鉱物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 鉱物 > 鉱物の意味・解説 

こう‐ぶつ〔クワウ‐〕【鉱物】


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 05:43 UTC 版)

鉱物(こうぶつ、: mineralミネラル)とは、一般的には、地質学的作用により形成される、天然に産する一定の化学組成を有した無機質結晶物質のことを指す。一部例外があるが(炭化水素であるカルパチア石など)、鉱物として記載されるためには、人工結晶や活動中の生物に含まれるものは厳密に排除される。[要検証]また鉱物は、固体でなければならない[注釈 1]


注釈

  1. ^ ただし、自然水銀は例外として鉱物の1つとして扱われる[1]

出典

  1. ^ 興野・黒澤 2007, p. 69.
  2. ^ E.H. Nickel, "Solid solutions in mineral nomenclature", Canadian Mineralogist, Vol. 30, pp. 231-234, 1992. PDF
  3. ^ a b THE IMA COMMISSION ON NEW MINERALS AND MINERAL NAMES: PROCEDURES AND GUIDELINES ON MINERAL NOMENCLATURE, 1998
  4. ^ 隔週刊トレジャー・ストーン』(DeAGOSTINI)
  5. ^ 鉱業法 e-Gov法令検索



鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:28 UTC 版)

炭素」の記事における「鉱物」の解説

石炭商業的に重要な炭素供給元であり、無煙炭では炭素含有率92 - 98パーセントにまでなる。これに石油天然ガスなどを加えた炭素資源は、そのほとんどを燃料として利用している。 天然黒鉛石墨グラファイト)は世界中に分布するが、産出が多い地域中国インドブラジル北朝鮮である。天然ダイヤモンドは歴史的に南インド産が有名だが、18世紀ブラジル発見されその後南アフリカでも採掘され現在の主要産出国にはロシアボツワナオーストラリアコンゴ民主共和国名を連ねる近年ではカナダジンバブエアンゴラでも鉱山開かれアメリカ合衆国でも発見されている。

※この「鉱物」の解説は、「炭素」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「炭素」の記事については、「炭素」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 19:00 UTC 版)

ベーシックインカム」の記事における「鉱物」の解説

土地鉄・銅・ボーキサイト・ウラン鉱・石油・石炭等の天然資源売却し収益国民分配する。(ジョージズム)。原油価格高値安定していたころのサウジアラビアは、原油輸出しその代金政府支出まかない国民福祉充実し、税はないに等しかった実質的にこの経済世界実現されていたといえる海底鉱物 日本の領海海底存在するとされる鉱物資源収益課税し、それを国民分配する

※この「鉱物」の解説は、「ベーシックインカム」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「ベーシックインカム」の記事については、「ベーシックインカム」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 04:41 UTC 版)

ドラえもん3 魔界のダンジョン」の記事における「鉱物」の解説

HP高く防御力優れている、「パワーつるはし」という武器使えば一撃倒せるが「パワーつるはし」は壊れる。

※この「鉱物」の解説は、「ドラえもん3 魔界のダンジョン」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「ドラえもん3 魔界のダンジョン」の記事については、「ドラえもん3 魔界のダンジョン」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

十二国」の記事における「鉱物」の解説

金や銀、水晶などの玉は、主に戴国に湧出する金泉銀泉玉泉から採取する泉の水が礫の地層流れると稀に結晶化することがあり、その結晶種石にして対応する泉に漬けて気長に待つと結晶大きくなる望んだ大きさになったところで採取するそのため、十二国世界では宝飾品値段市井思うほど高く無く高価なものは真珠だけである。 存在する陽子が達姐から聞いた限りでは石油石炭存在しない

※この「鉱物」の解説は、「十二国」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「十二国」の記事については、「十二国」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

十二国」の記事における「鉱物」の解説

満甕石(まんおうせき) 黄海採れる真っ白な石。甕いっぱいの汚水清水かえることができる。使い終わると黒緑色に変色し二度使えない

※この「鉱物」の解説は、「十二国」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「十二国」の記事については、「十二国」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:19 UTC 版)

祖母山」の記事における「鉱物」の解説

祖母山周辺、錫、鉛やマンガン水晶などの鉱物資源豊富で江戸時代から昭和中期まで採掘が行われていた。祖母山の麓に遺構が残る尾平鉱山は、元和3年1617年)に開鉱され、昭和29年1954年)に閉山されるまで日本有数鉱山として栄えたこのほかにも大分県側に九折鉱山木浦鉱山宮崎県側に見立鉱山土呂久鉱山などがあった。

※この「鉱物」の解説は、「祖母山」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「祖母山」の記事については、「祖母山」の概要を参照ください。


鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 07:26 UTC 版)

ブラックスター」の記事における「鉱物」の解説

天然石ダイオプサイドの別名。黒色で、光のあて具合によって四条の星が現れたりする。

※この「鉱物」の解説は、「ブラックスター」の解説の一部です。
「鉱物」を含む「ブラックスター」の記事については、「ブラックスター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鉱物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鉱物

出典:『Wiktionary』 (2020/03/22 05:28 UTC 版)

名詞

こうぶつ旧字体: 鑛物

  1. (鉱物学) 地球惑星衛星隕石構成する地質学的作用によってつくられ物質最小単位で、一定の化学組成結晶構造を持つもの。
  2. (法律) 鉱業法(第3条)でいう鉱物。これの試掘採掘及び附属する事業を行うことが、鉱業として同法規制対象とされる

翻訳

関連語


「鉱物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




鉱物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「鉱物」に関係したコラム

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鉱物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鉱物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉱物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの炭素 (改訂履歴)、ベーシックインカム (改訂履歴)、ドラえもん3 魔界のダンジョン (改訂履歴)、十二国 (改訂履歴)、祖母山 (改訂履歴)、ブラックスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鉱物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS