人びと
出版社河出書房新社
刊行年月1999.7


偽装

作者大藪春彦

収載図書汚れた野望
出版社双葉社
刊行年月1996.11


偽装

作者今野敏

収載図書陽炎東京湾臨海署安積班
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.6
シリーズ名ハルキ・ノベルス

収載図書陽炎東京湾臨海署安積班
出版社角川春樹事務所
刊行年月2006.1
シリーズ名ハルキ文庫


偽装

作者朔司

収載図書風花の頃
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2006.5
シリーズ名民主文学


偽装

作者梓林太郎

収載図書北アルプス冬の罠
出版社徳間書店
刊行年月2008.3
シリーズ名徳間文庫


偽装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 23:52 UTC 版)

偽装(ぎそう)とは、事実とは異なるのにあたかもそれが本当であるかのように偽ることや、実態と異なる形態で契約等がされていることなどを言う。




「偽装」の続きの解説一覧

偽装(ぎそう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:14 UTC 版)

トリックスターズ」の記事における「偽装(ぎそう)」の解説

魔術対象の見た目変える魔術科学的に調べても、まずばれない。しかしDNA情報などはできず、あくまで外観のみである。

※この「偽装(ぎそう)」の解説は、「トリックスターズ」の解説の一部です。
「偽装(ぎそう)」を含む「トリックスターズ」の記事については、「トリックスターズ」の概要を参照ください。


偽装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:16 UTC 版)

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の記事における「偽装」の解説

スキル魔法及び装備の名称、見た目変更できる

※この「偽装」の解説は、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の解説の一部です。
「偽装」を含む「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の記事については、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の概要を参照ください。


偽装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:07 UTC 版)

歩兵の戦術」の記事における「偽装」の解説

偽装(camouflage)、隠蔽(concealment)及び囮(decoy)は、敵の情報収集活動阻害味方行動秘匿戦闘における生存率向上を目的とした一連の活動、またはその技術である。装備陣地兵士を偽装し、隠蔽することで敵が得られる情報不完全なものにすることによって、敵が得られる情報制限することができれば戦術的に優位に立てる。 また交戦おいても個々の歩兵生存守ってくれる。偽装を行う際は地形天候だけでなく、季節や色や輪郭線にも気をつけ視認性低めるようにすることが重要である考えられている。直線をぼかし、服装肌の色周囲の環境に合わせ、光を避けて物陰に潜み、装備金属音物音立てないようにしなければいけないまた、偽の戦闘陣地などで敵戦力誘導するともできる迷彩服は最も基本的な歩兵の偽装であり、各国独自に迷彩パターン研究している。森林などにおいては緑のフェイスペイントをつけ、枝葉体の輪郭隠せば視認性低下する

※この「偽装」の解説は、「歩兵の戦術」の解説の一部です。
「偽装」を含む「歩兵の戦術」の記事については、「歩兵の戦術」の概要を参照ください。


偽装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 05:41 UTC 版)

ツンデレ」の記事における「偽装」の解説

事情により本心隠している理由は色々だが悲劇的な相がある、本心秘めたままか近しい誰か教えていることがある

※この「偽装」の解説は、「ツンデレ」の解説の一部です。
「偽装」を含む「ツンデレ」の記事については、「ツンデレ」の概要を参照ください。


偽装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/12 11:26 UTC 版)

戦闘技術」の記事における「偽装」の解説

偽装はその場地形などを利用して兵士身を隠し、敵から発見されにくいように行動する技術である。生身人間が敵の軍用銃による先制攻撃から身を守る上でほぼ唯一の対抗手段であり、兵士生存性大きく影響する。 偽装において隠蔽すべきものとして形状・反射光色彩陰影移動挙げられる実例としては、立ち止まる時は物陰に隠れる事、物陰のない場所移動する際はできるだけ匍匐して進む事、金属製装備人間の皮膚など光沢のあるものには塗料や泥を塗ってツヤを消す事、音を立てる装備取り外すテープ類で固定する事、戦場環境に合わせた色の迷彩服着用する事、必要のない時には微動だにせず待ち続ける事、などが必要とされる

※この「偽装」の解説は、「戦闘技術」の解説の一部です。
「偽装」を含む「戦闘技術」の記事については、「戦闘技術」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「偽装」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

偽装

出典:『Wiktionary』 (2020/04/18 08:27 UTC 版)

名詞

(ぎそう)

  1. 事実異なることを人にじさせるために細工をすること。
  2. 周囲同じような色にするなどして紛れさせ、見つけにくくすること。カムフラージュ

語源

フランス語camouflage訳語[要出典]

別表記

擬装

関連語

翻訳

動詞

活用


「偽装」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



偽装と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「偽装」の関連用語

偽装のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偽装のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偽装 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトリックスターズ (改訂履歴)、痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (改訂履歴)、歩兵の戦術 (改訂履歴)、ツンデレ (改訂履歴)、戦闘技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの偽装 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS