情報産業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 産業 > 情報産業の意味・解説 

じょうほう‐さんぎょう〔ジヤウホウサンゲフ〕【情報産業】

情報収集加工理・検索・提供などを業務とする産業総称広義には出版新聞放送・広告を含むが、一般的にコンピューター関連産業をいう。


情報産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 14:12 UTC 版)

情報産業(じょうほうさんぎょう)とは存在する産業の分類の一つ。情報産業とされているような産業は、情報生産収集加工提供するなどといった形で業務を行っている。たとえばコンピューターや通信などを活用した情報サービスを行っている産業がこれである。加えてコンピューターのハードウェアソフトウェア、さらにはこれらに関するサービスを行っている産業のことも情報産業とされる場合もある。また電気通信出版放送広告コンサルタントまでも情報産業とする場合もある。




  1. ^ 小松左京自伝ーー実存を求めて(第5章. 日本経済新聞出版社. (2008年2月19日). 


「情報産業」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




情報産業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報産業」の関連用語

情報産業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



情報産業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報産業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS