養殖業とは?

養殖業

養殖業

自然の海である程度大きさに育った魚介類採捕し、それを沿岸イケス移したり、イカダに吊ったりして育て商品サイズになるまで大きくしてから出荷する漁業形態

養殖業

 収穫目的をもって人工手段加え水産動植物発生又は発育積極的に推進し、その個体の数又は量を増加させる行為

養殖業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 14:08 UTC 版)

養殖業(ようしょくぎょう、英語: aquaculture)とは、生物を、その本体または副生成物を食品や工業製品などとして利用することを目的として、人工的に育てる産業である。金魚錦鯉などを鑑賞・愛玩目的で育てることは「養魚」と称する場合が多い[1]


  1. ^ 一例として、「心の支えはカープの勝利 西日本豪雨でコイの養魚場被害」産経フォト(2018年10月14日)2018年10月24日閲覧。
  2. ^ クロマグロ漁獲規制、14年度から 日本への影響「ほとんどない」 J-CAST ニュース 2013年9月24日
  3. ^ クロマグロ規制強まる 幼魚の漁獲枠削減へ『日本経済新聞』2013年12月3日
  4. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 334-335.
  5. ^ a b Harold McGee 2008, pp. 177-178.
  6. ^ (3)様々な養殖の方法水産白書』平成25年度版(2018年10月24日閲覧)。
  7. ^ 【世界経済 見て歩き】ノルウェー・ヒトラ島 オーシャンファーム1/革命的な「外洋養殖」油田技術応用 サーモン10倍『毎日新聞』朝刊2018年10月21日(総合・経済面)2018年10月24日閲覧。
  8. ^ Higginbotham, James Arnold (1997-01-01). Piscinae: Artificial Fishponds in Roman Italy. UNC Press Books. ISBN 9780807823293. https://books.google.com/books?id=cPyDuRqA2jEC 
  9. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 316-320.
  10. ^ 香川のハマチ養殖の概要 香川県かん水養殖漁業協同組合
  11. ^ 世界初、ウナギを完全養殖に成功 産経スポーツ
  12. ^ 熊井英水, 宮下盛「クロマグロ完全養殖の達成」『日本水産學會誌』第69巻第1号、日本水産学会、2003年1月、 124-127頁、 doi:10.2331/suisan.69.124ISSN 00215392NAID 110003145547
  13. ^ a b 井口恵一朗「アユを絶やさないための生態研究』『日本水産学会誌』 2011年 77巻 3号 p.356-359, doi:10.2331/suisan.77.356, NAID 10029124584, ISSN 00215392
  14. ^ a b c Based on data sourced from the FishStat database
  15. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 333-338.
  16. ^ Blumenthal, Les (2010年8月2日). “Company says FDA is nearing decision on genetically engineered Atlantic salmon”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/01/AR2010080103305.html?hpid=moreheadlines 2010年8月閲覧。 
  17. ^ a b 平成27年漁業・養殖業生産統計(概数値) 農林水産省
  18. ^ 堤裕昭、門谷茂「魚類養殖場直下に堆積したヘドロ(有機汚泥)のイトゴカイによる浄化の試み」『日本水産学会誌』1993年 59巻8号 p.1343-1347, doi:10.2331/suisan.59.1343
  19. ^ 大日本水産会
  20. ^ かぼすブリ 大分県
  21. ^ 遺伝子組み換え鮭が食卓へ」WIRED JAPAN 2015年8月6日閲覧。
  22. ^ フィリップ・リンベリー、イザベル・オークショット著「ファーマゲドン」日経BP社、2020年1月25日閲覧、117-118頁
  23. ^ 伊藤大一輔、藤原篤志、阿部周一「サケ科魚類の致死性雑種と染色体異常」『動物遺伝育種研究』Vol.34 No.1 (2006) pp.65-70, doi:10.5924/abgri2000.34.65
  24. ^ 試験研究は今 NO.183 -先端技術開発研究(水産孵化場)のこれまでの成果 北海道立総合研究機構水産研究本部
  25. ^ ニジマス四倍体との交雑による異質三倍体の作出」『長野県水産試験場研究報告』(7), pp.1-9, 2005-03-00
  26. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、79頁。
  27. ^ フィリップ・リンベリー、イザベル・オークショット著「ファーマゲドン」日経BP社、2020年1月25日閲覧、124-125頁
  28. ^ フィリップ・リンベリー、イザベル・オークショット著「ファーマゲドン」日経BP社、2020年1月25日閲覧、129頁





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「養殖業」の関連用語

養殖業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



養殖業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大日本水産会大日本水産会
All Rights Reserved, Copyright(C) JAPAN FISHERIES ASSOCIATION 1998-2021
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの養殖業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS