火成岩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 成岩 > 火成岩の意味・解説 

かせい‐がん〔クワセイ‐〕【火成岩】

マグマ冷え固まってできる岩石化学組成冷却速度などの違い多種多様のものができ、花崗岩(かこうがん)・安山岩玄武岩などがある。地上でできる火山岩地下でできる半深成岩深成岩大別されることが多い。→堆積岩変成岩


火成岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 05:48 UTC 版)

火成岩(かせいがん、igneous rock)は、マグマが冷えて固まった岩石(若干の異物を取り込んだものを含む)。


  1. ^ 国立天文台編「おもな火成岩の化学組成」『理科年表 2021』丸善、2020年、651頁。ISBN 978-4-621-30560-7


「火成岩」の続きの解説一覧

火成岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 02:05 UTC 版)

代表的な火成岩安山岩 花崗岩 花崗閃緑岩 軽石 かんらん岩 玄武岩 閃緑岩 デイサイト ドレライト 斑岩 斑れい岩 ペグマタイト 熔岩 流紋岩 Category:火成岩 詳細は「火成岩」を参照 地下岩石溶融した態とされるマグマ岩漿)が、地表へと上昇する間に冷却され固結して形成されるマグマ地表地表近く急激に冷やされ固化して形成される火成岩は火山岩呼ばれマグマ地表水中噴出し流出した熔岩固化したものもその一つといえる火山岩に対して地下深くマグマゆっくりと冷え固まって形成される火成岩は深成岩呼ばれる火山岩急速に冷やされるため、結晶十分に発達せず、石基呼ばれる細粒結晶ガラスから成る部分と、斑晶呼ばれるやや大きな結晶から成ること(斑状組織)が多い。一方深成岩長い時間をかけて冷やされいくため結晶充分に成長し大きさ似通った粗粒結晶集まった組織をなしている(等粒状組織)。必ずしも火山起源岩石すべてが火山岩属すわけではないし、深成岩属す岩石すべてが地下深部形成されるわけでもないため、記載岩石学実際的には、両者は火成岩の組織違いによって分類されるのが普通である火山岩深成岩中間的な条件冷やされて形成される火成岩を半深成岩として分け場合もあるが、現在ではあまり使われない

※この「火成岩」の解説は、「岩石」の解説の一部です。» 「岩石」の概要を見る


火成岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/29 20:59 UTC 版)

溶岩内の気泡水泡固まって形成溶岩流れでアーモンド状や涙型に形成される固化した後、熱水循環によって熱水侵入しミネラル分結晶化て形成されたものと考えられている。 埋まった態で開けたジオード スコットランド国立博物館展示されているアメジスト・ジオード

※この「火成岩」の解説は、「晶洞」の解説の一部です。» 「晶洞」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火成岩

出典:『Wiktionary』 (2018/11/19 23:47 UTC 版)

名詞

火成 かせいがん

  1. マグマ冷え固まっ出来た岩石

下位語


「火成岩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



火成岩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

火成岩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火成岩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火成岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岩石 (改訂履歴)、晶洞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火成岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS