急性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 急性 > 急性の意味・解説 

きゅう‐せい〔キフ‐〕【急性】

読み方:きゅうせい

症状急に起こり、その進み方速いこと。「―の内臓疾患」⇔慢性


急性

Acute

【概要】 病気経過で、急激なもの、短期間のものを示す形容詞その後経過悪化して死亡にいたるもの、完全に回復するもの、そして慢性移行するものがある。 

【詳しく】 慢性ほどゆっくりではないものを亜急性と言ったり、急性で程度ひどいもの劇症と言ったりする。

《参照》 慢性


急性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 06:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「急性」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「急性」を含むページの一覧/「急性」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「急性」が役に立つかも知れません。

関連項目



急性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 20:05 UTC 版)

感染性心内膜炎」の記事における「急性」の解説

黄色ブドウ球菌表皮ブドウ球菌など強毒菌によって引き起こされる場合多くは、数日から数週間急激な経過をたどる高齢者多く健常な弁が侵される頻度が高い。弁の破壊の程度強くまた、敗血症発展することも多い。合併症としては、心筋炎細菌塞栓多く死亡率は高い。放置した場合平均で4週間死に至る

※この「急性」の解説は、「感染性心内膜炎」の解説の一部です。
「急性」を含む「感染性心内膜炎」の記事については、「感染性心内膜炎」の概要を参照ください。


急性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:07 UTC 版)

過敏性肺炎」の記事における「急性」の解説

すでに感作されている人が急性に高濃度抗原吸入することによって起こる。曝露4時間から8時程度発熱悪寒咳嗽締め付けるような胸の痛み呼吸困難などの症候現れるまた、食欲不振吐き気嘔吐呈する場合もある。抗原から隔離する症状急速に軽快する。

※この「急性」の解説は、「過敏性肺炎」の解説の一部です。
「急性」を含む「過敏性肺炎」の記事については、「過敏性肺炎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「急性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

急性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:09 UTC 版)

名詞

 きゅうせい

  1. 急に発病病状進行速いこと。

発音(?)

きゅ↗-せー

対義語

翻訳

形容表現急性の


「急性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



急性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「急性」の関連用語

急性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



急性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの急性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの感染性心内膜炎 (改訂履歴)、過敏性肺炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの急性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS