コンテンツ産業とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > コンテンツ産業の意味・解説 

コンテンツ‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【コンテンツ産業】


コンテンツ産業

読み方コンテンツさんぎょう
【英】content industry

コンテンツ産業とは、物語視覚的音楽的な表現といった情報内容コンテンツ)を経済活動における流通対象として扱う分野である。

コンテンツ産業で扱われる対象は、具体的には、図書小説マンガ)、映像作品映画アニメ)、音楽ゲームソフトキャラクターなどが挙げられる。配布配信するための媒体書籍光学メディア劇場での上映からウェブ上で配信などさまざまであるが、メディアそのものあくまでも手段であり価値対象そのものではない。「製造」よりも「創造」にかかる産業とも言い得る。


コンテンツ産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 05:45 UTC 版)

コンテンツ産業(こんてんつさんぎょう)とは、主に映画・アニメ・漫画・ゲームソフトなど、主にフィクションの創作物を作る産業のことであるが、音楽も含める。経済産業省は「映像(映画、アニメ)、音楽、ゲーム、書籍等の制作・流通を担う産業の総称」と定義している[1]




  1. ^ コンテンツ産業の現状と今後の発展の方向性”. 経済産業省. p. 3 (2015年2月13日). 2015年2月17日閲覧。
  2. ^ コンテンツ産業の現状と今後の発展の方向性”. 経済産業省. p. 4 (2015年2月13日). 2015年2月17日閲覧。
  3. ^ 日本テレビゲーム商業組合通常総代会開催 - ファミ通.com
  4. ^ 議員連盟とゲーム業界の意見交換会が実現 - ファミ通.com
  5. ^ 日本テレビゲーム商業組合、第3回通常総代会を開催 - インプレス


「コンテンツ産業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンテンツ産業」の関連用語

コンテンツ産業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンテンツ産業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンテンツ産業の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテンツ産業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS