慢性疼痛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 疼痛 > 慢性疼痛の意味・解説 

慢性疼痛

【仮名】まんせいとうつう
原文chronic pain

軽度から重度までの様々な疼痛で、長期間渡り持続または進行する。

慢性疼痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/28 02:23 UTC 版)

慢性疼痛(まんせいとうつう、: chronic pain)は、“急性疾患の通常の経過あるいは創傷治癒に要する妥当な時間を超えて持続する痛み”と定義されている[1]。ここで相当な時間としては、3ヶ月[2]、または、6ヶ月[3]が挙げられている。慢性痛とも呼ばれる。ただし、癌性疼痛は除くことがある[3]。反対の概念は急性疼痛である。




「慢性疼痛」の続きの解説一覧





慢性疼痛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

慢性疼痛に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慢性疼痛」の関連用語

慢性疼痛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ヤマトリカブト

U-125A

ハイデッカー

大型貨物自動車等通行止め

スパッタリング

原子炉容器

シュピオ

モハ2形





慢性疼痛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慢性疼痛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS