一方とは?

いっ‐ぽう〔‐パウ〕【一方】

[名]

一つ方面一つ方向。「一方が海に面する町」「一方交通

二つあるうちの一つ片方。「一方の足に体重をかける」「一方の意見だけでは決められない」

副助詞的に用いてもっぱらその方向方面にかたよること。…するばかり。だけ。「太る一方」「蓄える一方の人」

接続助詞的に用いて)…する反面。…と同時に。「根気強い一方、短気なところもある」

[接]関連するもう一つのほうについて言うと。話かわって。「君は渡したという。一方、彼は受け取っていないという」

片方[用法]


ひと‐かた【一方】

[名]

一人(ひとり)」を敬っていう語。「もうお一方お乗りになれます」

いっぽうの人。片方

「今―の御心乱れまさるに」〈浜松・二〉

形動[文]ナリ

程度が普通であるさま。一とおり。多くあとに、打消し表現を伴う。「悲しみようは一方ではない」

一つ方向にかたよるさま。一方的

「―に思ひとりにし心にはなほそむかるる身をいかにせむ」〈新古今・雑下〉

[補説] 人数を表す場合は「お」を付けて使う。また、この言い方ができるのは「お一方」「お二方」「お三方」のみで、四人以上には使わない。


一方

読み方:イッポウ(ippou)

所在 岡山県津山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒708-0883  岡山県津山市一方

一方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/09 16:54 UTC 版)

一方(いっぽう)は岡山県津山市にある地名。郵便番号は708-0883(津山郵便局管区)。当地域の人口は1436人(2019年1月1日現在。住民基本台帳による。津山市調べ)。






「一方」の続きの解説一覧



一方と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「一方」に関係したコラム

  • 株365と日経225連動型ETFとの違い

    日経225連動型ETFとは、日経平均株価(日経225)に連動している上場投資信託のことです。そして、株365の日経225証拠金取引も日経平均株価に連動した商品です。ここでは、株365と日経225連動型...

  • 株365と株式取引との違い

    株365と日本の株式取引とはどのような点が違うのでしょうか。ここでは、その違いについて解説をします。▼取引銘柄2012年9月現在、株365で取引されている銘柄数は4です。一方、株式取引では約4000で...

  • 株365とCFDとの違い

    株365とCFDはどちらも株価指数をもとにした商品を取り扱っています。ここでは、2012年9月3日現在の株365の日経225証拠金取引とGMOクリック証券のCFD商品の日経225を比べてみます。▼取引...

  • 株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違い

    日経225miniは、大阪証券取引所(大証)の取り扱う先物商品の名称です。ここでは、株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違いについて解説します。▼取引期限株365では、取引期限はあり...

  • 株式取引とFXとの違い

    個人投資家が資金面や手続き面など比較的手軽に投資できるものとして株式取引とFXが挙げられます。ここでは、2012年6月現在の株式取引とFXとの違いについて紹介します。▼取引先取引先は、株式取引は証券会...

  • FXのティックとは

    FX(外国為替証拠金取引)のティック(tick)とは、取引時間の最小単位のことです。また、為替レートの値動きごとに描画したチャートをティックチャート、あるいは、ティックといいます。ティックの元データと...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一方」の関連用語

一方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2020 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS