採掘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 採掘 > 採掘の意味・解説 

さい‐くつ【採掘】

読み方:さいくつ

[名](スル)

岩石土砂地中鉱物などを掘り出すこと。「石油を—する」

マイニング3


採掘

読み方さいくつ
【英】: development drilling, mining

一般的には地下にある鉱物鉱床から掘り起こすことであるが、油・ガス田の開発においては、試・探掘により、賦存状況流体性状などが知られている油・ガス層から原油または天然ガス採取目的として坑井掘削することをいう。新潟県東山油田でかつて行われた坑道掘りによる原油の採収も採掘の一形態である。鉱業法上は、採掘を行うには採掘権取得しなければならない

鉱業

(採掘 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/21 05:22 UTC 版)

鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属貴金属ウラン石炭オイルシェール岩塩炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室工場化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。


  1. ^ Hartman, Howard L. SME Mining Engineering Handbook, Society for Mining, Metallurgy, and Exploration Inc, 1992, p3.
  2. ^ Swaziland Natural Trust Commission, "Cultural Resources - Malolotja Archaeology, Lion Cavern," Retrieved August 27, 2007, [1].
  3. ^ Shaw, I. (2000). The Oxford History of Ancient Egypt. New York: Oxford University Press, pp. 57-59.
  4. ^ a b Shaw, I. (2000). The Oxford History of Ancient Egypt. New York: Oxford University Press, p. 108.
  5. ^ The Independent, 20 Jan. 2007: The end of a Celtic tradition: the last gold miner in Wales
  6. ^ The Romans in Britain: mining
  7. ^ A culture of Improvement. Robert Friedel. MIT Press. 2007. Pg.81
  8. ^ Medieval Science and Technology: Original Essays.Medieval Iron and Steel – Simplified Hall, Bert
  9. ^ CHAPTER SEVEN: MEDIEVAL SILVER AND GOLD
  10. ^ Heiss, A.G. & Oeggl, K. (2008). Analysis of the fuel wood used in Late Bronze Age and Early Iron Age copper mining sites of the Schwaz and Brixlegg area (Tyrol, Austria). Vegetation History and Archaeobotany 17(2):211-221, Springer Berlin / Heidelberg, [2].
  11. ^ The use of Firesetting in the Granite Quarries of South India Paul T. Craddock The Bulletin of the Peak District Mines Historical Society, Vol. 13 Number 1. 1996
  12. ^ The Spanish Tradition in Gold and Silver Mining. Otis E. Young Arizona and the West, Vol. 7, No. 4 (Winter, 1965), pp. 299-314 Journal of the Southwest Stable URL: http://www.jstor.org/stable/40167137.
  13. ^ 倉沢博「官房学」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p129 日本林業技術協会 1984年
  14. ^ a b Lankton, L. (1991). Cradle to Grave: Life, Work, and Death at the Lake Superior Copper Mines. New York: Oxford University Press, p. 5-6.
  15. ^ a b c West, G.A. (1970). Copper: its mining and use by the aborigines of the Lake Superior Region. Westport, Conn: Greenwood Press.
  16. ^ Bruno, L. & Heaman, L.M. (2004). Structural controls on hypozonal oroganic gold mineralization in the La Rouge Domain, Trans-Hudson Orogen, Saskatchewan. The Canadian Journal of Earth Sciences, Vol. 41, Issue 12, pp. 1453-1471.
  17. ^ Vaden, H.E. & Prevost. G. (2002). Politics of Latin America: The Power Game. New York: Oxford University Press, p. 34.
  18. ^ Maynard, S.R., Lisenbee, A.L. & Rogers, J. (2002). Preliminary Geologic Map of the Picture Rock 7.5 - Minute Quadrangle Sante Fe County, Central New Mexico. New Mexico Bureau of Geology and Mineral Resources, Open-File Report DM-49.
  19. ^ The Cerrillos Hills Park Coalition, (2000). Cerrillos Hills Historic Park Vision Statement. Public documents: Author. Retrieved August 27, 2007, [3].
  20. ^ McClure R, Schneider A. The General Mining Act of 1872 has left a legacy of riches and ruin. Seattle PI.
  21. ^ 後藤直, 2002
  22. ^ 伊藤宏幸 (2016年3月31日). “五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡と舟木遺跡”. https://kobecco.hpg.co.jp/. 神戸市. 2021年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  23. ^ 岡部, 2007
  24. ^ 別府正一郎 (2022年8月25日). “手のひらに輝く黄金がテロの資金源に”. NHK. 2023年6月27日閲覧。
  25. ^ Hartmann HL. Introductory Mining Engineering, p. 11. First chapter.
  26. ^ In Situ Leach (ISL) Mining of Uranium
  27. ^ Landfill Mining Landfill Mining, Preserving Resources through Integrated Sustainable Management of Waste, Technical Brief from the World Resource Foundation
  28. ^ Logging of forests and debris dumping
  29. ^ Poisoning by mines
  30. ^ a b c d e f Moody R. (2007). Rocks and Hard Places. Zed Books.
  31. ^ Abrahams D. (2005). Regulations for Corporations: A historical account of TNC regulation, p. 6. UNRISD.
  32. ^ Chapin M. (2004). A Challenge to Conservationists.
  33. ^ a b c US EPA. (1994). Technical Report: Design and Evaluation of Tailings Dams.
  34. ^ TE Martin, MP Davies. (2000). Trends in the stewardship of tailings dams.
  35. ^ Coumans C. (2002). Mining’s Problem with Waste. MiningWatch Canada.
  36. ^ For an overview of the Bank and mining, see Mining, Sustainability and Risk:World Bank Group Experiences.
  37. ^ See the 1995 World Development 23(3) pp. 385-400.
  38. ^ GRAMA. (2003). The Challenges of Development, Mining Codes in Africa And Corporate Responsibility. In: International and Comparative Mineral Law and Policy: Trends and Prospects. Summarized in the African Mining Codes Questioned.
  39. ^ United States Bureau of Labor Mining: Nature of the Industry[リンク切れ]
  40. ^ a b NIOSH Mining Safety and Health Ventilation”. United States National Institute for Occupational Safety and Health. 2007年10月29日閲覧。
  41. ^ Kertes, N., (March, 1996). US abandoned mine count still a mystery - General Accounting Office report. American Metal Market
  42. ^ People, Land, and Water (March, 2007). KEEP OUT! Old Mines Are Dangerous. Office of Surface Mining: U.S. Department of the Interior. Retrieved Aug, 27, 2007,
  43. ^ a b Peterson, J.S.; P.G. Kovalchik, R.J. Matetic (2006). “Sound power level study of a roof bolter” (PDF). Trans Soc Min Metal Explor (320): 171–7. http://www.cdc.gov/niosh/mining/pubs/pdfs/splso.pdf 2009年6月16日閲覧。. 
  44. ^ Franks, John R., ed. (1996), “Appendix A: OSHA Noise Standard Compliance Checklist”, Preventing Occupational Hearing Loss: A Practical Guide, U.S. Department of Health and Human Services, pp. 60, http://origin.cdc.gov/niosh/docs/96-110/pdfs/96-110.pdf 
  45. ^ “TauTona, Anglo Gold - Mining Technology”. SPG Media Group PLC. (2009年1月1日). http://www.mining-technology.com/projects/tautona_goldmine/ 2009年3月2日閲覧。 
  46. ^ Naidoo, Brindaveni (2006年12月15日). “TauTona to take ‘deepest mine’ accolade”. Creamer Media's Mining Weekly Online. http://www.miningweekly.com/article/tautona-to-take-x2018deepest-minex2019-accolade-2006-12-15 2007年7月19日閲覧。 



採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/18 16:28 UTC 版)

ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の記事における「採掘」の解説

Mining Point」につるはし使用することで、鉱石骨系素材アイテム等を採掘可能。

※この「採掘」の解説は、「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の解説の一部です。
「採掘」を含む「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の記事については、「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 00:19 UTC 版)

大谷石」の記事における「採掘」の解説

地表から下へ下へと掘り進める「平場掘り」と、立坑から横へ横へと掘り進める「垣根掘り」がある。大谷地域の地層は、利用価値の高い石材の層とミソ多く利用価値の低い層が交互に堆積しているため、明治末期から大正初期伊豆長岡(現・伊豆の国市)から伝わった垣根掘り画期的であったまた、露天掘り坑内掘り2種類があり、坑内掘りは更に碁盤の目状に掘る「房式」と櫛形に掘る「長壁式」に分けられる

※この「採掘」の解説は、「大谷石」の解説の一部です。
「採掘」を含む「大谷石」の記事については、「大谷石」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:15 UTC 版)

ジャリア炭田」の記事における「採掘」の解説

炭田ダーモーダル川渓谷にあり、約110平方マイル280平方キロメートル)を覆いコークス適した瀝青炭生産するインド石炭のほとんどを生産するジャリア炭鉱は、高炉使用されるプライムコークス炭の最も重要な貯蔵庫であり、23大規模な地下鉱山9つ露天掘り炭鉱から構成されている。

※この「採掘」の解説は、「ジャリア炭田」の解説の一部です。
「採掘」を含む「ジャリア炭田」の記事については、「ジャリア炭田」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/09 02:26 UTC 版)

竜昇殿鉱山」の記事における「採掘」の解説

坑内の採掘後にズリ鉱滓(ここでは水銀製錬後に排出される焼滓)で採掘跡を埋め充填採掘法を採用していた。砂岩であるため地盤脆く坑木による支保が必要であった

※この「採掘」の解説は、「竜昇殿鉱山」の解説の一部です。
「採掘」を含む「竜昇殿鉱山」の記事については、「竜昇殿鉱山」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 23:08 UTC 版)

日朝関係史」の記事における「採掘」の解説

日本では無文銀銭富本銭などの貨幣鋳造始まっていたが、最初に全国的な通貨となったのは和同開珎とされる和同開珎発行元明天皇時代武蔵国秩父郡和同(にぎあかがね)と呼ばれる純度の高い自然銅発見して献上したことが契機であった。これを記念して和銅という元号定められて、和同開珎発行された。この自然銅発見貢献した3名のうち1人が、渡来人である金上であった。金は702年従五位下叙されたが、和銅発見した功績よるもの見られている。

※この「採掘」の解説は、「日朝関係史」の解説の一部です。
「採掘」を含む「日朝関係史」の記事については、「日朝関係史」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 01:28 UTC 版)

インジウム」の記事における「採掘」の解説

かつてインジウム世界で最も多く産出していた鉱山は、日本北海道札幌市豊羽鉱山であった採掘場所が坑道の奥になるにつれて採掘環境高温となり、冷却装備を施すと高コストとなる問題があり、従来工法での可採部分での資源枯渇理由2006年3月31日をもって採掘を停止した2017年時点、中国世界最大生産輸出国である。アメリカ地質調査所推計によると、2017年世界で新たに生産されインジウム地金720トン)のうち、中国310トン)に韓国215トン)、カナダ日本が各70トンと続く。最大消費国日本である。独立したインジウム鉱物高濃度インジウムを含む鉱石が見つかるのは錫-多金属鉱床呼ばれるタイプ鉱床で、豊羽や兵庫県の明延(あけのべ)鉱山がこれに相当した。しかし、産出量が多いのは、塊状硫化物鉱床である。

※この「採掘」の解説は、「インジウム」の解説の一部です。
「採掘」を含む「インジウム」の記事については、「インジウム」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 22:23 UTC 版)

EVE ONLINE」の記事における「採掘」の解説

採掘船を用いて宇宙無数に散らばる小惑星から鉱石採掘してそれを精製した売却したりできる。 採掘も艦隊で行うスタイルがあり、特定の物資特定の場所でしか採れない、あるいは、無法地帯に出かけていけば儲け大きいなど多様性がある。そして、EVE経済において、常に欠かせないものとなっている。

※この「採掘」の解説は、「EVE ONLINE」の解説の一部です。
「採掘」を含む「EVE ONLINE」の記事については、「EVE ONLINE」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 19:07 UTC 版)

十和田石」の記事における「採掘」の解説

地下50メートル坑道内から、ブロック状に切りだして、地上搬入その後加工されトラック貨車全国各地運び出されている。

※この「採掘」の解説は、「十和田石」の解説の一部です。
「採掘」を含む「十和田石」の記事については、「十和田石」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 17:48 UTC 版)

抗火石」の記事における「採掘」の解説

明治時代人力による露天掘りが行なわれており、新島向山地区向山では頂上より水平に掘り進んでいた事が推測されている。また、採掘が進むにつれて表土部が現れるうになるとその採掘箇所放棄され新たに採掘箇所求めたために向山地区過去の採掘箇所覆われるようになった。そのため、近代の採掘は過去の採掘箇所よりもさらに2段3段下った箇所で採掘作業行なっている。 また、天城山でもほぼ同様の作業が行なわれているが、良質な抗火石少ないためか2段3段下がった箇所採掘するではなく別の箇所移動している。

※この「採掘」の解説は、「抗火石」の解説の一部です。
「採掘」を含む「抗火石」の記事については、「抗火石」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:11 UTC 版)

八戸鉱山」の記事における「採掘」の解説

人工ではあるものの日本一標高が低い(陸地上の地点存在する。その深さ海抜約-170m、つまり海面下である。かつては海抜0m目印があったが、採掘が進んで消えてしまっている。 総延長10kmにも及ぶ地下輸送管八戸港埠頭まで延び採掘され石灰石ベルトコンベア輸送している。石灰資源一部八戸セメント送られている。 鉱山すり鉢状掘り進められたが、これ以上深く掘削するには横側に掘り進める必要がでてきたため、西側200mほど拡張する予定である。

※この「採掘」の解説は、「八戸鉱山」の解説の一部です。
「採掘」を含む「八戸鉱山」の記事については、「八戸鉱山」の概要を参照ください。


採掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 16:44 UTC 版)

鍋山鉱山」の記事における「採掘」の解説

鍋山鉱山の鉱体は幅30m・長さ100mほどで、三刀屋地区の他の鉱床比べて大きい。深さ30mの竪坑から横坑道で掘り進め、採掘を終えた坑道埋め戻す充填工法採用されている。高品位鉱石淡緑色を帯び、原岩の組織はほぼ残存していない。採掘され鉱石は約18km離れた同社の上工場運ばれ精製される直径3~4cmのセリサイト水簸工程かけられ1ヶ月ほど浸され泥状にされる。上澄み液含まれる1mm程の粒子分離装置かけられ粒径100マイクロメートル以下の結晶を含む溶液回収される。この溶液脱水ののち天日乾燥させて得た水分1%程の固形物破砕したもの塗料アーク溶接用の溶接棒原料となる。これをさらに別の分離装置にかけ、乾燥破砕して粒径2~6ミクロンにまで精製したセリサイトは「斐川マイカZ20」の品名出荷された。鍋山鉱山は三刀屋地区で最後まで操業続け愛知県の粟代鉱山と並ぶ日本数少ないセリサイト鉱山として知られたが、2012年7月土砂崩れのため閉山となった

※この「採掘」の解説は、「鍋山鉱山」の解説の一部です。
「採掘」を含む「鍋山鉱山」の記事については、「鍋山鉱山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「採掘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

採掘

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:05 UTC 版)

名詞

採 掘さいくつ

  1. 鉱物掘り出すこと。

発音(?)

さ↗いくつ

動詞

活用

サ行変格活用
採掘-する

「採掘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



採掘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「採掘」に関係したコラム

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • CFDの銀取引とは

    銀取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。銀の現物取引はロンドン市場で行われ、1日1回、日本時間の21時(夏時間は20時)に価格が決定されます。一方、銀の先物市場は、ニューヨークや東京、シ...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「採掘」の関連用語

採掘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採掘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉱業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァナ・ディールの冒険者の生活 (改訂履歴)、大谷石 (改訂履歴)、ジャリア炭田 (改訂履歴)、竜昇殿鉱山 (改訂履歴)、日朝関係史 (改訂履歴)、インジウム (改訂履歴)、EVE ONLINE (改訂履歴)、十和田石 (改訂履歴)、抗火石 (改訂履歴)、八戸鉱山 (改訂履歴)、鍋山鉱山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの採掘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS