斜長石とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 長石 > 斜長石の意味・解説 

しゃ‐ちょうせき〔‐チヤウセキ〕【斜長石】

読み方:しゃちょうせき

長石の一。アルミニウム・カルシウム・ナトリウムなどを含む珪酸塩で、カルシウム・ナトリウム両主成分種々の割合まじった固溶体灰長石中性長石曹長石など。ふつう白色柱状結晶双晶をなす。三斜晶系。たいていの岩石中に存在し最も重要な造岩鉱物


斜長石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 02:39 UTC 版)

斜長石(しゃちょうせき、Plagioclase、プラジオクレース)はケイ酸塩鉱物の中の長石の一種であり、固溶体の一つである。(2つのへき開面を持ち斜めに交差していることから、ギリシャ語plágios (πλάγιος '斜め') + klásis (κλάσις '割れ目')に因みplagioclase feldsparと名づけられた。)ドイツの鉱物学者であるヨハン・F・C・ヘッセル英語版が1826年に発見した。この鉱物は曹長石から灰長石までの一連の鉱物の端成分(それぞれの鉱物を組織するNaAlSi3O8やCaAl2Si2O8など)を占めており、ナトリウムカルシウムなどの原子が結晶格子に入ることができるようになっている。斜長石はその抱合的な双晶か「レコードの溝効果」の観察で特定される。


  1. ^ a b c d e Klein, Cornelis and Cornelius S. Hurbut, Jr.; Manual of Mineralogy, Wiley, 20th ed., 1980, pp.454-456 ISBN 0-471-80580-7


「斜長石」の続きの解説一覧

斜長石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 02:42 UTC 版)

長石」の記事における「斜長石」の解説

斜長石(plagioclases)グループナトリウムの多い端成分曹長石カルシウムの多い端成分灰長石であり、固溶体形成する厳密に曹長石灰長石微細な結晶集合体)。かつては曹長石Ab)と灰長石(An)の間を灰曹長石oligoclase、Ab90-70An10-30) - 中性長石andesine、Ab70-50An30-50) - 曹灰長石labradorite、Ab50-30An50-70) - 亜灰長石bytownite、Ab30-10An70-90)に分けていたが、現在は独立種でない(固溶体いわゆる50%ルール」による)。 灰曹長石 中性長石 曹灰長石 亜灰長石 曹長石albiteアルバイト) NaAlSi3O8。三斜晶系ソーダ長石ともいう。 灰長石anorthiteアノーサイト) CaAl2Si2O8。三斜晶系。 ある一定方向から見ると虹のような光を放つラブラドライトlabradorite)は準貴石扱いをうける。赤い色のサンストーン日長石sunstone)はこの種属し、準貴石扱いを受ける。サンストーン発色微量含まれるよるもの考えられている。 曹長石アルバイト灰長石アノーサイト曹灰長石ラブラドライト日長石サンストーン

※この「斜長石」の解説は、「長石」の解説の一部です。
「斜長石」を含む「長石」の記事については、「長石」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「斜長石」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「斜長石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



斜長石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「斜長石」の関連用語

斜長石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



斜長石のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斜長石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS