依存とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 依存 > 依存の意味・解説 

い‐そん【依存】

読み方:いそん

[名](スル)《「いぞん」とも》他に頼って存在、または生活すること。「会の運営寄付金に―する」「―心」


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 06:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「依存」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「依存」を含むページの一覧/「依存」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「依存」が役に立つかも知れません。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 08:46 UTC 版)

クラス図」の記事における「依存」の解説

クラスA、Bがあるとする。Aのメソッド内でBのメソッド呼び出すなら、AはBに依存している。またはAのメソッドがその引数の型、返り値の型、ローカル変数の型に、Bを使用するなら、AはBに依存している。Aの振る舞いがBによって変動することが依存になる。Aはclient/sourceとされ、Bはserver/targetとされる。A …> Bと表記される。 依存でのAはBの型情報を持つが、Bのインスタンス存在および個数までは把握していない。故に依存は、関連集約合成より弱い関係とされる。 依存(dependency)は、破線矢印表記されるclient …> serverとされる。依存線の中央には依存内容を« »で囲って付記できる。

※この「依存」の解説は、「クラス図」の解説の一部です。
「依存」を含む「クラス図」の記事については、「クラス図」の概要を参照ください。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 16:50 UTC 版)

メタバース」の記事における「依存」の解説

ユーザーメタバースに対する依存は、メタバースに関する懸念事項1つである。インターネット依存症ソーシャルメディア、およびビデオゲーム依存症は、うつ病不安神経症肥満など、長期間にわたって精神的および肉体的な影響を与える可能性がある専門家は、メタバース既存インターネット技術と同様の方法で現実からの「逃避」として使用される可能性懸念している

※この「依存」の解説は、「メタバース」の解説の一部です。
「依存」を含む「メタバース」の記事については、「メタバース」の概要を参照ください。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 13:41 UTC 版)

スボレキサント」の記事における「依存」の解説

アメリカ食品医薬品局FDA)の説明資料では、慢性的に使用した後の急な中止によって、反跳性不眠離脱作用生じないとされ、臨床試験では3か月から12か月使用後にも、そういった現象観察されていない

※この「依存」の解説は、「スボレキサント」の解説の一部です。
「依存」を含む「スボレキサント」の記事については、「スボレキサント」の概要を参照ください。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:32 UTC 版)

コンポーネント図」の記事における「依存」の解説

コンポーネント図では、コンポーネント同士依存関係を示すことができる。 依存関係ステレオタイプには、包含していることを示す<>と実現する生産物を示す<>がある。 そのコンポーネント必須のインタフェースへの依存関係は、破線ではなく実線表現するまた、末端矢印ではなくロリポップを覆う半円表現する

※この「依存」の解説は、「コンポーネント図」の解説の一部です。
「依存」を含む「コンポーネント図」の記事については、「コンポーネント図」の概要を参照ください。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 04:36 UTC 版)

精神刺激薬」の記事における「依存」の解説

薬物依存症は、乱用がすすみ耐性形成され使用量増加し使用に対する渇望があるといった診断基準満たした場合診断されうる。

※この「依存」の解説は、「精神刺激薬」の解説の一部です。
「依存」を含む「精神刺激薬」の記事については、「精神刺激薬」の概要を参照ください。


依存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 09:42 UTC 版)

カフェイン依存」の記事における「依存」の解説

人はカフェイン長期使用によって、軽度の身体的依存形成されうる 。DSM-IV-TRでは実際に薬物乱用薬物依存症満たすほどカフェイン依存性深刻だというデータ不足するため、診断名用意されていないカフェイン嗜癖Caffeine addiction)や、病的で強迫的使用といった形態は、ヒトについては文書化されていない

※この「依存」の解説は、「カフェイン依存」の解説の一部です。
「依存」を含む「カフェイン依存」の記事については、「カフェイン依存」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「依存」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

依存

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:41 UTC 版)

名詞

依 存(いそん / いぞん)

  1. 頼っ存在すること。

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
依存-する

翻訳

派生語


「依存」の例文・使い方・用例・文例




依存と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「依存」に関係したコラム

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「依存」の関連用語

依存のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



依存のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの依存 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラス図 (改訂履歴)、メタバース (改訂履歴)、スボレキサント (改訂履歴)、コンポーネント図 (改訂履歴)、精神刺激薬 (改訂履歴)、カフェイン依存 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの依存 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS