特徴づけとは? わかりやすく解説

特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 23:05 UTC 版)

プリューファー整域」の記事における「特徴づけ」の解説

整域 R について以下は同値。 R はプリューファー整域(すなわち半遺伝的)である すべての torsionless(左または右)R-加群平坦である すべての torsion のない(左または右)R-加群平坦である すべての有限生成torsion のない R-加群射影的である 平坦加群部分加群平坦である 有限生成イデアルがすべて可逆である すべてのイデアル平坦である

※この「特徴づけ」の解説は、「プリューファー整域」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「プリューファー整域」の記事については、「プリューファー整域」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 21:42 UTC 版)

ケイリーグラフ」の記事における「特徴づけ」の解説

群 G は自分自身に左からの乗算作用するケイリー定理を参照)。これは群 G がそのケイリーグラフ作用しているとみることができる。明示的には、元 h ∈ G は頂点 g ∈ V(Γ) を hg ∈ V(Γ) へ移す。ケイリーグラフの辺集合この作用保たれる:辺 (g, gs) は辺 (hg, hgs) へ移される。群の左からの乗算による作用は単純推移的であり、とくにケイリーグラフ頂点推移的である。これは以下のケイリーグラフの特徴づけに繋がる: Sabidussiの定理グラフ Γ が群 G のケイリーグラフである必要十分条件グラフグラフ自己同型として群 G の単純推移的作用を持つことである。 ケイリーグラフ Γ = Γ(G, S) から群 G と生成集合 S を復元するには、まず頂点 v1 ∈ V(Γ) を選び、群の単位元ラベルづける。そしてグラフ Γ の各頂点 v に対しv1 を v へ移す群 G のただひとつの元でラベルづける。生成集合有限である必要十分条件グラフ局所有限であることである。

※この「特徴づけ」の解説は、「ケイリーグラフ」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「ケイリーグラフ」の記事については、「ケイリーグラフ」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 05:40 UTC 版)

非可算集合」の記事における「特徴づけ」の解説

集合非可算性には多くの同値言い換え存在する集合 X が非可算であることは以下の各条件とそれぞれ同値である: X から自然数全体への集合への単射存在しない。 X が空でなく、X の要素からなる ω-列をどのようにとっても、その列に入りそこねる X の元が出てくる。すなわち、X が空でなく、自然数集合から X への全射存在しない。 X の濃度有限で自然数全体集合濃度 ℵ 0 {\displaystyle \aleph _{0}} でもない。 X の濃度が ℵ 0 {\displaystyle \aleph _{0}} より真に大きい。 最初の3つの条件ZFのもとで同値である。しかし、3番目と4番目の条件同値性なんらかの選択原理ZFに付け加えない限り証明できない

※この「特徴づけ」の解説は、「非可算集合」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「非可算集合」の記事については、「非可算集合」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/08 15:03 UTC 版)

単項イデアル整域」の記事における「特徴づけ」の解説

整域 R に対して以下は同値である。 R は単項イデアル整域である。 R の任意の素イデアル単項イデアルである。 R は UFD かつデデキント整域である。 R の任意の有限生成イデアル単項イデアル(すなわち R はベズー整域)であり、かつ R は単項イデアルに関する昇鎖条件満足する。 R にはデデキント-ハッセ・ノルムが入る. 体のノルムデデキント-ハッセノルムだから、5 番条件からユークリッド整域PID であることが従う。4 番条件整域UFDあるため必要十分条件は、それがGCD整域(すなわち、任意の二元最大公約元を持つような整域)で、単項イデアルに対する昇鎖条件満足することである。 と類似する条件になっている整域ベズー整域あるため必要十分条件は、その任意の二元が「その二元線型結合あるような」最大公約元を持つことである。従って、ベズー整域GCD 整域であり、ゆえに 4 番条件PIDUFD であるこの別証明を示すものとなっている。

※この「特徴づけ」の解説は、「単項イデアル整域」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「単項イデアル整域」の記事については、「単項イデアル整域」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/04 08:37 UTC 版)

可解リー環」の記事における「特徴づけ」の解説

g を標数 0 の体上有限次元リー環とする。以下は同値である。 (i) g は可解である。 (ii) ad(g), g の随伴表現、は可解である。 (iii) g のイデアル ai有限列が存在して g = a 0 ⊃ a 1. . . a r = 0 , ∀ i [ a i , a i ] ⊂ a i + 1 . {\displaystyle {\mathfrak {g}}={\mathfrak {a}}_{0}\supset {\mathfrak {a}}_{1}\supset ...{\mathfrak {a}}_{r}=0,\quad \forall i[{\mathfrak {a}}_{i},{\mathfrak {a}}_{i}]\subset {\mathfrak {a}}_{i+1}.} (iv) [g, g] は冪零である。 (v) n 次元の g に対して、g の部分環 ai有限列が存在してg = a 0 ⊃ a 1. . . a n = 0 , ∀ i dima i / a i + 1 = 1 , {\displaystyle {\mathfrak {g}}={\mathfrak {a}}_{0}\supset {\mathfrak {a}}_{1}\supset ...{\mathfrak {a}}_{n}=0,\quad \forall i\operatorname {dim} {\mathfrak {a}}_{i}/{\mathfrak {a}}_{i+1}=1,} かつ各 ai + 1aiイデアル。このタイプの列は elementary sequence呼ばれる。 (vi) g の部分環 gi有限列が存在してg = g 0 ⊃ g 1. . . g r = 0 , {\displaystyle {\mathfrak {g}}={\mathfrak {g}}_{0}\supset {\mathfrak {g}}_{1}\supset ...{\mathfrak {g}}_{r}=0,} かつ gi + 1giイデアルで gi/gi + 1可換。 (vii) キリング形式 B はすべての X ∈ g と Y ∈ [g, g] に対して B(X, Y) = 0 を満たすカルタン判定法英語版))

※この「特徴づけ」の解説は、「可解リー環」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「可解リー環」の記事については、「可解リー環」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/24 20:03 UTC 版)

代数的な元」の記事における「特徴づけ」の解説

K のすべての元 a は明らかに K 上代数的である、なぜならば X - a の根だからだ。より一般に、 K の有限次拡大体すべての元 a は K 上代数的である。 実際、K の有限次(n 次としよう拡大は K 上有限次元ベクトル空間である。したがって 1, a, a2, ..., an の間に線型従属な関係があり、a を根に持つ多項式得られる代数的あるいは超越的な元という概念を、K と a を含む L の最小の部分環である K[a] を使って特徴づけることができる。環 K[a] の元は a の多項式として書ける L の元である。すなわち K[a] は多項式環 K[X] の X を a に写す環準同型 φ による像である。この準同型単射でないことと多項式が a で消えることは同値である。また、a が K[X] の多項式の根であれば、a は K[a] が根体あるよう既約多項式前の多項式因数)の根である。まとめると 元 a が K 上超越的であることと、K[a] と K[X] が同型である(同型は φ によって与えられる)ことは同値である。 元 a が K 上代数的であることと、K[a] が体であること同値である。 K(a) を、a を含む L の最小の部分体とする(K(a)元は a の有理式として書けるような L の元である)。これによって再び定式化することができる。 元 a が K 上代数的であることと K(a) = K[a] であることは同値である。 元 a が K 上代数的であることと K の拡大 K(a)有限次拡大であることは同値である。 (したがっ1つ目の性質から、K 上代数的な任意の元は K の有限次拡大元である)。

※この「特徴づけ」の解説は、「代数的な元」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「代数的な元」の記事については、「代数的な元」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:41 UTC 版)

圏同値」の記事における「特徴づけ」の解説

関手 F : C → D が圏同値定め必要十分条件は以下の3条件を満たすことである。 充満関手 任意の C のふたつの対象 c1, c2 について、関手 F の誘導する写像 HomC(c1, c2) → HomD(Fc1, Fc2) は全射 忠実関手 任意の C のふたつの対象 c1, c2 について、関手 F の誘導する写像 HomC(c1, c2) → HomD(Fc1, Fc2) は単射 本質的全射 任意の D の対象 d は C のある対象 c の像 Fc同型 随伴関手密接に関連する概念もある。関手 F : C → D, G : D → C について次の3つの条件同値である。 自然同型 FGID, ICGF存在する F は G の左随伴関手で、ふたつの関手充満かつ忠実である G は F の右随伴関手で、ふたつの関手充満かつ忠実である したがってふたつの関手間の随伴性は「非常に弱い形の同値関係」と見ることもできる。随伴関手間の自然変換与えられているとすると、これらすべての定式化から必要な情報明示的に構成することができて、どれを選ぶか決め必要がない。ここで証明しなければならない要となる性質随伴の counit が同型である必要十分条件右随伴充満かつ忠実となることである。

※この「特徴づけ」の解説は、「圏同値」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「圏同値」の記事については、「圏同値」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 07:37 UTC 版)

ウィーナー過程」の記事における「特徴づけ」の解説

ウィーナー過程 Wt次の条件 W0 = 0 Wt はほとんど確実に確率 1 で)連続 Wt独立増分持ち、0 ≤ s < t なる任意の s, t に対してWtWs正規分布 N(0, t − s) に従う によって特徴付けられる。ここで、N(μ, σ2) は期待値 μ, 分散 σ2 の正規分布を表す。また独立増分とは、「0 ≤ s ≤ t ≤ s′ ≤ t′ であるならば、WtWsWt′ − Ws′ とが独立な確率変数となる」ことを意味するレヴィ条件 (Lévy characterization) からウィーナー過程を特徴づけられる。この場合ウィーナー過程は、ほとんど確実に連続なマルチンゲールW0 = 0 かつ二次変分 [Wt, Wt] が t になるものとして特徴づけられる。 また、係数標準正規分布 N(0, 1) に従う独立な確率変数あるよう正弦級数表されるスペクトル表現を持つ確率過程としてウィーナー過程特徴付ける方法もある。このような表現カルーネン-レーヴェ定理英語版)を用いることで得られる平均 0, 分散 1 の独立同分布離散時間連鎖スケーリング極限は、ウィーナー過程確率収束する(ドンスカー定理英語版))酔歩と同様ウィーナー過程は、一次元または二次元において再帰的 (recurrent) (つまり、出発点半径任意の近傍確率 1 で無限回戻ってくる)となるが、三次元上では過渡的である。酔歩異なる点は、それがスケール不変であることである。つまりいかなる定数 α ≠ 0 についても α − 1 W α 2 t {\displaystyle \alpha ^{-1}W_{\alpha ^{2}t}} はウィーナー過程となる。ウィーナー測度ウィーナー過程によって誘導される、g(0) = 0 を満たす連続関数 g たちの成す関数空間上の確率分布である。ウィーナー測度に基づいて定義される積分ウィーナー積分と呼ぶことがある

※この「特徴づけ」の解説は、「ウィーナー過程」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「ウィーナー過程」の記事については、「ウィーナー過程」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 07:32 UTC 版)

ゴーストフェイス (アイデンティティー)」の記事における「特徴づけ」の解説

ゴーストフェイスは、マスク着けた人物の身元隠しやすくするために画面上現れている間は話す描写をされることはめったにない例外は負傷したきのうなり声とうめき声で、 編集段階ジャクソンによって吹き替えられる。ゴーストフェイスは、シリーズ2つの場面で画面上で話すだけである。これらの2つ機会では、彼の真の正体明らかになる直前である。ジャクソン吹き替えるゴーストフェイス音声は、電話他の人物と話すとき、または殺人者正体明らかにした時のボイスチェンジャー使用を示すときに用いられる。各映画の様々なキャラクター演じられているにもかかわらずゴーストフェイスは、誰が衣装着ているか誰がターゲット話しかけているかにかかわらず犠牲者電話挑発殺害後のナイフ儀式的な清掃犠牲者の喉を切り裂いてからの刺殺、ほぼ超人的な体力耐久力負傷した時の唸り声うめき声などの類似した性格身体的特徴を示すゴーストフェイスは、オリジナルのスクリームでは単に「The Killer」か「Father Death」(死の父)と呼ばれ、『スクリーム4』までその名前を呼ばれることはないが、クレジットでは「The Voice」と称されている。その名前は最初の映画ローズ・マッゴーワン演じるテイタム・ライリーが死の前に変装したステュワートを「Mr.ゴーストフェイス」と皮肉っぽい態度呼んだことに由来している。 ゴーストフェイス無しスクリーム考えられない...ロジャー・ジャクソンの声はとても優れ邪悪に洗練されている — 『スクリーム4』に戻る際のウェス・クレイヴン ゴーストフェイスはしばしターゲット挑発する傾向にあり、最初は話すときに自分自身魅力的軽薄なものであるとさえ表現する彼の会話は、他の人物についての自身の知識用いたりターゲット前に直接現れる前に意図グラフィカル説明したりして、挑戦的威圧的になる。クレイヴンジャクソンの声の演技を「邪悪な洗練」を持つゴーストフェイス見なしていた。意図した犠牲者との対決の際、ゴーストフェイスさまざまな方法描写される時には素早く効率的で、時には不器用落下したり、または追跡妨げ物体衝突したりするが、これは衣装着ている人によって異なる特徴である。ゴーストフェイス変装使用するすべての人物は、犠牲者あざけり有利に見えたときに殺害長引かせるという特徴共有している。ビリー/ステュワートゴーストフェイスは、犠牲者殺した後、彼らの内臓抜き取る。これは、機械式ガレージドア殺されたテイタム・ライリー (ローズ・マッゴーワン)には行われなかった ミッキールーミス夫人によってつくられ2番目のゴーストフェイス犠牲者刺殺するだけだが、しばしば公共の場目撃者がいる場で犯行を行う。 ローマン作り上げた3番目のゴーストフェイスは、演劇と映画小道具使用した犯行行いボイスチェンジャー使用して自身の声を他の多くの人々のように聞こえさせ他の人物疑念投げかけた。さらに、彼は特にシドニー挑発するためにモーリーン写真合成音声使用し血まみれの犯罪現場カバーに身を包みモーリーン殺人暗示して、彼女が正気を失った信じるように欺いたジルチャーリーによって作り出され4番目のゴーストフェイスは、周囲隠されたWebカメラマスクスパイカメラで各殺人撮影した。彼らは主に犠牲者刺殺するが、もし望むならさらに彼らのはらわた抜き取ることも行う。彼らはまた、世界マスコミ注目を集めるために一部殺人公開している。 ゴーストフェイス殺害動機映画ごとに異なりコスチューム着ているそれぞれの殺人者おいても異なっている。ビリー母親見捨てられたことで狂気追い込まれたと主張しモーリーンのせいだとする彼が彼女への復讐果たした後、殺人続けることを選び、娘のシドニーへとターゲット移っていった。一方ステュワート同調圧力動機として挙げたスクリーム2では、ルーミス夫人は、彼女の動機息子の死犯人に対する単純な復讐として引用しミッキーは、自身逮捕され時に一連の殺人での彼の関与集まるという名声望んでいる。スクリーム3の敵であるローマンは、彼の母親モーリーン自分拒絶し見捨てた事に対す復讐で彼女の死を計画し、彼が拒絶され家族生活を持っていると見なした異母兄弟シドニー殺そうとしたスクリーム4では、シドニーを妬むジル新たな虐殺唯一の生存者と同様名声得たいと望む一方でチャーリーそれらの理由ジルへの愛のために彼女を助けたコスチュームでは、ゴーストフェイスは、親指人差し指ナイフ刃をつかみ、殺人後の手からナイフ先端手を引くことで血を拭き取る儀式的なマナー共有している。 一連の動作は、『スクリーム』における多くのシーンでのゴーストフェイススタントマン務めていたDane Farwellによって特徴づけられた。それぞれの殺人者は、ほぼ完璧なステルス見つからずに徘徊し静かに移動しターゲット防御から効率的に消えるなど、効果的な身体能力有していると描写されている。さらに、殺人者は『スクリーム2』で二人訓練され刑事自力で倒したように、犠牲者圧倒するのに十分な力を発揮する傾向があるゴーストフェイス深刻な身体の負傷耐えるばかりか無視でき、鈍的外傷、刺傷銃撃生き延びられることが示されている。ビリーミッキーローマンジルは、全員以前に重傷負っていたにもかかわらず、殺すために頭を撃つか胸を銃で何発も撃たれなければ死ななかった。

※この「特徴づけ」の解説は、「ゴーストフェイス (アイデンティティー)」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「ゴーストフェイス (アイデンティティー)」の記事については、「ゴーストフェイス (アイデンティティー)」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 23:28 UTC 版)

固体化学」の記事における「特徴づけ」の解説

キャラクタリゼーションと呼ぶ

※この「特徴づけ」の解説は、「固体化学」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「固体化学」の記事については、「固体化学」の概要を参照ください。


特徴づけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 13:38 UTC 版)

木 (数学)」の記事における「特徴づけ」の解説

n 個の点からなるグラフ T について次は同値である。 T は木である T に閉路はなく、 n − 1 本の辺を持つ T は連結で、 n − 1 本の辺を持つ T は連結で、すべての辺はである T の任意の2点を結ぶがちょう1つある T に閉路はないが、新しい辺をつけ加える閉路が必ず1つできる

※この「特徴づけ」の解説は、「木 (数学)」の解説の一部です。
「特徴づけ」を含む「木 (数学)」の記事については、「木 (数学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特徴づけ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「特徴づけ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

特徴づけのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特徴づけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプリューファー整域 (改訂履歴)、ケイリーグラフ (改訂履歴)、非可算集合 (改訂履歴)、単項イデアル整域 (改訂履歴)、可解リー環 (改訂履歴)、代数的な元 (改訂履歴)、圏同値 (改訂履歴)、ウィーナー過程 (改訂履歴)、ゴーストフェイス (アイデンティティー) (改訂履歴)、固体化学 (改訂履歴)、木 (数学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS