動植物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 植物 > 動植物の意味・解説 

どうしょく‐ぶつ【動植物】

動物植物


生物

(動植物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 02:46 UTC 版)

生物(せいぶつ、: life, organism, living being, : Organismus, Lebewesen[1][2])または生き物(いきもの)は、生命現象を示す自然物である。動物菌類植物原生生物古細菌細菌などの総称。多くの場合ウイルスを含めないが、立場によっては含めることもある。


注釈

  1. ^ 木星型惑星だけでなく

出典

  1. ^ a b 世界大百科事典 2007, p. 413.
  2. ^ 岩波生物学辞典 1979, p. 651.
  3. ^ 高井 2018, p. 148-149.
  4. ^ 小林 2013, p. 11-12.
  5. ^ a b 亀井 2015, p. 23.
  6. ^ 亀井 2015, p. 4.
  7. ^ 阿部豊、田近英一「大気の進化」『天気』第54巻第1号、日本気象学会、2007年、 7-8頁。
  8. ^ 川上 2003, p. 37.
  9. ^ ガイア仮説”. eic.or.jp. 一般財団法人環境イノベーション情報機構 (2009年10月14日). 2012年7月30日閲覧。
  10. ^ マルグリスetシュヴァルツ 1995, p. 15.
  11. ^ 岩波生物学辞典 1979, p. 1087.
  12. ^ 相見 2019, p. 120.
  13. ^ キャンベル 2007, p. 596-597.
  14. ^ T. Cavalier-Smith (1993). “Kingdom protozoa and its 18 phyla”. Microbiology and Molecular Biology Reviews 57 (4): 953-994. doi:10.1128/mr.57.4.953-994.1993. 
  15. ^ マルグリスetシュヴァルツ 1995, p. 7.
  16. ^ 相見 2019, p. 107-108.
  17. ^ C. R. Woese; O. Kandler; M. L. Wheelis (1990). “Towards a natural system of organisms: proposal for the domains Archaea, Bacteria, and Eucarya”. Proc Natl Acad Sci U S A 87 (12): 4576–9. doi:10.1073/pnas.87.12.4576. 
  18. ^ a b 亀井 2015, p. 3.
  19. ^ 分子細胞生物学 2019, p. 5-6.
  20. ^ 分子細胞生物学 2019, p. 6-7.
  21. ^ 亀井 2015, p. 206.
  22. ^ 浜田祥太郎 (2018年7月26日). “火星、氷床の下に大量の水? 「生命生き残れる環境」”. asahi.com. 2021年6月26日閲覧。
  23. ^ W. von Bloh (2007). “The Habitability of Super -Earths in Gliese 581”. Astronomy and Astrophysics 476 (3): 1365–1371. doi:10.1051/0004-6361:20077939. 
  24. ^ Norman R. Pace (2001). “The universal nature of biochemistry”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 98 (3): 805–808. doi:10.1073/pnas.98.3.805. 



動植物

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:20 UTC 版)

名詞

どうしょくぶつ

  1. 動物植物

発音

ど↗ーしょく↘ぶつ

翻訳




動植物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動植物」の関連用語

動植物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動植物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS