曝露とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 曝露の意味・解説 

ばく‐ろ【暴露/×曝露】

読み方:ばくろ

[名](スル)

むき出しにすること。特に、悪事秘密などをあばいて明るみに出すこと。また、それらが明るみに出ること。「真相を—する」「収賄が—する」「—記事

風雨にさらすこと。また、さらされること。

細菌・ウイルス薬品などにさらすこと。また、さらされること。「高病原性鳥インフルエンザウイルスに—する可能性の高い地域」「天然痘に—する危険がある」「水銀—」


曝露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 16:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「曝露」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「曝露」を含むページの一覧/「曝露」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「曝露」が役に立つかも知れません。




曝露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 01:37 UTC 版)

ジフェニルシアノアルシン」の記事における「曝露」の解説

ジフェニルシアノアルシンは、ニンニク苦みのあるアーモンド混ざったような臭いがすると言われる最小刺激濃度0.1 mg/m3 ICt5030 mg・min/m3 (30秒曝露) ICt5020 mg・min/m3(5分曝露) LCt50:10 000 mg・min/m3(推定値症状 眼や粘膜刺激鼻汁くしゃみ、咳、頭痛胸部圧迫感吐き気不快感

※この「曝露」の解説は、「ジフェニルシアノアルシン」の解説の一部です。
「曝露」を含む「ジフェニルシアノアルシン」の記事については、「ジフェニルシアノアルシン」の概要を参照ください。


曝露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 03:10 UTC 版)

シアノペプトリン」の記事における「曝露」の解説

ゼブラフィッシュへのシアノペプトリンの曝露により、DNA損傷概日リズム光へ応答関連する経路影響を受けた

※この「曝露」の解説は、「シアノペプトリン」の解説の一部です。
「曝露」を含む「シアノペプトリン」の記事については、「シアノペプトリン」の概要を参照ください。


曝露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 14:15 UTC 版)

エリオン沸石」の記事における「曝露」の解説

繊維状エリオン沸石堆積物は、アメリカ合衆国アリゾナ州ネバダ州オレゴン州ユタ州ユタ州にある。これらのゼオライト床は最大4.6メートル15フィート)と厚く表面露出部分曝露している可能性があるネバダ州道路粉塵サンプルからエリオン沸石繊維検出されており、山間部西部の居住者は、大気中の繊維状エリオン沸石さらされる可能性がある2009年の夏、ノースダコタ州住民エリオン沸石曝露の可能性に関する調査開始エリオン沸石は、モンタナ州南東部サウスダコタ州北西部第三紀アリカリー層からのサンプルでも確認されている。 エリオン沸石については、採掘などの生産過程において職業上の曝露が発生していた。エリオン沸石への潜在的な職業的曝露は、通常他のゼオライト生産および採掘中に発生している。エリオン沸石は、一部市販ゼオライト微量成分でもある報告されている。したがって、他のゼオライト使用すると、さまざまなプロセス製品ゼオライト使用する労働者や一般の人々エリオン沸石による健康上のリスクさらされる可能性があるアリゾナ州エリオン沸石を含む露天掘りゼオライト鉱山鉱山労働者の総粉塵曝露量は、0.01mg / m から13.7mg / m範囲であり、採掘地域の呼吸可能な粉塵は0.01mg / m3から1.4mg / m3であったエリオン沸石は、トルコ人気観光地であるカッパドキアネヴシェヒル近くのツズコイで、肺がん石綿肺胸膜中皮腫その他の肺の問題の発生率が高い原因である考えられている。

※この「曝露」の解説は、「エリオン沸石」の解説の一部です。
「曝露」を含む「エリオン沸石」の記事については、「エリオン沸石」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「曝露」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

曝露

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:37 UTC 版)

名詞

 ばくろ暴露」に「同音の漢字による書きかえ」がなされる

  1. 不正秘密、恥などを暴くこと。または、自ら世間さらすこと。
  2. 不正や秘密、恥などが明るみに出ること。発覚
  3. 剥き出しになること。風雨さらされること。

発音(?)

ば↘くろ

別表記

暴露

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
曝露-する

翻訳


「曝露」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



曝露と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

曝露のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



曝露のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曝露 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジフェニルシアノアルシン (改訂履歴)、シアノペプトリン (改訂履歴)、エリオン沸石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの曝露 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS