装置産業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 産業 > 装置産業の意味・解説 

そうち‐さんぎょう〔サウチサンゲフ〕【装置産業】

生産工程大規模装置によって構成され、自動化されている産業石油化学工業鉄鋼業など。


装置産業

 生産システム自動化して、制御系原材料受入れ工程点検製品出荷以外には人手を必要としない産業食品加工でも、製油製糖果汁製造などは装置産業化している。


装置産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 02:36 UTC 版)

装置産業(そうちさんぎょう)とは、一定以上の生産やサービスの提供のために巨大な装置システム)を要すると考えられる産業、あるいは十分な装置や設備を整えればそれだけで一定の成果・収益が期待できると見られる産業を指す用語。積極的な設備投資が求められる製造業を中心とした第二次産業全般を指すことが多い。




「装置産業」の続きの解説一覧



装置産業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「装置産業」の関連用語

装置産業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



装置産業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの装置産業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS