薬物依存症とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 薬物依存症の意味・解説 

やくぶつ‐いそんしょう〔‐イソンシヤウ〕【薬物依存症】

読み方:やくぶついそんしょう

自己の意思薬物使用制御できなくなる精神疾患依存症一つ脳内神経伝達物質異常に分泌されることにより起こ病気意志性格の改善解決することは困難で専門的な治療が必要。


薬物依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 07:14 UTC 版)

薬物依存症(やくぶついそんしょう、やくぶついぞんしょう、: substance dependence)とは、薬物を摂取した場合、薬物の効果が薄れる薬物耐性が形成され、同量の摂取量では離脱時と同様の離脱症状と渇望を呈する等の診断基準を満たした精神障害である[2][3]。以上のような身体症状を示す身体的依存を含まない場合は、単に薬物乱用の状態である。しかしながら、ともに生活の支障や身体への害を認識しているにもかかわらず、薬物使用の抑制が困難になっている病態である。薬物依存症は、すべての精神障害の頻度の高い要因である[4]。中毒の言葉は、医学的に嗜癖 (addiction) と呼ばれ[5]、毒性作用が生じている状態を指すが、このような医学的な意味と異なって使用されている[6]。欧米でも、LSDのように身体的依存や渇望を起こさず、単に好奇心から乱用される薬物についての議論により嗜癖という言葉で区別されてきたが、一般的には混同される[7]


  1. ^ a b c “Development of a rational scale to assess the harm of drugs of potential misuse”. Lancet 369 (9566): 1047–53. (March 2007). doi:10.1016/S0140-6736(07)60464-4. PMID 17382831. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0140-6736(07)60464-4. 
  2. ^ a b 世界保健機関 (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders: Clinical descriptions and diagnostic guidelines (Report). World Health Organizetion. pp. 4-5. http://www.who.int/substance_abuse/terminology/ICD10ClinicalDiagnosis.pdf 2014年6月4日閲覧。. 
  3. ^ a b アメリカ精神医学会 (2000). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders: DSM-IV-TR :Text Revision (4ed. ed.). American Psychiatric Pub. pp. 197-198. ISBN 0890426651. http://books.google.co.jp/books?id=w_HajjMnjxwC&pg=PA199 
  4. ^ a b c d アレン・フランセス『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』金剛出版、2014年3月、138 - 145頁。ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5R, The Guilford Press, 2013.
  5. ^ a b 柳田知司「薬物依存関係用語の問題点」 (pdf) 『臨床薬理』第6巻第4号、1975年、 347-350頁、 doi:10.3999/jscpt.6.347NAID 130002041760
  6. ^ a b (編集)日本緩和医療学会、緩和医療ガイドライン作成委員会「薬理学的知識」『がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン』金原出版、2010年6月20日、第1版;2010年ISBN 978-4-307-10149-3
  7. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 2009, pp. 348,354 - 355.
  8. ^ a b c d 世界保健機関 2009, pp. 4 - 5.
  9. ^ a b Lopez-Quintero, Catalina; Hasin, Deborah S.; de los Cobos, José Pérez; et al. (2011). “Probability and predictors of remission from life-time nicotine, alcohol, cannabis or cocaine dependence: results from the National Epidemiologic Survey on Alcohol and Related Conditions”. Addiction 106 (3): 657 - 669. doi:10.1111/j.1360-0443.2010.03194.x. PMC 3227547. PMID 21077975. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3227547/. 
  10. ^ a b c d e f g The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University 2012, pp. 88 - 92.
  11. ^ a b The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University 2012, pp. 102 - 103.
  12. ^ a b c 小林桜児「統合的外来薬物依存治療プログラム―― Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program(SMARPP)の試み――」『精神神經學雜誌』第112巻第9号、2010年9月、 877 - 884頁、 NAID 10028059555
  13. ^ a b c 松本俊彦「地域における薬物依存症治療プログラム普及の必要性」 (pdf) 『若年層向け薬物再乱用防止プログラム等に関する企画分析報告書』平成24年度、内閣府、2013年2月、 55 - 58頁。 資料概要
  14. ^ a b c d 松本俊彦 2012, pp. 17 - 18.
  15. ^ 世界保健機関 2009, p. 10.
  16. ^ War on Drugs. The Global Commission on Drug Policy. (2011). p. 24. http://www.scribd.com/fullscreen/56924096?access_key=key-xoixompyejnky70a9mq 
  17. ^ a b 世界保健機関 2009, p. 32.
  18. ^ a b c d e 石塚伸一、石塚伸一・編集「日本の薬物対策の悲劇」『日本版ドラッグ・コート:処罰から治療へ』日本評論社〈龍谷大学矯正・保護総合センター叢書 第7巻〉、2007年5月、6 - 15頁。ISBN 4535585040
  19. ^ “Chapter 15: Reinforcement and Addictive Disorders”. Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Medical. (2009). pp. 364–375. ISBN 9780071481274 
  20. ^ Nestler EJ (December 2013). “Cellular basis of memory for addiction”. Dialogues Clin. Neurosci. 15 (4): 431–443. PMC 3898681. PMID 24459410. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3898681/. 
  21. ^ Glossary of Terms”. Mount Sinai School of Medicine. Department of Neuroscience. 2015年2月9日閲覧。
  22. ^ “Neurobiologic Advances from the Brain Disease Model of Addiction”. N. Engl. J. Med. 374 (4): 363–371. (January 2016). doi:10.1056/NEJMra1511480. PMID 26816013. 
  23. ^ 中村春香、成田健一「嗜癖とは何か-その現代的意義を歴史的経緯から探る」『人文論究』第60巻第4号、2011年2月、 37-54頁、 NAID 120003802584
  24. ^ 世界保健機関 (1957) (pdf). WHO Expert Committee on Addiction-Producing Drugs - Seventh Report / WHO Technical Report Series 116 (Report). World Health Organization. pp. 9-10. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_116.pdf. 
  25. ^ 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 6. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf  (HTML版 introductionが省略されている
  26. ^ a b c d e f Bearn, Jenny; O'Brien, Matthew (2015). ““Addicted to Euphoria””. Int. Rev. Neurobiol. 120: 205-233. doi:10.1016/bs.irn.2015.02.005. PMID 26070759. 
  27. ^ 健康日本21
  28. ^ 世界保健機関 2003, pp. 22 - 24.
  29. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 192.
  30. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 4.
  31. ^ a b Lopez-Quintero C, Pérez de los Cobos J, Hasin DS, Okuda M, Wang S, Grant BF, Blanco C (2011-5). “Probability and predictors of transition from first use to dependence on nicotine, alcohol, cannabis, and cocaine: results of the National Epidemiologic Survey on Alcohol and Related Conditions (NESARC)”. Drug Alcohol Depend 115 (1-2): 120–30. doi:10.1016/j.drugalcdep.2010.11.004. PMC 3069146. PMID 21145178. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3069146/. 
  32. ^ a b Das, S.; Barnwal, P.; Ramasamy, A.; et al. (2016). “Lysergic acid diethylamide: a drug of 'use?”. Therapeutic Advances in Psychopharmacology 6 (3): 214 - 228. doi:10.1177/2045125316640440. PMID 4910402. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4910402/. 
  33. ^ WHO Programme on Substance Abuse 1996, p. 21.
  34. ^ 「依存症のメカニズム解明」クロス・アディクションの病態生理を担う脳内ミクログリア活性化機構の解明 研究成果報告書 2016年12月26日閲覧
  35. ^ Mark R, et al. (2008). “Minocycline suppresses morphine-induced respiratory depression, suppresses morphine-induced reward, and enhances systemic morphine-induced analgesia.”. en:Brain, Behavior, and Immunity. 22 (8): 1248 - 56. doi:10.1016/j.bbi.2008.07.008. PMC 2783326. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2783326/. 
  36. ^ Hu Chen, et al. (2009). “Minocycline affects cocaine sensitization in mice.”. en:Neuroscience Letters. 452 (3): 258 - 61. doi:10.1016/j.neulet.2009.01.078. PMC 2680252. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2680252/. 
  37. ^ Bergeson SE, et al. (2016-12). “Tigecycline Reduces Ethanol Intake in Dependent and Nondependent Male and Female C57BL/6J Mice.”. en:Alcoholism: Clinical and Experimental Research. 40 (12): 2491-8. doi:10.1111/acer.13251. PMID 27859429. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/acer.13251/abstract. 
  38. ^ Martinez JM, et al. (2016-12). “Effective Reduction of Acute Ethanol Withdrawal by the Tetracycline Derivative, Tigecycline, in Female and Male DBA/2J Mice.”. en:Alcoholism: Clinical and Experimental Research. 40 (12): 2499-505. doi:10.1111/acer.13259. PMID 27862011. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/acer.13259/abstract. 
  39. ^ Robert S., Gable. “Acute Toxicity of Drugs Versus Regulatory Status”. In Jeffeson M. Fish. Drugs and society : U.S. public policy. Rowman & Littlefield. pp. 149 - 162. ISBN 0-7425-4245-9. http://books.google.co.jp/books?id=xpZhjBuDkuwC 
  40. ^ Harris, E. C.; Barraclough, B. (March 1997). “Suicide as an outcome for mental disorders. A meta-analysis”. The British Journal of Psychiatry 170 (3): 205 - 228. doi:10.1192/bjp.170.3.205. PMID 9229027. 
  41. ^ Blanco, Carlos; Secades-Villa, Roberto; García-Rodríguez, Olaya; et al. (2013). “Probability and predictors of remission from life-time prescription drug use disorders: Results from the National Epidemiologic Survey on Alcohol and Related Conditions”. Journal of Psychiatric Research 47 (1): 42 - 49. doi:10.1016/j.jpsychires.2012.08.019. PMID 22985744. 
  42. ^ Heyman, Gene M. (2013). “Addiction and Choice: Theory and New Data”. Frontiers in Psychiatry 4: 31. doi:10.3389/fpsyt.2013.00031. PMC 3644798. PMID 23653607. https://doi.org/10.3389/fpsyt.2013.00031. 
  43. ^ The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University 2012.
  44. ^ 岩永直子 (2021年1月27日). “「麻薬中毒者台帳は廃止して」 大麻使用罪創設なら守秘義務に配慮を”. BuzzFeed. 2021年1月28日閲覧。
  45. ^ The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University 2012, p. 88.
  46. ^ 世界保健機関 2004, pp. 107 - 109.
  47. ^ 『認知行動療法事典』日本認知・行動療法学会、丸善出版、2019年、543頁。
  48. ^ 『認知行動療法事典』日本認知・行動療法学会、丸善出版、2019年、583頁。
  49. ^ 『認知行動療法事典』日本認知・行動療法学会、丸善出版、2019年、123頁。
  50. ^ 松本俊彦 2012, p. 15.
  51. ^ 松本俊彦 2012, p. 103.
  52. ^ Krebs, T. S.; Johansen, P.-O. (2012). “Lysergic acid diethylamide (LSD) for alcoholism: meta-analysis of randomized controlled trials”. Journal of Psychopharmacology 26 (7): 994 - 1002. doi:10.1177/0269881112439253. PMID 22406913. 
  53. ^ Jones JL, Mateus CF, Malcolm RJ, Brady KT, Back SE (2018). “Efficacy of Ketamine in the Treatment of Substance Use Disorders: A Systematic Review”. Front Psychiatry: 277. doi:10.3389/fpsyt.2018.00277. PMC 6094990. PMID 30140240. https://reftag.appspot.com/doiweb.py?doi=10.3389/fpsyt.2018.00277. 
  54. ^ a b c Koenig, Xaver; Hilber, Karlheinz (2015). “The Anti-Addiction Drug Ibogaine and the Heart: A Delicate Relation”. Molecules 20 (2): 2208 - 2228. doi:10.3390/molecules20022208. PMC 4382526. PMID 25642835. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4382526/. 
  55. ^ ジョン・ホーガン 『科学を捨て、神秘へと向かう理性』 竹内薫訳、徳間書店2004年11月。ISBN 978-4198619503。213頁。(原著 Rational mysticism, 2003)
  56. ^ Johnson, M. W.; Garcia-Romeu, A.; Cosimano, M. P.; et al. (2014). “Pilot study of the 5-HT2AR agonist psilocybin in the treatment of tobacco addiction”. Journal of Psychopharmacology 28 (11): 983 - 992. doi:10.1177/0269881114548296. PMC 4286320. PMID 25213996. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4286320/. 
  57. ^ Pisano, Vincent D; Putnam, Nathaniel P; Kramer, Hannah M; et al. (2017). “The association of psychedelic use and opioid use disorders among illicit users in the United States”. Journal of Psychopharmacology: 026988111769145. doi:10.1177/0269881117691453. PMID 28196428. 
  58. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』、日本精神神経学会日本語版用語監修・高橋三郎・大野裕監訳・染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫・三村將・村井俊哉医学書院、2014年6月30日、517頁。ISBN 978-4260019071 
  59. ^ Lucas, Philippe; Walsh, Zach; Crosby, Kim; et al. (2016). “Substituting cannabis for prescription drugs, alcohol and other substances among medical cannabis patients: The impact of contextual factors”. Drug and Alcohol Review 35 (3): 326 - 333. doi:10.1111/dar.12323. PMID 26364922. 
  60. ^ a b 石塚伸一、石塚伸一・編集「はじめに」『日本版ドラッグ・コート:処罰から治療へ』日本評論社〈龍谷大学矯正・保護総合センター叢書 第7巻〉、2007年5月。ISBN 4535585040
  61. ^ 国連システム事務局長調整委員会 (2019年2月27日). “Second Regular Session Report (November 2018, New York)”. United Nation System. 2019年6月10日閲覧。 国連システム事務局長調整委員会 (2019年3月15日). “国連システム事務局長調整委員会(CEB)が「薬物政策に関する国連システムの 共通の立場」で満場一致で支持した声明文の和訳”. 日本臨床カンナビノイド学会. 2019年6月10日閲覧。
  62. ^ 国際麻薬統制委員会 (2019年6月). “State responses to drug-related criminality (PDF)”. International Narcotics Control Board. 2019年6月10日閲覧。
  63. ^ アヘン中毒のオウム、ケシ畑荒らす インド中部”. CNN (2019年3月3日). 2019年7月18日閲覧。
  64. ^ トイレに薬物流せば「覚醒剤ワニ」も、警察が注意喚起”. CNN (2019年7月16日). 2019年7月18日閲覧。



薬物依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 13:37 UTC 版)

長期増強」の記事における「薬物依存症」の解説

依存性薬物研究おいても長期増強注目集まっている。これは薬物依存症において、記憶学習強く形成されているという仮説あるためである。依存症複雑な神経行動学現象であり、腹側被蓋野 (VTA : ventral tegmental area) や側坐核 (NAc : nucleus accumbens) などの多くの部位関わっている腹側被蓋野側坐核シナプス長期増強起きることが示されており、この長期増強依存症特有の行動引き起こしていると考えられる

※この「薬物依存症」の解説は、「長期増強」の解説の一部です。
「薬物依存症」を含む「長期増強」の記事については、「長期増強」の概要を参照ください。


薬物依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:25 UTC 版)

医療大麻」の記事における「薬物依存症」の解説

大麻には、コカインアルコールオピエート鎮痛麻薬)の依存症における渇望緩和しオピエート依存治療結果改善するという研究結果がある。様々な調査があり、医療大麻アクセスできたことで67%がオピオイド鎮痛麻薬)をやめることができ、29%は使用量減らしたとか、別の調査では30%がすべてのをやめることができた[54]。24人の被験者ランダム化された二重盲検予備研究で、CBD吸入器からの吸入は、偽薬比較してたばこの本数有意に減少させた。

※この「薬物依存症」の解説は、「医療大麻」の解説の一部です。
「薬物依存症」を含む「医療大麻」の記事については、「医療大麻」の概要を参照ください。


薬物依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 04:07 UTC 版)

イボガイン」の記事における「薬物依存症」の解説

薬物嗜癖イボガインによって治療する方法支持する者は、公式・非公式な病院内で団体自立支援団体設立してきた。それらはカナダメキシコ西インド諸島コスタリカチェコフランススロベニアオランダブラジル南アフリカ共和国イギリスニュージーランドに存在しイボガイン実験的な薬剤として利用している。イボガイン性質完全に明らかになっていないものの、最も有効な治療法として10 (mg/kg)から20 (mg/kg)のイボガイン投与想定されており、これによりオピオイド禁断症状欲求絶てとされている多くのイボガイン服用者は白日夢見ている最中に、彼らを薬物依存駆り立てた原因であった個人的経験、あるいは彼らの持つ恐怖負の感情打ち克つのを助けるような癒し効果を持つ神秘的幻覚体験した報告している。治療後薬物断っている時期集中的なカウンセリング治療は、大きな効果を持つであろうとされているオピオイド他の薬物への依存症消失させるのに、より大きな効果を持つ、イボガイン用いた12から18か月にわたる第2第3段階を必要とする患者もいる。しかしながら少数の者は数日から数週間オピオイド依存完全に逆戻りしてしまう。イボガイン療法についての包括的論文として、ロストフによる「化学的依存障害治療におけるイボガイン臨床における展望 (Ibogaine in the Treatment of Chemical Dependence Disorders: Clinical Perspectives)」が知られ方法効果後遺症詳細記されている。 2018年研究によれば1回イボガイン治療によってオピオイド禁断症状緩和し12か月後に使用減少継続していた。 一方でイボガインは、エタノールベンゾジアゼピン禁断症状を、軽減しない。

※この「薬物依存症」の解説は、「イボガイン」の解説の一部です。
「薬物依存症」を含む「イボガイン」の記事については、「イボガイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薬物依存症」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「薬物依存症」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

薬物依存症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬物依存症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬物依存症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長期増強 (改訂履歴)、医療大麻 (改訂履歴)、イボガイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS