石灰岩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 石灰岩 > 石灰岩の意味・解説 

せっかい‐がん〔セキクワイ‐〕【石灰岩】

読み方:せっかいがん

炭酸カルシウム主成分とする堆積岩(たいせきがん)。主に方解石からなり、ふつう白色灰色貝殻サンゴ有孔虫などの生物遺体堆積した生物岩と、化学的沈殿により形成され化学岩とがある。セメント石灰などの原料石材として利用。→石灰石


石灰岩

読み方せっかいがん
【英】: limestone

炭酸カルシウム(CaCO3 )を 80 %以上含有する岩石総称
成因的に生物遺体積み重なったもの、または海水から化学的に沈殿してできたものがあり、一方それから削られて海流または河川流によって運ばれ二次的に沈積しものがある一般に純粋な炭酸カルシウムより成る石灰岩は少なく砂粒頁岩けつがん}などを含みそれぞれ砂岩質石灰岩、頁岩質石灰岩などと呼ぶほか、石灰岩を構成している化石粒度などによりそれぞれ名前を付けているので、その分類は極めて複雑である石油地質的に砂岩とともに主要な貯留岩となっている。中東などの大油田は石灰岩を貯留岩としているものが多い。

石灰岩(lime stone)

炭酸石灰質の泥土生物遺骸堆積固結した岩石で、しばしば、さんご類、有孔虫貝殻などの化石を含む。一般に緻密で白色ないし灰色であり、化学成分純粋に近いものは、鉄鋼用、セメント用、化学用として大量に使用されるほか骨材用として適当である採石法規制を受ける岩石ではなく鉱業法規制を受けるため、鉱業権持たない採掘できない

石灰岩

炭酸カルシウム(CaCo3)を主成分とする堆積岩。石灰岩は、海底堆積した生物遺骸水中炭酸カルシウム変質することによって生じ白色または褐色呈するライムストーンlimestone)。
石灰岩地帯自生するラン
Paph.のブラキペタラム亜属・コクロペタラム亜属ポリアンサ亜属
②シプリペデューム属(Cyp.

石灰岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 03:50 UTC 版)

石灰岩(せっかいがん、: limestone[1])は、炭酸カルシウム(CaCO3方解石または霰石)を50%以上含む堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し、灰色や茶色、黒色の石灰岩もある。


  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、126頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 地球大紀行2;日本放送出版協会, 1987


「石灰岩」の続きの解説一覧

石灰岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 04:43 UTC 版)

藻類」の記事における「石灰岩」の解説

ハプト藻類一種である円石藻や、原生生物である有孔虫類被殻蓄積して化石化したもの切り出してそのまま用いたり破砕してセメント材料に。

※この「石灰岩」の解説は、「藻類」の解説の一部です。
「石灰岩」を含む「藻類」の記事については、「藻類」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「石灰岩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「石灰岩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



石灰岩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石灰岩」の関連用語

石灰岩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石灰岩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石灰岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの藻類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS